押尾学を逮捕へ!! 六本木ヒルズレジデンス女性変死事件。“隠し部屋”はミニスカ社長Nの所有とも…

東京・六本木ヒルズレジデンスでの事件は、思わぬ方向に突き進んでいる。警視庁の麻布警察署は「事件性がない」と言いつつも、捜査を続けているという情報もある。それにしても、日本警察は口が堅かった。
前回は「若手の人気俳優A」と書いたが、今回は実名で書きたい。その人物は押尾学である。
押尾からの通報で駆けつけた麻布署員が見たものは、女性の変死体だった。
ところが、その変死体を見ても「事件性がない」って言うんだから不思議である。警察は正直、どういった捜査を行ったのかはわからない。また、その死体の発見された部屋というのは、当初は「押尾の所有する隠れ部屋」という情報だったが、実は、「Nが所有する部屋」という情報も出てきた。
「N」というのは、ホリエモン(堀江貴文・元ライブドア社長)に、吉川ひなのを紹介したり、かつて“ヒルズ族”の下の世話をしていた、実業家の“ミニスカ社長”である。
また、亡くなった女性についても「Nの会社の関係の女性ではないか」と言われている。
亡くなった女性について当初は、押尾が出入りしている六本木交差点近くのサパークラブ「K」の女性ではないかと言われていた。この店は、あるアーティストが経営している店だが「押尾は連日のように来店して、女の子を持ち帰っていた」なんていう情報もある。
また、その一方では「亡くなったのは、銀座のクラブの女」とも言われるなど、改めて女性の交友関係の広さを示した感じだ。っつたく、押尾というのは可愛い女房や子供もありながら、とんでもない男だったのだ。まあ、とんでもないのは、最初から分かっていたことだが…。
いずれにしても、ヒルズレジデンスの“隠れ部屋”で、大麻パーティーをやっていたことは明らかである。その部屋が、情報通り、ミニスカNの所有する部屋だとしたら…。「この部屋は、明らかに、大麻やSEXのヤリ部屋として使われていました」(事情通)といった声もある。
押尾は、きょう、所属事務所を解雇された。また、ホームページやブログも削除されたと言われる。ところで、情報では押尾は麻薬取締法違反(MDMA使用)の疑いで逮捕されたという情報もある。麻布署の捜査によっては今後、笑っていられなくなる人が多数出てきそうだ。

「事件性なし」と言うが…。六本木ヒルズレジデンスの若手俳優所有の部屋で女性が変死!!

3日未明、東京・六本木ヒルズにあるレジデンス1室で若い女性B子さんが死亡した。
この部屋は、ある若手の人気俳優Aが所有する部屋だという。情報筋によれば、B子さんは、Aの大ファンだったこともあって、顔馴染みだったようだ。そのようなこともあってか、この夜はAの部屋に招かれたという。
これは、あくまで未確認の情報ではあるが、部屋の中で、Aは、B子さんにクスリ(麻薬)を勧めたというのである。そういった中で、当然の成り行きなのだろうか、AとB子さんはSEXを楽しんだらしい。ところが、その真っ最中に異変が起こった…。B子さんは突然に苦しみ出し、その場に倒れ込んでしまった。
動転した、Aは、誰かに電話で連絡し相談したのだろう。冷静になって警察に連絡した。現場に警視庁の麻布警察署員が駆けつけたのは夜半を過ぎた午前2時半頃だったという。麻布署員は、現場を捜査した上、Aを麻布署に任意同行して事情聴取を行った。
取調べは朝方まで行われたが、現場の捜査とAの事情聴取から「事件性がない」と判断したというのである。
「麻布署は、B子さんを心不全による死亡と判断したようです。しかし、現場を見れば、誰でも不審に思うはず。だいたい、Aの尿検査を行わないのも不思議です」(事情通)。
それにしてもAは、既婚の俳優で、子供もいる。そのAが何故、六本木ヒルズレジデンスに部屋を借りていたのかも疑問である。事情通は
「Aが密会場所として借りていたようです。部屋は会社登記をしていたとも言われています。ただ、Aが、その部屋を麻薬を使う場所にしていたことは明らかです」。
もちろん、警察に「事件性がない」と言われたら、事実を確認することは難しい。それだけに、謎は深まる一方である。しかし、その部屋で女性が変死したことだけは事実である。

眞鍋かをりの所属事務所と前代表は約11億4000万円の法人所得隠しで東京国税局が東京地検に告発中!!

ところで、眞鍋かをりの所属プロダクション「AVILLA(アヴィラ)」というのは、どんな事務所だったか振り返ってみたい。
「アヴィラ」は、かつては「アバンギャルド」の名称で業務を行っていた。しかし、昨年2月に東京国税局の強制調査(査察)が入り、その結果、06年までの3年間に約11億4000万円の法人所得を隠し、約3億4000万円を脱税したとして、同社と代表を務めていた牧野昌哉氏が「法人税法違反容疑」で今年1月12日、東京地検に告発された。
因みに「アバンギャルド」には、眞鍋かをりの他に、小倉優子、藤崎奈々子、浜田翔子、折原みか、山川恵里佳などが所属している。
東京国税局の調べによると、「アヴィラ」(旧アバンギャルド)は、偽装プロダクションの「アヴァンギャルド」と、牧野社長の父親が代表を務める芸能事務所の「マテック」にタレントが所属しているようにみせ、そのタレントを移籍させるために「多額の移籍金を支払った」と、経費を上乗せしていたと言う。要するに巧妙な経理操作によって脱税を行ったというわけだ。しかも、牧野氏の個人的な旅行代金まで会社の経費として処理されていたというから「悪質」というより“公私混同”だったといった方がいいかもしれない。
東京国税庁が査察に入って、1年がかりで脱税額を確定している間に、アバンギャルドは、新会社「アヴィラ」と合併、さらに「市エステート・コーポレーション」に統合され、現在の体制となった。新社長には原徹が就任しているが、正直言って、「全くの異業種から迎えた」と言われる原社長の素性は分からない。いずれにしても「新会社に移行しても牧野氏がプロダクションを牛耳っている」と言われていたことは確かだ。とは言っても、法人税法違反容疑で東京地検に告発された以上、牧野氏の逮捕は免れない。情報では、その逮捕も「近い」と言われている。
それにしても、以前も書いたことがあったが、牧野氏の評判は最悪だった。
「社員を安月給で働かせ、残業代は出さずに社員は最終電車まで帰さない。しかも、業務の決定権は社員には与えない」
「都内でマンションを買いまくっている」
「ジャガーのオタクで、ジャガーを買いまくっている。10台以上は所有している」
「辞めたタレントでも、ホームページの所属タレントから消さなかった。他のプロダクションに移らないようにするための嫌がらせか」
小倉優子も、事務所には不満を持っていたと言われ、眞鍋は、事務所の移籍問題で弁護士を挟んで揉めていたという。他にもタレントは事務所に対して不満を口にしていたとかで、これでは新会社になってからでも問題だらけだったことは十分想像できる。

許可したと思った写真は無断使用だった!? 眞鍋かをり「城内後援会ポスター」騒動で所属事務所が謎の反撃!!

“ブログの女王”として人気となった知的タレント・眞鍋かをりの写真を、選挙の後援会ポスターに使用された問題は、仲介を務めたイベント会社の社長が経緯を説明し、謝罪したことで一件落着するかのように見えたが、ここにきて、その「一件落着」の雲行きも怪しくなってきた。
問題は、衆議院選挙で静岡7区(浜松)から保守系無所属で立候補を予定している城内実氏(きうち・みのる)の後援会ポスターに眞鍋の写真が使われたことから勃発した。この選挙区は、自民党から小泉チルドレンで桝添要一厚労相の元女房・片山さつき氏、元NHKアナで民主党の斉木武志氏などが出馬を予定しているだけに、全国でも注目度の高い選挙区となっていた。当初は、中日新聞が報じた程度だったが、その後、スポーツ紙が報じたことで大問題に発展した。
地元では「当選は確実」と言われていた城内氏にとって、この事件は、まさに青天の霹靂(へきれき)だったに違いない。早速「写真の使用許可は得た」とコメントを発表した。その後、イベント会社「オフィスプロペラ」の木村正明社長から、マスコミ各社に「城内みのる後援会ポスターへの眞鍋かをりさん掲載に関する経緯の件」と題したFAXが送付された。
それによると
「以前、眞鍋かをりさんと城内実氏との対談を仲立ちした経緯から、本年6月頃、城内みのる後援会と私との間で、城内実氏と眞鍋かをりさんのポスターを作成しようと話が持ち上がりました」
とした上で「私が城内みのる後援会と眞鍋かをりさんの所属プロダクション牧野(昌哉)氏との間に立ち、掲載許可とその写真を入手し、城内みのる後援会側への掲載許可を取れた旨を伝えお借りした写真を渡しました」と経緯を説明した。
さらに木村社長は「私からの説明不足より眞鍋かをりさん側に正確な意図が伝わらず、今回のような事態を招いてしまいました」と書面で詫びた。
こういった経緯が明らかにされたこともあって、城内氏も「眞鍋さん本人に迷惑がかかるのは本心ではない」とポスターの撤去を行った。通常だったら、これで問題は終息するものと思われていた。が、事態は一転した。何と、真鍋の所属事務所「アヴィラ」が原徹社長名で、プロペラの木村社長の経緯説明に異論を唱えてきたのだ。
それによると「アヴィラは、ポスター及びインターネット上での眞鍋かをりの掲載許可は一切許可していなかった」とし、眞鍋の写真を渡したことに関しては「オフィスプロペラとの通常のイベント業務による写真入手で、ポスター使用のために写真を貸与したものではない」とし、今回の後援会ポスターへの眞鍋の写真使用は「オフィスプロペラ側の写真無断使用」と言い切り「多大な迷惑をこうむった」と自社のホームページで主張したのだ。
城内みのる後援会ポスターへの眞鍋の写真使用は、思わぬ方向に発展してしまった。城内氏も真っ青になっているに違いない。
眞鍋が、自らのブログで写真使用に「知らなかった」と反論したことに対して、一部のファンから「事務所が許可したことを眞鍋は知らなかったのか」と批判とも取れる声もあったそうで、もしかしたら眞鍋から「どうなっているのよ!」と所属j事務所が言い寄られたのかもしれない。で、苦肉の策として「事務所は許可を出していない」なんて異論を唱えたのだろうか?それとも、問題は、もっと深いところにあるのか? 
この問題、アヴィラからの思わぬ反撃?で、どう展開していくのか分からなくなってきた。それにしても、アヴィラ(アバンギャルド)の前社長である牧野昌哉氏は、どう解決していくのだろうか!?気になるところだ。(つづく)