ファン層は10代前半の女の子…。ビルボードで米音楽史上最年少記録を樹立したテイラー・スウィフトのステージ(中)

UNKNOWN_PARAMETER_VALUEUNKNOWN_PARAMETER_VALUEUNKNOWN_PARAMETER_VALUEUNKNOWN_PARAMETER_VALUEテイラー・スウィフトは、昨年11月に全米で発売されたアルバム「フィアレス」が、ビルボード誌のアルバム総合チャートで11週に亘って1位を獲得した。10週以上の1位獲得は、99年に発売されたサンタナ「Supernatural」以来だそうで、今世紀に入ってからは初めての記録だという。しかも、ソロ・アーティストとしては「全米音楽史上最年少記録」だという。
「ステービー・ワンダーは13歳の時に1位を獲得して“最年少記録”となっていますが、これは1週だけでした。そういった意味でも11週連続1位というのは前人未到の記録」(音楽関係者)。
まさに、今世紀が生んだ米国民的カリスマ・アイドルというわけだ。
これまでは、ワードルワイドでの契約を結んでこなかった。「まずは、米国内で活動の場を確立したい」というテイラー自身の信念があったからだという。しかし、その夢も叶い、今春のワールドワイドでの契約を結び、ついに日本デビューが実現することになった。
 (上)でも記述したが、4月末からは大規模な全米ツアーもスタートした。全米60ヶ所のアリーナ・ツアーで、全会場が2万人以上を収容できる会場ばかり。セントルイスの公演はスコットトレードセンターで行なわれたが、この会場も2万人以上は入る。しかも、会場に入って驚いたのは、10代前半の中学生ぐらいの女の子が大半。中には3〜4歳ぐらいの子供までいる。当然、子供だから親がついてくるわけで、端的に言ってしまえば“ファミリー”ということになる。ただ、見た感じ女の子が殆ど。いや99%は女の子だった。だからか、Tシャツやグッズも売れる。子供たちは、みんな「Taylor Swift」のネームの入ったTシャツを着ている。いずれにしても、女性アーティストだったが会場内は異
様な熱気に包まれていた。因みに、前座を務めたのは、米国のテレビ番組の視聴者が選ぶ“アメリカン・アイドル”でグランプリになった女の子だった。
しかし、ギター演奏をしたり、ドラム缶を叩いたり、ステージの上から落ちる水に濡れたり、会場内に入って、ファンと抱き合いってハグハグしたり…。まあ、実にアクティブなステージを魅せてくれた。

ツアーバス9台、大型トラック10台で移動…。米トップ・スターのテイラー・スウィフトの全米ツアー!!(上)

UNKNOWN_PARAMETER_VALUEUNKNOWN_PARAMETER_VALUE

UNKNOWN_PARAMETER_VALUE

UNKNOWN_PARAMETER_VALUE

新型インフルエンザで大騒ぎする中、米国のセントルイスにアメリカン・アイドルのカリスマとして知られるテイラー・スウィフトのライブを観に行った。彼女は、まだ19歳だが、10代アーティストとしては初めて全米ビルボードのアルバム・チャートで11週1位に輝き、最少年記録を樹立した。文字通り全米の注目の的となっている。これまでは、米国内だけの活動だったが、今年に入ってワールド・ワイドな活動を展開することになった。3月にUKでアルバムを発売し、いよいよ6月17日には日本でもアルバム「フィアレス」を発売、7月にはプロモーションで初来日する予定だという。
彼女は、4月末から大規模な全米ツアーをスタートした。全米60ヶ所のアリーナ・ツアーで、全会場が2万人以上を収容できる会場ばかり。中でも、6月のロサンゼルスのステープルズ・センターは2分、8月のニューヨークのマディソンスクエア・ガーデンは1分でチケットが完売するなど異常な人気となっている。
それにしても、セントルイスは田舎だった。シカゴから、さらに小型の飛行機に乗って1時間…。ジャズで有名らしいが、そんな雰囲気はない。とにかく、ミシシッピー川があるぐらいのものか?そんなセントルイスの郊外?に「スコットトレードセンター」という大きなアリーナホールが建っていた。ここが会場である。広い。横浜アリーナを大きくした感じで2万人は入る【写真】。
ここで、テイラー・スウィフトはコンサートをやるんだが、何と、今回の全米ツアーは9台のツアー・バスに加え、ステージ・セットや機材を運ぶ大型トラック10台を連ねて移動するというのだ。9台のツアー・バスは全てテイラーの名前がペイントされていた【写真】。このバスにスタッフが乗って移動するわけだが、テイラーとマネジャーの母親の乗るバスは実にバブリーだった。わざわざ日本からライブを観に来てくれたという思いもあったのだろうか、お母さんも気を使って、バブリーなバスの中を案内してくれた。
すると車内のドアは全て自動ドアである。まずはリビング風の部屋があり、そこから奥に行くとベッド・ルーム、衣裳部屋、居間【写真】、シャワー・ルーム、さらにはジム用の器具まで備わっていた。実に快適そう。バスというより、家が、そのまま移動するようなものである。やはり、米国のトップ・アーティストは違う!!

RIAJ発表有料音楽配信「着うたフル」週間チャートで絢香の新曲1位!桜高軽音部10位

PCCG-70039.jpg㈳日本レコード協会(RIAJ)は、第4回目の有料音楽配信「着うたフル」の週間チャートを公表した。期間は4月22日から28日まで。
それによると、前週14位の初登場した絢香の新曲「愛を味方に」が一気に1位に躍り出た。
3位に初登場は、つるの剛士「M」。この曲は、つるのの最新アルバム「つるのうた」(4月22日発売)に収録されている曲。
ゆず「逢いたい」、コブクロ「虹」、EXILE「Someday」以外は初登場曲。特に、9位にはアニメ声優の林原めぐみ「集結の園へ」が、10位には桜高軽音部[平沢唯・秋山澪・田井中律・琴吹紬(CV:豊崎愛生、日笠陽子、佐藤聡美、寿美菜子)]の「Don’t say “lazy”」がランクインした【写真】。桜高軽音楽部「Don‘t say “lazy”」は、TBS系アニメ「けいおん!」エンディング曲。因みに同アニメのオープニング・テーマ曲「Cagayake!GIRLS」は11位にランクされた。
ベスト10圏外での注目曲は、尾崎豊の「I Love You」が13位、「僕が僕であるために」が20位に初登場してきた。

【有料音楽配信週間チャート・ベスト10】※カッコ内は前週

1(14) 絢香 「夢を味方に」
2(2) ゆず 「逢いたい」
3(―) つるの剛士 「M」
4(―) シド 「嘘」
5(―) 東方神起 「Shere The World」
6(6) コブクロ 「虹」
7(1) EXILE 「Someday」
8(―) JUJU with JAY’ED 「明日がくるなら」
9(―) 林原めぐみ 「集結の園へ」
10(―) 桜高軽音部 「Don‘t say “lazy”」
次(―) 桜高軽音部 「Cagayake!GIRLS」