酒井法子が「社長」と呼んでいたのは元弁護士の実弟。担当弁護士事務所のバックに大物政治家の影…。

P1020064.jpg“のりピー”こと酒井法子の覚せい剤事件での失踪、逃亡の全貌が分かった。
前回書いたものは、やや勘違いがあった。しかし、取材の結果、酒井と高相が「社長」と呼んで、酒井を道玄坂から連れ去ったのは、酒井の“代理人”となっている富永義政・元弁護士の弟で、建設会社「トミナガ」の取締役・富永保雄であることが分かった。富永保雄は、平成17年ごろまで同社の社長だったと思われる。現在は取締役だが、実質的には「会長職」に退き、社長は保雄氏の長男・保裕氏が就任している。
「トミナガ」は「解体工事」や「産業廃棄物収集」の事業を行っている会社で、昭和47年に設立された。本社は、何と、酒井と高相の担当弁護士が所属する「みやび法律事務所」の入る東京・虎ノ門「みやびビル」5階【写真】にある。要するに、建設会社も法律事務所も“富永一族”が経営しているのである。まさに“富永一族の陰謀”である。
構図としては、酒井の失踪・逃亡を手助けしたのは、継母Tさんと親しい関係にあった富永保雄氏で、その保雄氏が、元弁護士である兄の義政氏に“代理人”を依頼し、警視庁組織犯罪対策5課と渋谷警察署との交渉に当たった。その結果、出頭で話し合いがつき、保雄氏が酒井に同行する形で警視庁の施設に出頭したというわけだ。つまり、酒井の一連の逃走劇は、富永兄弟によって行われた。
酒井の覚せい剤揉み消しも、元弁護士である義政氏だったら朝飯前である。しかも、「みやび法律事務所」の事務局長も義政氏の弟(四男)の忠男氏が務めている。まるで、マッチポンプのような展開である。それだけではない。取材の中で、とんでもない事実が発覚した。何と、この「みやび法律事務所」のバックにはM元首相がついているというのだ。
「M元首相と富永義政・元弁護士との関係は法曹界で有名でした。やはり、不動産、産廃事業の法律事務所だけに、強力な後ろ盾が欲しかったのかもしれません。今回の酒井の覚せい剤事件でも、裏でM元首相が動いている可能性が十分にあります」(関係者)。
しかし、M元首相と言えば、愚息が西麻布の問題のクラブ「A」に出入りしていると言われる。選挙も不安で心配だろうが、愚息のことも、きっと不安なはず。それにしても酒井の事件は、19日の拘留期限を前にとんでもない方向に動き出してきたものである。もっとも、これで酒井を「不起訴」や「起訴猶予」にしたら、それこそ酒井にとっても不幸なことだと思うのだが…。

酒井法子の失踪・逃走の指南役・不動産会社社長と酒井出頭の“代理人”元弁護士は同一人物か!?

“のりピー”こと酒井法子の失踪、逃走劇で“謎”とされてきたのが、夫で自称プロサーファーの高相祐一が東京・渋谷の道玄坂で警察から職務質問を受けた際、現場に駆けつけた酒井を迎えに来た「社長」と言われる人物である。この時、酒井は、警察が求めた「任意同行」を断り、「後で警察に行く」と、この「社長」と共に現場を離れた。その後、酒井の行方は分からなくなったが、【ヘッドロック】は、酒井の失踪・逃走に、この「社長」が関与していることを指摘し、さらに、その「社長」が不動産会社(建設会社とも言われているが…)の経営者であることも記してきた。だが、正直言って、その「社長」が誰なのかは掴めなかった。
しかし、その「社長」が、実は、酒井の“代理人”と務めている富永義政・元弁護士である可能性が濃厚となった。
「不動産会社(建設会社)の社長」と言われている人物は「酒井の継母Tさんと親しい関係」だったこともあって、酒井はもちろん高相も信頼を寄せていたと言われる。酒井は、この社長を「知識もあって、人間関係も幅広い」と言っていたそうで、ゴルフなども楽しんでいたと言う。その社長が酒井を迎えに来て、その後の行方が分からなくなった。
その酒井が逃走している際、所轄の警視庁渋谷警察署と酒井側の間に立って交渉窓口になってきたのが「みやび法律事務所」だった。ところが、この法律事務所を設立したのは富永・元弁護士だった。
しかし、振り返ると、今回の酒井の逃走は話が出来すぎているのだ。というのは、失踪・逃走している酒井は、警視庁組織犯罪対策5課と渋谷警察署が必死に捜査しているかと思ったら、酒井と代理人の富永・元弁護士は連絡が出来る位置にいた。しかも、その富永・元弁護士を”代理人”としたのは不動産会社社長。そして、酒井が警視庁施設に出頭してきた際に、同行してきたのは富永・元弁護士の弟というのだから…。それだけではない。酒井と高相の弁護人は「みやび法律事務所」に所属する榊枝真一弁護士が担当しているのである。これは、要するに、今回の酒井の失踪、逃走、出頭に至るまでの中心人物は富永義政・元弁護士でしかない。
さて、また繰り返しになるが、富永・元弁護士というのは、どういう人物か?実は、負債総額5468億円の大型倒産で話題になったインチキ不動産「麻布建物」の担当弁護士だったのだ。しかも、その際、「麻布建物」は資産隠しを行うため同社の社長らは架空の根抵当権を登記し、富永・元弁護士は公正証書原本不記載、同行使罪の疑いで逮捕されたのである。それによって弁護士を剥奪された。要するに、とんでもない弁護士だったのである。
弁護士を剥奪された富永氏が、その後、不動産会社の社長になっていたとしても不思議ではない。一部情報によれば、酒井の南青山のマンションも「この社長の紹介だったのではないか」とも言われている。しかも、箱根の別荘に酒井が行った際も、この別荘は、富永・元弁護士の関係のものだった。
いずれにしても、今回の酒井の失踪・逃走は、酒井や継母のTさんから絶大な信頼を得た、富永・元弁護士によって計画・実行された実に巧妙なものだったとも言える。おそらく、覚せい剤の使用を法律的にも熟知し「不起訴」「起訴猶予」を狙ってのものだったとも考えられる。さすがは元弁護士と言える。
それにしても、酒井は逮捕状が出ても結局は指名手配もされず、おそらく裏では警察に出頭の意思を示していたのだろう。自分で自分を“代理人”にしていたとしたら、これは前代未聞の珍事である。