台風上陸を待ってドサクサ紛れの釈放を狙う押尾学!! パパラッチとのカーチェイスも…!?

090831_160852.jpg合成麻薬MDMAを使用したとして「麻薬取締法違反(使用)」で起訴された三流役者・押尾学が未だに保釈されない。
先週末に「保釈」が決定している押尾。保釈金の400万円も用意されているが、何と、支払われたのは午後4時過ぎ。今まで何をやっていたのかは分からないが、何やら計画的なニオイが…。こんな三流役者に、何をもったいぶっているのか? 
もっとも、押尾には、まだまだ重大な疑惑が残っている。今回、押尾が起訴された「MDMAの使用」なんて実は大したものじゃない。六本木ヒルズレジデンスでの田中香織さんの死因にしてもハッキリしていない。「保護責任者遺棄致死容疑」との指摘もあるが、もしかしたら、密室での殺人事件と言う可能性だって秘めている。その他にも、田中さんの自宅マンションで発見されたという、押尾所有のコカイン疑惑もある。要するに、押尾にはMDMA使用以上の疑惑があるのだ。にも拘らず、警視庁麻布警察署は捜査する気なし。政権も交代したわけだし、もはや、こんな「税金ドロボー」だけの麻布警察署なんか解体すべきである。
それにしても、押尾の保釈金は誰が出したのか? 一部には、パチンコ関連の会社「F」のY社長が用立てたという情報がある。
「実は、押尾を田中香織さんの働いていた銀座のクラブ『F』に連れて行ったのは、Y社長だったと言いますからね。そういった意味で考えると、Y社長にとって、今回の田中さんの亡くなった事件は全く無関係とは言えないんです。やっぱり、押尾のことが心配なんじゃないですかね」(芸能関係者)。
まあ、保釈金の400万円は、いずれ戻ってくるし、とりあえず立て替えたということもある。
釈放された押尾は、矢田亜希子と離婚していることから、身元引受人は父親になっているという。とんだ愚息だが、親子の縁を切るわけにはいかない。父親の住む東京・多摩市のマンションに向かうことになりそうだが、それにしても、台風が近づき、大雨の中、釈放を待つマスコミ各社の身にもなってもらいたい? 警視庁三田警察署の前には朝からマスコミが大挙して詰め掛けている【写真】。新聞社は、3〜4人のカメラマンを待機させ、保釈された押尾を追いかけるという。押尾を乗せた車とカーチェイスが繰り広げられることは確実だ。特に、押尾の釈放には納得しないという某夕刊スポーツ紙は11人もの“パパラッチ”を待機させて徹底的に追いかけると意気込んでいるようだが…

RIAJ音楽配信「着うたフル」週間チャート。INFINITY16新コラボ曲が初登場1位!!

0300120195C.jpg㈳日本レコード協会(RIAJ)は、有料音楽配信「着うたフル」の週間チャートを公表した。集計期間は8月19日~8月25日。
 テレビ朝日系ドラマ「ダンディ・ダディ?~恋愛小説家・伊崎龍之介~」(館ひろし主演)の主題歌で、前週まで2週連続1位だった浜崎あゆみの「Sunrise ~Love Is All~」が2位に後退し、今回、初登場1位にランクされたのはINFINITY16 welcomez 若旦那  from. 湘南乃風 & JAY’ED[伝えたい事がこんなにあるのに」【写真】。INFINITY16の新曲で、新しいコラボレーション・ソングとして話題になっている。シングルCDは8月26日に発売された。
 また、6位にはYU−A「大好きだから」が初登場してきた。YU−Aは、ストレートな歌詞が10〜20代の女性にウケている。同曲は、THE STYLISTICSの名曲「You Are Everything」をサンプリングしたもの。8位にはSEAMO「My ANSWER」がランクインした。同曲は、テレビ東京系で放送中のアニメ「NARUTO−ナルト− 疾風伝」のエンディング・テーマとして起用されている。CDシングルは8月5日に発売された。若者が抱える悩みに優しく応えるメッセージ・ソングに仕上がっている。
 10位のHi−Prix「涙色~好きになって、よかった~feat.加藤いづみ」は、女性2人組ユニット、Hi-Prixのシングル。「太陽にほえろ!」のテーマ曲をサンプリングした「太陽にほえろのテーマ~うちらいい感じ~」などで知られる彼女らが、本作では春の季節をテーマにした切ないナンバーを聴かせている。
 その他の曲では、木村カエラ「Butterfly」が27位から4位に急上昇してきた。同曲は、リクルート結婚情報誌「ゼクシィ」CMソングとして4月下旬よりオンエアされていた。アーティスト名を隠していたこともあって、問い合わせが殺到していたという作品。ベストテン外では、AKB48「言い訳Maybe」が11位に初登場。

【有料音楽配信週間チャート・ベスト10】 ※カッコ内は前週
1(−) INFINITY16 welcomez 若旦那  from. 湘南乃風 & JAY’ED [伝えたい事がこんなにあるのに」
2(1) 浜崎あゆみ 「Sunrise 〜LOVE is ALL〜」
3(5) Lil’B 「時間をとめて…」
4(27) 木村カエラ 「Butterfly」
5(8) 加藤ミリヤ 「Aitai」
6(−) YU−A 「大好きだから」
7(3) EXILE 「優しい光」
8(−) SEAMO 「My ANSWER」
9(2) MAY’S 「I LOVE YOU が言えなくて」
10(−) Hi−Prix 「涙色〜好きになって、よかった〜feat.加藤いづみ」
次(−) AKB48 「言い訳Maybe」

選挙区で続々と敗北した議院が比例で続々当選…。どうなるコカ イン、覚せい剤疑惑の大物議員の愚息!!

「自民党が負けて残念ですね」
なんて、テレビの選挙特番では言っているけど、気づけば、ソンビのような議員が今度は続々と出てきた。比例に重複していた町村信孝や武部勤、小池百合子、野田聖子…。選挙区で有権者から落とされた“敗北議員”が「当選」というんだから、やっぱり、その選挙制度は狂っている。有権者に落とされた議員が当選することが民意であるはずない。しかも、当選したり、生え上がってきた大物政治家の愚息には六本木ヒルズレジデンスで起こった押尾学の事件にも絡んでいる者までいるという。一部には、その愚息を助けるためにある大物政治家は警視庁に圧力をかけているとも囁かれている。それが事実なら、助け方が違うのだが、そういった常識まで分からなくなってしまっているようである。警察庁の安藤隆春長官は、芸能界の覚せい剤汚染を指摘しているが、ここは政権も変わるわけだし、芸能界ばかりではなく、例え、大物政治家であっても、そういった“愚息”への捜査も行うべきだろう。