ラウドネス以来23年ぶり。日本人では7組目。Utadaのアルバム全米チャート69位初登場!!

UNKNOWN_PARAMETER_VALUE23年ぶりの快挙だと言う。
ちょっと、忘れられ気味にあったUtada(宇多田ヒカル)の海外版アルバム第2弾「This Is The One」【写真】が、全米チャートのビルボード誌の総合アルバム・チャートで初登場(5月31日付)69位にランクされた。同アルバムは、日本では3月14日に発売されたが、全米では5月12日に発売された。音楽デジタル配信のi‐Tunesでは全米19位にランクされるなど注目されていたが、CDチャートでも高順位にランクされた。
日本人アーティストが、全米ビルボード誌の総合チャートで100位以内にランクされたのは、ロックバンド“ラウドネス”が86年に発表したアルバム「Lightning Strikes」(64位にランクされた)以来、実に23年ぶり。
過去、ビルボード誌で100位以内にランクされたのは、ラウドネスの前には坂本九「上を向いて歩こう」(スキヤキ=63年)のほか、シンセサイザーの冨田勲(74〜77年)、山下ツトム(76年)、イエロー・マジック・オーケストラ(YMO=80年)、オノ・ヨーコ(ジョン・レノンのアルバムで共演=80〜84年)がいるだけで、Utadaは、日本の音楽史上7組目のアーティストに輝いたことになる。
何だかんだ言われても、結果よければ全てオーライである。初登場は69位だが、今後、さらにランクアップする可能性もある(もちろん、落ちることもあるが…)。そういった意味では2週目以降のチャートが注目される。

“メガネっ娘アイドル”時東ぁみがメガネ・ブランド“Laue”立ち上げ!24日からネット販売!!

UNKNOWN_PARAMETER_VALUE“メガネっ娘アイドル”として知られる、タレントの時東ぁみが、メガネのブランドを立ち上げる。アイドルがメガネのブランドを立ち上げプロデュースするのは初めてのことだろう。関係者によると、ターゲットは「10代後半から40代後半の男女」と幅広い。しかも、販売はインターネットの通販サイトのみだという。
時東というアイドルについては、そんなに詳しくはないが。4年前に、「ミスマガジン」で“つんく♂賞”を受賞したのが、デビューのキッカケらしい。2年前には日本ボウリング場主催の「第14回ボウリング・マスメディア大賞」でグランプリにも輝いているという。その後、ギャル社長として知られた藤田志穂がプロデュースする女性アイドル・ユニット“ギャルル”
のメンバーにも加わった。因みに“ギャルル”は、ギャル曽根、安倍なつみの妹、安倍麻美の3人組(一時は辻希美も入っていた)。ま、そうは言っても、正直言って人気があるのかどうかも分からないが、何故か知名度は高い。
いずれにしても、その時東を語る上で、メガネは重要なアイテムとなっているという。もっとも、彼女自身は視力がよく(両目共に視力は1・5)、使用しているメガネはレンズの入っていない“ダテメガネ”らしい。要するに、理由は何であれ一つのファッションとして使っているのだろう。
そういったこともあって、メガネのプロデュースは時東にとって大きな夢だったという。
今回、立ち上げるメガネ・ブランドは「Laue(ラウエ)」。時東のオリジナル・ブランドだという。このブランド名は「Luxury」(より良い物を)、「affordable」(うれしい価格で)、「unique」(個性を大事に)、「everyone」(すべての方へ)の頭文字を取って時東自ら命名したというのだが…。
デザイン、プロデュースするメガネの特徴は薄型非球画レンズでオリジナル・ロゴ入りの特製フレームとなっている。特に、神経を使ったのは価格で、現時点では3000円を切る税込価格2600円だとか。関係者によると時東は「リーズナブルな価格で、デザイン性のあるオシャレなメガネにしたい」と意欲を見せていると言う。
シリーズでの発売を計画していて、第1弾は5月24日から色やデザインを変えた24品目のメガネの発売を予定しているというが、その販売方法はネット販売。それも「楽天」の通販サイトなんだとか。25日に記者会見を予定しているそうだ。