Archive for 5月 3rd, 2009

がん克服出来ず!!“完全復活”から僅か1年…元RCサクセションの忌野清志郎さん死去

日曜日, 5月 3rd, 2009

ゴールデン・ウィークには、何か大きな事件が起こる。思い起こせば、X JAPANのギタリストのhideにしても亡くなったのは、ゴールデン・ウィークだった。そして、今年は…。
2日午前0時51分、元RCサクセションの忌野清志郎(いまわの・きよしろう、本名・栗原清志)さんが亡くなったという。死因は「がん性リンパ管症」だった。享年58歳。葬儀・告別式は9日午後1時から、東京・南青山の「青山葬儀所」で予定している。喪主は妻の栗原景子(くりはら・けいこ)さん。それにしても、まさか海外で忌野さんの訃報を聞くとは思わなかった。ただ、この訃報を聞いて、ちょっと驚いたのは青山葬儀場での葬儀・告別式である。葬儀・告別式の日程が、これほど迅速に発表されるなんて…。喪主は妻の栗原景子さん。
忌野清志郎さんは、68年にロック・バンド「RCサクセション」を結成した。一躍、有名にしたのは72年の「ぼくの好きな先生」のヒットで、80年には「雨あがりの夜空に」が大ヒット。そして、82年には、元YMOの坂本龍一と組んでシングル「い・け・な・いルージュマジック」を出し、空前の大ヒットとなった。
06年7月に「喉頭(こうとう)がん」と診断され入院した。手術を受けないで治療を続け、
昨年2月10日、東京・北の丸の「日本武道館」で1年7カ月ぶりに活動を再開した。約3時間のステージで24曲を力いっぱい熱唱、見事に完全復活しファンを喜ばした。因みに、武道館公演は、00年3月のデビュー30周年記念イベント「RESPECT!」以来8年ぶりだった。
武道館公演の後、2月18日には、「ブルーノート東京」で追加公演を開き、一晩で2ステージを展開。さらに24日には大阪フェスティバルホール、3月2日には「京都会館第1ホール」でも公演を行うなど、精力的な復活コンサートを行なってきた。しかし、7月になって、左腸骨にがんが転移していたことが判明、再び活動を中止し放射線治療などを続けていた。
忌野さんは、反戦を掲げ、政治的な要素の多い曲も多かった。中でもアルバム「COVERS」は有名で、収録曲の中でパンクロック風にアレンジして歌った「君が代」は波紋を呼んだ。とにかく、忌野さんは、ロックの中でも気骨のあるミュージシャンとして知られた。