警察庁・安藤隆春長官がのりピー薬物事件で…。「芸能界に警察官僚の天下り先を確保しろ!」の異例見解!!

これこそ「漁夫の利」と言うのだろう。酒井法子の覚せい剤逮捕でマスコミが騒いだことで、警察官僚にとっては、思わぬ幸運?が舞い込んできた。
「さすがの警察官僚も、酒井法子を逮捕したことぐらいで、ここまで大騒ぎになるとは夢にも思わなかったと思いますよ」(事情通)。
確かに、酒井法子の事件ではテレビの視聴率がアップしたばかりか、スポーツ紙も売れるから、連日「のりピー」の活字が踊る踊る。
しかし、こんなチャンス、滅多に来ない。普段から事件なんかより、自己防衛に熱心な警察官僚が、このチャンスを逃すはずない。事件が最高潮に達したところで登場してきたのが警察庁の安藤隆春長官である。表向きは、芸能人による薬物事件が相次いでいることを受け、定例記者会見で喋ったようであるが、正直言って「相次いでいる」というより、「目立っている」といった方が適切だろう。現実的に覚せい剤や大麻など、薬物は今や、大学生や一般にも拡大している。「暴力団ルート」ばかり捜査しているうちに、広がってしまったのだ。しかし、警察にしてみれば、そんなことは関係ない。要は、自分たちのことしか考えていない。
安藤隆春長官は、マスコミを前に
「この際、芸能界関係者は薬物を一掃するよう再発防止に真剣に取り組んでもらいたい」
と言い放ち、芸能界に対して、薬物汚染対策に本腰を入れるよう求めた。しかし、安藤長官も、ついつい調子にのって
「必要な支援をする用意もある」
なんて言ってしまった。
結局、芸能界に何を言いたかったのかといえば「警察官僚の天下り先を確保しろ」ってこと。
酒井の事件を捜査している警視庁は、㈳日本音楽事業者協会(音事協)や㈳音楽制作者連盟(音制連)、㈳日本芸能実演家団体協議会(芸団協)など業界団体や各プロダクションに対策を講じるよう働きかけ始めた。しかし、ここまで、堂々とやるものかね。確かに、民主党政権になったら、自分たちはどうなるか分からない。だったら、1日も早く、必要な体制作りをしてしまおうっていう寸法だ。
まずは、業界団体に天下り先を確保し、ついでに検察を辞めて弁護士に転身した人のためには、それこそ「顧問弁護士」として雇うようなプロダクションを確保する。パチンコ業界に続いて、芸能界も警察官僚で牛耳ろうというわけだ。今回の場合、警視庁は「生活安全課」ではなく「組織犯罪対策5課」が動いているが、この連中も、あるいは芸能団体への華麗な転進を狙っているのかもしれない。「暴力団にもクスリにも何でも対応できますよ」とか何とか言っちゃって。
マスコミは「警察庁長官が、芸能人の犯罪について見解を表明するのは極めて異例」なんて報じているが、そんなもの報じれば報じるほど警察官僚の思うツボ。「長官、うまくいきましたねぇ」なんて言っている声が、ノーパンしゃぶしゃぶから聞こえてくるようだ。
とにかく、警察もメリットがあることしかしない。押尾学のようなスジの悪い事件なんて、早いとこ終わりにしてしまいたいのだ。だいたい、警視庁の捜査1課も麻布署も、押尾事件なんて、各方面から圧力がかかっているし、解決したところで何もない。極端に言ってしまえば、天下り先の確保どころか、関わっていたら、それこそ汚点になりかねないってことなのかもしれない。もはや、日本は暗黒社会に突っ走っていくだけである。そこには夢や希望はない。

RIAJ有料音楽配信「着うたフル」週間チャート、MAY’S「I LOVE YOUが言えなくて」2位初登場!

740.jpg㈳日本レコード協会(RIAJ)は、有料音楽配信「着うたフル」の週間チャートを公表した。集計期間は8月12日〜8月18日。
浜崎あゆみの新曲「Sunrise 〜LOVE is ALL〜」が、2週連続での1位に。テレビ朝日系で現在、放映中のドラマ「ダンディ・ダディ?〜恋愛小説家・伊崎龍之介〜」(館ひろし主演)の主題歌となっている。
2位に初登場したのは、MAY’S「I LOVE YOU が言えなくて」【写真】。8月19日にCD発売した作品で、夏の夜の静けさを思わせる情感にのせて”片想い”の切ない心情を等身大に描いたバラードチューン!! 哀愁感溢れる澄んだトラックに、エモーショナルでいて繊細なボーカルが印象的な心に響くラブソングです。プロモーション・ビデオにはAKB48の板野友美が出演するなど話題となっていた。
他に、沖縄出身の3人組ユニット、PENGIN「世界に一人のシンデレラ」が4位に初登場した。PENGINは、昨年発売したメジャー第1弾シングル「オレポーズ 〜俺なりのラブソング〜」が累計で50万ダウンロードを突破して話題になった。また6月に発売した「朝ANSWER」は、テレビ東京系アニメ「銀魂」エンディングテーマとして注目を集めた。「世界に一人のシンデレラ」は、ファンの涙を誘う名曲。インディーズ時代の楽曲で、ノンプロモーションながらSNSサイト等でミュージックビデオが100万PVを突破するという記録を達成している。
また、PENGINと同じ沖縄出身のシンガー、BENIの「ずっと二人で」が6位に初登場してきた。彼女にとっては、「恋焦がれて」に続く4枚目のシングル。
supercellのメジャー第1弾シングル「君の知らない物語」が10位にランクインした。7月からスタートしたTOKYO MX放映のアニメ番組「化物語」のテーマソングになっている。
 
【有料音楽配信週間チャート・ベスト10】※カッコ内は前週
1(1) 浜崎あゆみ 「Sunrise 〜LOVE is ALL〜」
2(―) MAY’S 「I LOVE YOU が言えなくて」
3(2) EXILE 「優しい光」
4(−) PENGIN 「世界に一人のシンデレラ」
5(3) Lil’B 「時間をとめて…」
6(―) BENI 「ずっと二人で」
7(5) 青山テルマ 「忘れないよ」
8(4) 加藤ミリヤ 「Aitai」
9(79) lecca「For You」
10(―) supercell 「君の知らない物語」
次(―) 浜崎あゆみ 「Sunset 〜LOVE is ALL〜」

押尾学を釈放!? 「保護責任者遺棄致死容疑」にも問わない麻布署の不思議!! 自民党大物政治家暗躍か?

どう考えても、おかしい。
警視庁麻布警察署は、今月3日に「麻薬取締法違反(使用)」容疑で逮捕した三流役者・押尾学を拘置期限の24日にも釈放するというのである。一体、どうなっているのか?
この事件は、ピーチ・ジョンの“ミニスカ社長”野口美佳が他人から借りていた六本木ヒルズレジデンスのB棟2307号室に、三流役者の押尾学が東京・銀座のクラブ「J」で人気ホステスだった田中香織さんを連れ込み、合成麻薬MDMAを使ったばかりか、一緒にいた香織さんが変死していたものである。所轄の警視庁麻布警察署は、事件直後「事件性はなかった」「タレントは絡んでいない」としたが、事件が発覚し、押尾が絡んでいたことがバレるや、シブシブと押尾を取り調べ、麻薬取締法違反(使用)の容疑で逮捕した。
しかし、押尾事件というのは、MDMAの使用もあるが、香織さんの変死にも関わっている。「心臓マッサージをした」とか「肋骨が折れていた」などどと、この一件に関しては“警察発表”があったが、実に謎に包まれた密室での変死事件である。もしかしたら、故意に殺害した可能性だってある。押尾以外の仲間が部屋にいて、集団暴行した可能性だって考えられる。とにかく、麻布署は死因さえハッキリさせていない。こんなバカな話はないだろう。ただ、少なくとも、この現場から、押尾は逃走したわけだから「保護責任者遺棄致死」の容疑で調べられ逮捕されても不思議じゃない。にも拘らず、何故か麻布署は「保護責任者遺棄致死容疑」については立件が難しいとか何とか言っているようだ。
そもそも、香織さんの死亡に関して、麻布署は何一つとして明快なことを発表していない。それ自体が異常なことである。これは、酒井法子が失踪・逃走したのとは比較ならない。人1人が亡くなっているのである。それも「変死」という状況から何一つとして変わっていない。法治国家・日本では考えられない、とんでもない事件であることを警視庁は認識しているのか?
にも拘らず、麻布警察署は、(薬物だけで起訴するだけで)1日も早く押尾を釈放してしまい、香織さんの「変死」に関しては“迷宮入り”にしてしまいたいようである。
一体、押尾のバックには誰がいるのか?いや、押尾のバックは六本木ヒルズレジデンス内で起こったことで、何かを隠蔽したいのかもしれない。
今回の事件では、あらゆる圧力が警視庁や麻布署にきていると言われる。六本木ヒルズを管理する「森ビル」は明らかに事件隠蔽に関わっているはず。押尾の所属していたエイベックスや、野口率いるピーチ・ジョンの親会社「ワコール」なんかも財界の力を使って圧力をかけていると言われる。もちろん、薬物が関係しているだけに、西麻布のクラブ「A」など闇社会からの圧力もあるだろう。
しかし、冷静に考えて、「押尾ぐらいで何で?」と疑問を持つのが当然である。押尾に、そんな力があるとは思えない。だが、この事件が、もし政界にも及ぶ可能性を秘めていたら…。
というのも、その「圧力の影」として見え隠れするのが、大物政治家で元総理の影である。
実は、元総理Mの愚息は、西麻布のクラブ「A」に出入りして、押尾と同じ疑惑を持たれている。もちろん「単なる噂。根も葉もない話」と言われるかもしれない。だが、もしそうだとしても疑惑を持たれること自体、問題ではないか? しかも、そう疑われる全ての根源は、警視庁や麻布警察署の押尾に対する捜査にあるということ。火のないところに煙はたたないのである。
警視庁や麻布警察署が香織さんの変死を曖昧なままにし、その最大の容疑者である押尾を保釈するなんていう暴挙に出たら、もはや「法治国家・日本」は「無法国家」になってしまうだろう。

アイドルのマネジャーから華麗な転身!! 「コカンセツ!」でトクマ・ノベルズEdge新人賞を受賞した南々井梢さん

20090730164145.jpg小説家の南々井梢(なない・こずえ=写真)さんと東京・赤坂の喫茶店で会った。
「小説家」と書いたが、以前、会った時は「スパイスレコーズ」という芸能事務所でマネジャーだった。この芸能事務所は、ORANGE RANGEなどが所属しているが、彼女は、沖縄出身のグラビア・アイドルで、08年「ミスマガジン」の佐藤さくらのマネジャーをやっていた。その彼女が、何とマネジャーから小説家に華麗に転身した。
知らなかったが、マネジャーをやりながら小説を書き続けていたというのだ。
そういった中で、高校の男子新体操部を舞台にした青春物語を書き下ろした「コカンセツ!」が、徳間書店が主催する「第6回トクマ・ノベルズEdge新人賞」を受賞したというのである。何でも、自身の弟をモデルにした小説らしいが、読んだ人に聞いたら「妙に面白い」と絶賛していた。
しかし、タイトルを聞いて、思わず「コカイン?」なんて言ってしまった!?  「違います!『コカンセツ!』です!!」。時節柄ついつい…。確かに、“コカイン”と“コカンセツ”では文字数が違う!? ま、それは余談として、驚いたのは、この小説で新人賞を受賞し、出版を目前に控えた5月に事務所をクビになったのだという。何も犯罪を犯してもないのに…、何でクビになったのかは分からないらしい。「事務所に行ったら、いきなりクビを宣告された」のだという。これは“派遣切り”より凄い!! しかし、今の時代「新人賞作家」がマネジャーをやっていたら、それだけでも話題になると思うのだが、実にもったいない…。まして、間違って、この小説がドラマ化されたり、映画化されたりなんかしたら、事務所にとってもメリットがあるはず。いやいや、逃がした魚は大きかった、なんてことになったりして!? いずれにしても、今後の彼女自身の活躍で見返してやるしかない!
しかし、事務所をクビになって、これから小説家というだけで生活が出来るのか?
「貯金を切り崩しています。頑張ります」。
何と、思いっきりがいい!! 
もっとも本も売れているらしく、新人作家として講演会なども入って結構、忙しいらしい。

“コイズミ劇場”の終幕!?  “ヒルズ族”のホリエモンで六本木ヒルズ、ミニスカ野口でレジデンスも崩壊!!

20090822013817.jpg三流役者・押尾学の「六本木ヒルズレジデンスMDMA女性変死事件」は、ライブドアによる証券取引法違反に続いて「六本木ヒルズ」【写真】に衝撃を与えた。…というより「六本木ヒルズ」の崩壊にトドメを刺したとも言えそうだ。
今回の押尾学事件は、極端な言い方をしたら小泉純一郎と竹中平蔵の掲げてきた「構造改革」と「規制緩和」路線が招いた結果だといっても過言でない。
小泉・竹中路線が描いてきた「新自由主義」「市場原理主義」に基づく“構造改革”は、明らかに日本経済を疲弊させる結果となった。「聖域なき構造改革」とか何とか言って「小さな政府論」を訴えてきたが、結局のところ“弱肉強食”の社会を生んだだけだった。
その一方で、「ライブドア」や「村上ファンド」のようなインチキ会社が注目され、ホリエモンなんかが、時代の寵児なんて言われ、“ヒルズ族”なんて言葉まで生まれた。さらに、企業が株価による「時価総額」なんかで語られるようになってしまった。
そのライブドアをバックアップしたのが竹中や伊藤達也とか言った政治家だったわけだが、思い起こせば、小学生までが「経済活動」とか何とか言って、株価の取引なんかをしていた。
それどころか「会社は誰のものか?」とか「会社は株主のもの」なんていう、論議まで起こった。
そして小泉の偉大なるYESマン・武部勤なんぞ、ホリエモン(堀江貴文ライブドア元社長)が参院選に出馬した時なんて「我が息子」とか何とか絶叫して応援していた。【ヘッドロック】は当時、徹底的に批判してきたが、多くのマスコミは、それが世の中の流れとか言い、批判に対しては「日本経済の発展を止めること」なんて言ってきた。
しかし、素人の【ヘッドロック】が疑問を感じるよいなものを、プロの経済学者は本気で大丈夫だと思っていたのか!?信じられない!!
ただ、これだけは言えること。小泉と竹中というのは、アメリカの“HACHI”である。丁度、映画も公開だ。偉大なる“忠犬ハチ公”である。アメリカに呼ばれれば、シッポを振ってキャイ〜ンと吠える…。その結果、国民の財産と言うべき郵政事業は民営化されてしまった。
ま、今になってみれば国民の大多数が米国の“HACHI”になってしまったんだから仕方がないのだが…。おそらく竹中なんぞは、米政府のペテン師から「実現の暁にはハーバード大学の教授にしてやる」とか何とか言われ舞い上がっていたに違いない。
それはさておき、米国の“HACHI”だったヒルズ族や政治家、起業家、経済人、さらにはアーティストやタレント、五輪メダリストまで幅広く“下の世話”をしてきたのがピーチ・ジョンの野口美佳だった。さすがは“桃太郎“である。ヒルズに“ヤリ部屋”を確保し、手頃な女を紹介し、クスリとSEXの場を与えてきたのである。押尾もその1人だが、彼の場合は、思いもよらぬ失態を起こしてしまった。
もっとも、噂によると、六本木ヒルズの“ヤリ部屋”で変死体が出るのは、今回だけじゃないようだ。実は「これまでも何度かあった」と言われるが。事情通によれば、ヒルズの中には、そういった事案を処理する者がいるというのである。だからか、今回の押尾事件でも、実は、内々に処理してしまおうとしたフシがある。早い話が六本木ヒルズというのは、政財界も巻き込んでの“悪の巣窟”“悪魔が巣くう館”だった可能性が高い。
いずれにしても、小泉―竹中路線が生んだ妖怪ホリエモンや村上世彰(村上ファンド)によって六本木ヒルズが崩壊し、その総仕上げで、ヒルズ族の“下の世話”をしてきたミニスカ社長の野口美佳によってレジデンスまでも崩壊するという事態になってしまったことだけは確か。まさに、小泉は公言した通り、自民党をブッ壊し、最後に小泉−竹中路線の象徴だった「六本木ヒルズ」まで見事にブッ壊してしまった!?
今回の押尾学事件は、そういった意味で“小泉劇場”の終幕だったとも言えよう。

酒井法子事件の陰に隠れてしまった押尾学事件で麻布署が大物アーティストを事情聴取?

合成麻薬MDMAを使用について「飲んだ錠剤が違法なものという認識があった」と供述しはじめたという三流役者・押尾学。
酒井法子の覚せい剤事件で、陰に追いやられてしまった感じもしないわけじゃない。この事件は、六本木ヒルズレジデンスに東京・銀座のクラブホステス、田中香織さんを連れ込みMDMAを使って殺してしまったものである。事件当初、【ヘッドロック】が情報を掴んだ時、警視庁麻布警察署は「事件性のない案件」「タレントは関わっていない」などと言って事件の隠ぺい工作を図っていた。しかし、その後、事件が公になると、再び押尾を取り調べ、尿検査を行い麻薬取締法違反(使用)容疑で逮捕した。しかし、何故か麻布署のノリが悪い。「MDMAは彼女から勧められた」「心臓マッサージをした」。もはや出てくるのは死人に口なしの話ばかり。さらに「女性の肋骨が折れていた」「薬物が検出された」とダラダラと警察から発表された。それにしても最初に「事件性なし」と言っていた麻布署の説明は何だったのだ? だいたい「心臓マッサージをした」なんていう説明も怪しいもの。フワフワのベッドの上で心臓マッサージをすること自体やりにくいし、それ以上に、女性を素っ裸のまま放置しておくものか?しかも、押尾は、知り合いやマネジャーを現場に呼んだそうだが、現場に来た知り合いやマネジャーも警察に通報するまでの4時間前後もの時間、真っ裸のまま亡くなった女性を放置したまま何をしていたのか? 考えてみればマトモな人間の行動ではない。にも拘らず、エイベックス内では、このマネジャーたちは「警察に通報するなど適切に処置をした」などとヒール―扱いなんだとか。事実だったら、何とも恐ろしい話である。
しかも、このレジデンスの部屋(B棟2307号室)は、ピーチ・ジョンのミニスカ社長・野口美佳が借りていたものだった。その野口は、押尾は友達だったから「自由に使っていい」と貸していたらしいが、ここが、業界内で噂されていた「六本木ヒルズのヤリ部屋」だということが明らかになってしまった。
野口については、別に語るが、それにしても、この押尾学の問題は、薬物使用の問題もあるが、それ以上に女性が1人、密室の中で変死体で発見されているのだ。しかも、事件性からも奥が深いし、何と言っても登場人物が実に多い。
そういった中、麻布警察署が、ある大物アーティストの担当マネジャーとアーティストを事情聴取したという情報が出てきた。もちろん未確認情報ではあるが、周辺には事情聴取の事実を認める声が多い。事情聴取では野口美佳についてなど聞かれたと言う。事情聴取が押尾の事件に関わっていることは分かるが、しかし、麻布署がわざわざ大物アーティストまで呼んで事情聴取して何を捜査しようとしているのかは不明だ。
それにしても、押尾の事件は、麻薬問題も大切だろう。捜査当局も「飲んだ錠剤が違法なものという認識があった」なんて新たな情報まで出して薬物ばかりをクローズ・アップさせている。しかし、押尾は、田中香織さんを素っ裸のまま放置し、その場から逃走した時点で本来なら「保護責任者遺棄致死容疑」になることは確かだろう。麻布署や捜査当局は押尾の拘置期限も限られている中、何をしたいのか?実にスッキリしない事件である。

“5億円詐欺事件”で執行猶予の小室哲哉が“globe”で「a-nation」でライブ復帰!

“のりピー”こと酒井法子の拘置期限も28日まで延長され、次の段階に入った。その一方で、押尾学の事件に関しては警視庁はダラダラ状態。麻布警察署に至っては、釈放したくてウズウズしているようだ。何だかんだ言って、警察は圧力に弱い。これは、もし政権が変われば、状況も変わるのだろうか?
ところで、その酒井と押尾で【ヘッドロック】も一色になってきたが、たまには別の小ネタで…。
と言うことで、フッと思い出したのは…。そう言えば、楽曲の著作権を巡る5億円の詐欺事件で大阪地検特捜部に逮捕され懲役3年、執行猶予5年の有罪判決が言い渡された音楽プロデューサー小室哲哉はいま、何をやっているのか? 思い起こせば、去年の11月から年末にかけては、小室の「逮捕劇」で、これまた一色だった。それが、僅か8ヶ月。1年も経たないうちに「あの人は今」状態である。実に、世の中の流れは速い。
その小室、執行猶予判決が下り、その後、刑が確定してからというもの、真剣に“社会復帰”を考えていたようだ。一時は、歌手のやしきたかじんがバックアップするなんて話もあった。しかし、そんなに大きな話題になるわけでもなくここまできてしまった。
それが、ここにきて小室の本格的な復帰が決まったという。何と、8月29、30日に大阪長居陸上競技場で行われるエイベックスのイベント「a-nation’09」に、スペシャル・サプライズとして登場、ライブ・パフォーマンスを行うというのである。もちろん、1人じゃない。“globe”として登場するという。“離婚”もせず、苦楽を共にしてきたKEIKOとの“夫婦パフォーマンス”で「a-nation」のファイナルを飾ろうというわけだ。メンバーには、いまや何かと話題の?マーク・パンサーも出る他、何と、X JAPANのYOSHIKIもメンバーに参加するという噂も…。YOSHIKIも加わるのだったら、正式には“globe extreme”というグループ名称になるのだろうか?もっとも、そのYOSHIKIは、別にスケジュールが入っているとも言うが…。
いずれにしても、関西で起こした事件で大阪地検特捜部に逮捕されたのだから、大阪の地から再出発するというのであろうか? しかし、関係者によると、小室は“globe”として、22、23日に東京・府中の味の素スタジアムでも行われる「a-nation’09」にも登場するとも言われている。
ま、どっちにしても、復帰が決まった以上は、今秋から本格的な音楽活動を開始していくのだろう。

酒井法子が「社長」と呼んでいたのは元弁護士の実弟。担当弁護士事務所のバックに大物政治家の影…。

P1020064.jpg“のりピー”こと酒井法子の覚せい剤事件での失踪、逃亡の全貌が分かった。
前回書いたものは、やや勘違いがあった。しかし、取材の結果、酒井と高相が「社長」と呼んで、酒井を道玄坂から連れ去ったのは、酒井の“代理人”となっている富永義政・元弁護士の弟で、建設会社「トミナガ」の取締役・富永保雄であることが分かった。富永保雄は、平成17年ごろまで同社の社長だったと思われる。現在は取締役だが、実質的には「会長職」に退き、社長は保雄氏の長男・保裕氏が就任している。
「トミナガ」は「解体工事」や「産業廃棄物収集」の事業を行っている会社で、昭和47年に設立された。本社は、何と、酒井と高相の担当弁護士が所属する「みやび法律事務所」の入る東京・虎ノ門「みやびビル」5階【写真】にある。要するに、建設会社も法律事務所も“富永一族”が経営しているのである。まさに“富永一族の陰謀”である。
構図としては、酒井の失踪・逃亡を手助けしたのは、継母Tさんと親しい関係にあった富永保雄氏で、その保雄氏が、元弁護士である兄の義政氏に“代理人”を依頼し、警視庁組織犯罪対策5課と渋谷警察署との交渉に当たった。その結果、出頭で話し合いがつき、保雄氏が酒井に同行する形で警視庁の施設に出頭したというわけだ。つまり、酒井の一連の逃走劇は、富永兄弟によって行われた。
酒井の覚せい剤揉み消しも、元弁護士である義政氏だったら朝飯前である。しかも、「みやび法律事務所」の事務局長も義政氏の弟(四男)の忠男氏が務めている。まるで、マッチポンプのような展開である。それだけではない。取材の中で、とんでもない事実が発覚した。何と、この「みやび法律事務所」のバックにはM元首相がついているというのだ。
「M元首相と富永義政・元弁護士との関係は法曹界で有名でした。やはり、不動産、産廃事業の法律事務所だけに、強力な後ろ盾が欲しかったのかもしれません。今回の酒井の覚せい剤事件でも、裏でM元首相が動いている可能性が十分にあります」(関係者)。
しかし、M元首相と言えば、愚息が西麻布の問題のクラブ「A」に出入りしていると言われる。選挙も不安で心配だろうが、愚息のことも、きっと不安なはず。それにしても酒井の事件は、19日の拘留期限を前にとんでもない方向に動き出してきたものである。もっとも、これで酒井を「不起訴」や「起訴猶予」にしたら、それこそ酒井にとっても不幸なことだと思うのだが…。

酒井法子の失踪・逃走の指南役・不動産会社社長と酒井出頭の“代理人”元弁護士は同一人物か!?

“のりピー”こと酒井法子の失踪、逃走劇で“謎”とされてきたのが、夫で自称プロサーファーの高相祐一が東京・渋谷の道玄坂で警察から職務質問を受けた際、現場に駆けつけた酒井を迎えに来た「社長」と言われる人物である。この時、酒井は、警察が求めた「任意同行」を断り、「後で警察に行く」と、この「社長」と共に現場を離れた。その後、酒井の行方は分からなくなったが、【ヘッドロック】は、酒井の失踪・逃走に、この「社長」が関与していることを指摘し、さらに、その「社長」が不動産会社(建設会社とも言われているが…)の経営者であることも記してきた。だが、正直言って、その「社長」が誰なのかは掴めなかった。
しかし、その「社長」が、実は、酒井の“代理人”と務めている富永義政・元弁護士である可能性が濃厚となった。
「不動産会社(建設会社)の社長」と言われている人物は「酒井の継母Tさんと親しい関係」だったこともあって、酒井はもちろん高相も信頼を寄せていたと言われる。酒井は、この社長を「知識もあって、人間関係も幅広い」と言っていたそうで、ゴルフなども楽しんでいたと言う。その社長が酒井を迎えに来て、その後の行方が分からなくなった。
その酒井が逃走している際、所轄の警視庁渋谷警察署と酒井側の間に立って交渉窓口になってきたのが「みやび法律事務所」だった。ところが、この法律事務所を設立したのは富永・元弁護士だった。
しかし、振り返ると、今回の酒井の逃走は話が出来すぎているのだ。というのは、失踪・逃走している酒井は、警視庁組織犯罪対策5課と渋谷警察署が必死に捜査しているかと思ったら、酒井と代理人の富永・元弁護士は連絡が出来る位置にいた。しかも、その富永・元弁護士を”代理人”としたのは不動産会社社長。そして、酒井が警視庁施設に出頭してきた際に、同行してきたのは富永・元弁護士の弟というのだから…。それだけではない。酒井と高相の弁護人は「みやび法律事務所」に所属する榊枝真一弁護士が担当しているのである。これは、要するに、今回の酒井の失踪、逃走、出頭に至るまでの中心人物は富永義政・元弁護士でしかない。
さて、また繰り返しになるが、富永・元弁護士というのは、どういう人物か?実は、負債総額5468億円の大型倒産で話題になったインチキ不動産「麻布建物」の担当弁護士だったのだ。しかも、その際、「麻布建物」は資産隠しを行うため同社の社長らは架空の根抵当権を登記し、富永・元弁護士は公正証書原本不記載、同行使罪の疑いで逮捕されたのである。それによって弁護士を剥奪された。要するに、とんでもない弁護士だったのである。
弁護士を剥奪された富永氏が、その後、不動産会社の社長になっていたとしても不思議ではない。一部情報によれば、酒井の南青山のマンションも「この社長の紹介だったのではないか」とも言われている。しかも、箱根の別荘に酒井が行った際も、この別荘は、富永・元弁護士の関係のものだった。
いずれにしても、今回の酒井の失踪・逃走は、酒井や継母のTさんから絶大な信頼を得た、富永・元弁護士によって計画・実行された実に巧妙なものだったとも言える。おそらく、覚せい剤の使用を法律的にも熟知し「不起訴」「起訴猶予」を狙ってのものだったとも考えられる。さすがは元弁護士と言える。
それにしても、酒井は逮捕状が出ても結局は指名手配もされず、おそらく裏では警察に出頭の意思を示していたのだろう。自分で自分を“代理人”にしていたとしたら、これは前代未聞の珍事である。

RIAJ有料音楽配信「着うたフル」週間チャート、あゆ1位、のりピー「碧いうさぎ」15、16位初登場!!

968.jpg㈳日本レコード協会(RIAJ)は、有料音楽配信「着うたフル」の週間チャートを公表した。集計期間は8月5日~8月11日。
 初登場1位にランクされたのは浜崎あゆみの新曲「Sunrise 〜LOVE is ALL〜」。同曲は、テレビ朝日系で現在、舘ひろし主演で放映中のドラマ「ダンディ・ダディ?〜恋愛小説家・伊崎龍之介〜」の主題歌となっている他、「MUSICO(ミュージコ♪)」のCMソングとしても起用されている。ドラマの視聴率は1桁で苦戦しているものの、浜崎のアーティスト・パワーで初登場1位にランクされた。
 また、Lil’B(リルビー)「時間をとめて…」が3位に初登場してきた。8月19日に発売される第5弾シングル。因みに、前週まで2週にわたって1位を獲得したEXILE「優しい光」は2位に、2位だったフレンズ(つるの剛士&崎本大海)「泣いてもいいですか(フレンズバージョン)」は、19位へと大きく後退した。
 ベスト3以下では、加藤ミリヤ「Aitai」が前週3位から4位となり、青山テルマ「忘れないよ」が7位から5位にランクアップした。
 初登場曲では、NICO Touches the Wallsが初めて書き下ろした作品「ホログラム」が7位にランクされた。TBS/MBS系のアニメ番組「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」のオープニング・テーマとなっていることも評判の理由か。さらに、UVERworld「GO−ON」が9位に初登場してきた。同曲は、日本テレビ系「ドクター・ハウス シーズン1」のエンディング・テーマに起用され、7月21日からOAされている。
今回はベスト10圏外では初登場が多かった。12位にソナーポケットの「アリガトウ」、13位にNoa「月のヒカリ Feat.中村舞子」が登場した。また、特筆すべきは、覚せい剤取締法違反(所持)で逮捕された酒井法子のヒット作「碧いうさぎ」が初登場でランクされたこと【写真】。「碧いうさぎ(moments Ver.)」が15位で、通常バージョンが16位とランク。また、48位にも「碧いうさぎ(2007 Version)」、さらに70位には「夢冒険」が初登場してきた。「碧いうさぎ」は、日本テレビ系で放送した酒井法子主演のドラマ「星の金貨」の主題歌。酒井としては初のミリオンヒットに輝き、同曲では「NHK紅白歌合戦」にも初出場した。

【有料音楽配信週間チャート・ベスト10】※カッコ内は前週
1(−) 浜崎あゆみ 「Sunrise 〜LOVE is ALL〜」
2(1) EXILE 「優しい光」
3(−) Lil’B 「時間をとめて…」
4(3) 加藤ミリヤ 「Aitai」
5(7) 青山テルマ 「忘れないよ」
6(4) コブクロ 「STAY」
7(−) NICO Touches the Walls 「ホログラム」
8(8) Juliet 「ナツラブ」
9(−) UVERworld 「GO−ON」
10(5) EXILE 「FIREWORKS」
次(6) Aqua Timez 「プルメリア〜花唄〜」