単なる「検査入院」か?元福岡ソフトバンクホークスの王貞治監督が緊急入院!!

国民栄誉賞の受賞者で、元福岡ソフトバンクホークスの王貞治監督(現・福岡ソフトバンクホークス球団取締役会長)が緊急入院したとの情報が入ってきた。情報筋によれば「昨夜、入院したようだ」と言う。病状など詳細は不明だ。
王・元監督は、06年7月5日の西武戦(福岡Yahoo!JAPANドーム)の後に記者会見を行い、胃に腫瘍が発見されたことを発表した。このため、翌6日から腫瘍の治療のためにチームを離れた。
当時の診断によると、腫瘍は粘膜下層まで増殖、1群リンパ節に転移していた。このため7月18日に、東京・慶應義塾大学病院で胃を全摘する手術を行った。術後の経過はよく、8月2日に退院した。もっとも、術後の病理診断結果は公表されていなかった。
先日、米大リーグ・マリナーズのイチロー選手が9年連続200本安打を達成した時は、元気な顔を見せてコメントも寄せていたのだが…。
しかし、今回の入院が、どういったものかは不明。また、福岡で入院したのか、あるいは現在、都内の病院に転院したのかも不明である。しがない芸能記者の限界を感じた。今回の入院。「単なる検査入院」というのかもしれないが、どっちにしても気になるところである。
それにしても、千葉・勝浦にある酒井法子と高相祐一の別荘が火事になったり、「クレヨンしんちゃん」の作者・臼井儀人さんが群馬・荒船山で転落死するなど、この“シルバー・ウィーク”は、いろいろな出来事がある…

NHKの生放送で「こうせつを『紅白』に出演させろ!」と松山千春。南こうせつが“つま恋”で還暦コンサート!!

20090920175931.jpgシンガー・ソングライター南こうせつの“還暦”を記念して、18年ぶりに「サマーピクニック」が復活、20日に静岡・掛川市の“つま恋多目的広場”で野外コンサートを行った。題して「サマーピクニック・フォーエバー」。
「サマーピクニック」は、81年から九州の大分や熊本、福岡などを中心に10年間に亘って繰り広げられた。僕も7回だったが行った。あれから18年という歳月が経った。早いものだ。しかも、こうせつは還暦を迎えたというのだから驚く。まだまだ若い。
それにしても、シルバー・ウィークと言うらしいが、その真っ只中ということで、東名高速道路は大渋滞。その大渋滞が分かっていながらバスで会場に向かった。朝7時半に渋谷を出発して、会場に到着したのは午後12時45分。実に5時間15分。行くだけでくたばってしまう!!
しかも、こうせつといえば、業界でも有名な“雨男”なのだが、今日は雲ひとつない日本晴れ。それも、午後1時から8時まで7時間ものコンサートだ。会場の客席は、陰がないから見る方も大変である。だいたい、こうせつのファンと言ったら平均年齢が50歳前後はいくだろう。年齢的にも、コンサートを見るのは命がけである。さすがに、暑くて僕は、会場の席には1回も着くことがなかった。
しかし、コンサートに駆けつけたファンは2万人。凄い!! この貴重な連休に、他のスケジュールを潰して来るのだから大したものである。会場で、ある大手イベンターの人が言っていた。
「今、こうせつは絶好調だよね。このムードは、あと7年ぐらいは続くと思うよ。要するに、一時の演歌なんだよ。今、演歌は本当に厳しいからね。コンサートをやっても、満員にならないよ。料金も高いしね。でも、その演歌に変わって今、音楽業界の主流になろうとしているのが70、80年代のフォーク、ニューミュージックですよ。この流れは、しばらく続くはずだよ」。
なるほど、そうなんだぁ…。
ところで、コンサートの模様はNHKのBSハイビジョンが生放送していたが、その放送中に緊張?が走ったのが、松山千春がゲスト出演した時である。「余計なことを言わないでほしい」と番組のスタッフは言っていたが、千春は、いきなり「こうせつを年末は『紅白歌合戦』に出演させろ!」とNHKに注文をつけた。自分を差し置いて、こうせつを「紅白」に出せとは…。しかし、この発言は、明らかにNHKの生放送を狙った確信犯だった。「紅白」に出せ!という理由として、千春は、こうせつのアーティスト性を訴えていたが、究極は「こうせつのために、これだけの人がゲストで駆けつけた。これだけのゲストを集めるアーティストが他にいるか!」と言っていた。さすが、今回の総選挙でも候補者の応援で鍛えただけあって、千春の言葉には説得力はある!?
確かに、千春が言う通り、コンサートには小田和正、伊勢正三、杉田二郎、ムッシュかまやつ、森山良子、尾崎亜美、イルカ、山本潤子、夏川りみ、BEGIN、坂崎幸之助(アルフィー)、加藤和彦…。これだけのアーティストが、よく、この時期に掛川市の“つま恋”まで来たものである。因みに、コンサートは7時間で57曲が披露されていた。
ところで、コンサートを楽しんだ後は、帰りである。行きも大変だったが、帰りも大変である。「客が出る前に…」と、終演の30分前――午後7時30分に会場をバスで出発したが、東名高速道路・秦野付近で渋滞に巻き込まれ、結局、東京・渋谷に到着したのは11時30分だった。今日は10時間近くもバスに乗っていたことになる。
因みに、今日のコンサートの模様は、生中継で放送されたが、10月18日にはNHK−BS2で4時間の番組に編集されて放送する予定だそうだ。