Archive for 6月 16th, 2009

松山千春の全国ツアー東京公演。会場入口に立てられた“祝い花”を見るのも面白いかも…

火曜日, 6月 16th, 2009

20090616034026.jpg20090615204508.jpg20090615204451.jpg20090615204430.jpg20090615204409.jpgフォークシンガー松山千春の春のコンサート・ツアー「偶然と必然」の東京公演が15日夜、東京・有楽町の東京国際フォーラム・ホールAで行われた。3年ぶりに発売されたオリジナル・アルバム(5月20日発売)に合わせた全国ツアー。同会場は5000人の収容を誇るが、チケットは即日完売の人気だったという。
しかし、思い起こせば1年前の6月25日。千春は不安定狭心症で倒れ、経皮的冠動脈形成術(けいひてきかんどうみゃくけいせいじゅつ)の処置を行なった。この時は東京公演を含むコンサートを中止したものだったが、それにしても1年経つのは早いものである。
「卒業」で幕を開けたステージは、2曲目「初恋」へと続く。まあ、ステージに関しては、朝刊スポーツ紙に掲載されるだろうから、ここでは割愛する。
ところで、毎年、コンサート会場には“祝い花”がいっぱい届けられる。もちろん、楽屋には“楽屋花”もあるが、それ以上に会場の入り口には花、花、花である。いや実に華やかな光景である。今年は映画「旅立ち~足寄より」の公開もあったことから、製作会社の「プラスミック・シーエフピー」の社長である小曽根太さんや今井和久監督、主演の大東俊介、萩原聖人…。さらには安倍なつみ、八代亜紀、フジテレビ「とくダネ」の小倉智昭なんかもあった。もちろん中には、どんな関係だろう…なんて思うようなところからの花も立てられている。いずれにしても大きな花、小さな花、派手な花、地味な花…。ま、出すのは気持ちなんだろうけど、そんなわけで、どこから、どんな花が届けられているのか、“祝い花”を見るのも何かと楽しいかもしれない。
東京公演は16日も同会場で行われる。