押尾学事件を“迷宮入り”にしたご都合主義の警察官僚が“天下り” を狙って?音事協と意見交換会!!

やっぱり、何かが抜けている。
酒井法子の覚せい剤所持の事件を受けて、警視庁などは芸能プロダクションが加盟する「?日本音楽事業者協会(音事協)」など芸能団体と意見交換会を開くことになったという。
警察庁の安藤隆春長官が記者会見で「芸能界は薬物の再発防止に取り組んでもらいたい」と、薬物対策に本腰を入れるよう要請していたことから、この意見交換会となったようだが、ちょっと待て!!
「芸能人による薬物事件が相次いでいる」って言っても、マスコミが大騒ぎしているのは酒井法子1人だけである。しかも、それだって視聴率が取れるとか、新聞や週刊誌が売れるからという程度の、単純な理由で騒いでいるだけなのだ。だいたい、酒井法子以外に警視庁が覚せい剤で逮捕したのはジャズ奏者・日野皓正の長女とか、ピーターがペットととして可愛がっていたパーソナル・マネジャーぐらい。それだって、厳密に見たら芸能人とは言えない。
今や、覚せい剤で真剣に取り組まなければならないのは、普通の大学生やティーンエイジ、あるいは主婦などに蔓延していること。「芸能人の場合は影響がある」ことは確かだが、ちょっと、疑問を感じる。酒井法子以外に、大物の芸能人が続々と逮捕されていたりなんかしたら、それは「芸能界は対策を考えろ!」となるが、現状を見る限り、やっぱり、以前から【ヘッドロック】が指摘していたように、警視庁や警察官僚が、芸能団体を通して、天下り先を要求しているとしか思えない。ま、一般人を相手にするより、芸能団体を相手にしていた方が、さまざまな面でメリットは大きいから、それも当然だろうけど。
しかし、警視庁から「オタクのタレントは大丈夫?」なんて言われたら、芸能界は弱いからなぁ。何でも言うことを聞いちゃうだろう。まるで、総会屋から「オタクのお子さん元気そうね」なんて脅されてきた上場企業の社長みたいなもの。
しかし、音事協との意見交換会には、行政側から警視庁の他、厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部なんかも出るらしいが、何だかねぇ。それより、警視庁は、三流役者・押尾学の捜査を真剣にやるべきなんじゃないか? 酒井法子の場合は覚せい剤で”自爆”してしまったわけだが、押尾の場合は、田中香織さんが死んでいるのである。人1人、亡くなっているのだ。事件としては、どっちが重大か? 酒井の方は、一生懸命の事件を暴くが、押尾の方は、全て中途半端、いい加減、曖昧…。おそらく、警視庁の警察官僚、パチンコ業界や一部の自民党政治家以外のマトモな国民だったら誰もが、そう思っているはず。こんなの「法の下の平等」に反していないか?
酒井法子の覚せい剤所持、使用だって、一般人だったら、不起訴か処分保留。でも、酒井の場合は騒ぎになったから無理矢理に立件しようとしているだけ。ところが、押尾はどうか?田中さんの死亡は、「保護責任者遺棄致死容疑」として立件しない。いや、酒井は無理にでも立件するが、押尾は無理に立件しない。全て警察の都合なのだ。警察官僚は、みんな税金でメシを食っているはずだが、何故か当人は、そう思っていないようだ。だったら、これからは、税金ではなくパチンコ業界にでも食わしてもらったらいい。
いずれにしても、今回の音事協との意見交換会も警察の都合。その都合とは、全て自分たちのメリットの上に立っている。もはや、こんな腐り切ったご都合主義の官僚組織は解体してほしいものだ。

真相は如何に…?日本を代表する老舗レコード会社のコロムビア、ビクタ ー、テイチクの3社が合併するって!?

来年、創業100周年を迎える日本最古のレコード会社「コロムビアミュージックエンタテインメント」と、「ビクターエンタテインメント」、そして「テイチクエンタテインメント」の3社が”合併”するなんていう情報が業界を駆け巡っている。3社とも“戦前”からのレコード会社。その3社が合併するとなったら、音楽業界にとっては一大事の出来事である。
いうまでもなく「コロムビアミュージックエンタテインメント」は、故・美空ひばりさんをはじめ島倉千代子や都はるみ、細川たかし、氷川きよしから松山千春や木村カエラなどが所属し、明治―大正―昭和―平成と、まさに日本の歌謡界の歴史を刻んできた。しかし、2002年に米国の投資ファンド、リップルウッドに売却され”外資系”のレコード会社になっていた。しかも、何といっても東証1部の上場会社である。
一方の、「ビクターエンタテインメント」と「テイチクエンタテインメント」は、いわば”兄弟会社”のようなものだった。もともとビクターエンタテインメントは日本ビクターの資本だったが、テイチクはパナソニックの資本。しかし、日本ビクターの親会社だった松下電器(現パナソニック)が、株式をケンウッドに売却、新たに「JVC・ケンウッド・ホールディングス」を設立したことで、ビクターエンタテインメントもケンウッドの傘下になっていた。しかし、ビクターエンタテインメントにはサザンオールスターズやSMAP、ジェロなどが所属している(酒井法子も所属していたが、契約を解消されてしまった…)。
また、テイチクと言ったら、故石原裕次郎さんである。一時は、故三波春夫さん、裕次郎さんも同社の株式を保有していたこともある。和田アキ子や石川さゆり、さらには綾小路きみまろなども所属している。
いずれにしても、日本を代表する老舗のレコード会社3社が合併とは大ニュースだ。しかし、その3社が1つになるというのは、リップルウッド主導でいくのか、それともJVC・ケンウッド・ホールディングスなのか、パナソニックなのか? 想像するに、リップルウッドは、おそらくコロムビア株を売りたいだろう。それは、経営難に陥っているケンウッドも同じ。となったら、パナソニックが主導権を持つのか? もっとも、パナソニックは何だかんだ言ってソフトに弱い。つまり3社ともバックは磐石とは言えない。では、一体…。
そういった中、3社が統合された場合として、かつて東芝EMI(現EMIミュージック・ジャパン)の社長だった斉藤正明氏が、その統合会社の社長になるという情報が…。これは事実を確認するしかない。さっそく斉藤元社長に確認することにした。すると、いきなり
「3社が1つになるなんてあり得ないでしょ。まして、私が社長だって? ハハッ…。それはないから、絶対に…。ダメだよ!! ちゃんと否定しておいてよ。お願いしますよ」。
だって。しかし、何だか、僕だけじゃなく色々なところから、この件に関しては言われているような…、実に慌てた口調だった。しかも、真っ向から否定されちゃうと、言葉が出てこない。思わず
「あ、そうですか…」
としか言えずに終わってしまった。いやいや情けない。…とは言っても、火のないところに煙もたつはずもない。いまや、何が起こっても不思議ではない世の中である。そういった意味でも今後、何らかの動きがあることは間違いないだろう…。

反省の色なし!! 起訴され保釈中の押尾学が土曜の朝方3時に銀座のゲイバーでバカ騒ぎ!?

保釈中だというのに、全く反省の気持ちはないようだ。
三流役者・押尾学のことである。押尾は、8月31日に保釈され警視庁三田警察署を出た。その夜は、報道陣を相手に都内で4時間にも及ぶカーチェイスを繰り広げ、最後は東京メトロ有楽町線と副都心線が乗り入れる「小竹向原」から地下鉄に乗って逃走した。もちろん、押尾が運転していたとは思わないが、その行動は、どう見ても反省しているとは思えない行動だった。
その押尾は、9月1日の夜7時過ぎになって、ようやく身元保証人である父親の住む多摩市の実家マンションに戻った。しかし、押尾の事件では女性が1人亡くなっているのである。当然、反省すべきはずだが、押尾には、全く、反省のカケラもない。先週末はマンションから外出していた疑いすら持たれている。
「実は、マンションの押尾の部屋の電気が消えていたんです。まさか、暗がりで生活していたわけでもないだろうし、マンションから逃走したのではないかと言われていたんです」(芸能関係者)。
その押尾が何と5日の早朝、東京・銀座に現れたという情報をキャッチした。
もちろん、目撃者の話なので、それが押尾だったかどうかは確認できない部分もあるが、目撃者は「確かに押尾学」と断言しているのだ。
目撃されたのは銀座8丁目にあるM53ビルの「G」というゲイバー。すでに、一部のネットにも出はじめているというが、目撃者情報によれば、パチンコ関連会社「F」のY社長が押尾を伴って来たのだという。
それにしても、押尾の顔は分かったとしても、Y社長の顔を認知しているとは…、かなり密度の高い目撃情報とも考えられる。…と言うより、もしかしたらY社長の普段から行きつけの店なのかもしれない。
「実は、Y社長は、Gの常連という話です。これまでもY社長は、押尾を連れて訪れていますよ。今回は、慰労の意味も込めて来たんじゃないですかね。それにしても、この日はVIPルームでドンチャン騒ぎだったようです。正直言って、ちょっと危ないですよね」(店の関係者)
しかし、聞くところでは、この「G」という店、座っただけで「5万円取られる」らしい。こりゃ、ちょっと入るには根性がいる。しかし、さすが銀座のゲイバーだ!?
それにしても、金曜日の深夜(と言うより土曜日の朝方)3時のことである。起訴され保釈中の人間が、そんな時間に常識では考えられない行動である。六本木ヒルズレジデンスで亡くなった田中香織さんの墓前には行かず、ゲイバーでバカ騒ぎとはマトモな神経ではない。
ま、押尾はもちろん、その周囲には、少なくとも常識な人間がいないことだけは確かだ。