TOSHIの次はHEATHかよ!! X JAPANが東京ドーム公演 を前に“女” と“金”で大モメに!

それにしても、X JAPANは、何か活動を開始するたびにトラブルが起こる。ロック・グループだから、多少のトラブルは仕方ないが、ここまでトラブル続きでは、ファンも呆れるだろう。こうなったら、トラブルが起こらない方が不思議になる?
しかし、X JAPANのトラブル男といったら、だいたいがYOSHIKIだった。YOSHIKIの激しいドラムプレイは、何度もライブの中止・延期を引き起こした。頚椎椎間板ヘルニアや神経循環無力症などを発症して、今回の再結成でも“無期限活動停止”なんてこともあった。まあ、それは健康面だから仕方がないとしても、そのドサクサに紛れた形で、ボーカルのTOSHIである。話は前後してしまうがTOSHIは、98年のX JAPANの解散直後、音楽プロデューサーのMASAYAに心酔してしまい、宗教的な要素を持ったセミナーの広告塔なんかを務め、訴訟沙汰にもなった。そして、今回のX JAPANの再結成後には“エコ”を掲げたロックバンド“TOSHI with T―EARTH”を結成して大モメになった。この“エコ・バンド”の糸をひいていたのが、またもやMASAYAであり、何とサイバーエージェントの藤田晋だった。TOSHIは自分が利用されていることに気づかないんだから、困ったものである。そうこうしているうちに今度は、ベース担当のHEATH(ヒース)である。
HEATHは、昨秋あたりから事務所からの独立問題で揉め始めていた。それが、今年に入ってからは弁護士まで巻き込み、独立を訴え始めたという。しかも、「独立が出来ないなら」と、X JAPANからの脱退を叫ぶようになった。まさか、水嶋ヒロと絢香が事務所に内緒で“入籍”しちゃったことに刺激されたのか?
しかも、ここにきて「HEATHがX JAPAN制作運営管理委員会に脱退を申し入れる連絡をしてきた」と関係者は言っているようだが、実際のところ真相は分からない。辞めたいのか?辞めようとしているか? どっちにしても、現時点では事務所との話し合いが決裂していることだけは確かだ。
それにしても、TOSHIにしても、HEATHにしても、結局は根底にあるのは“金”への執着だと言う。去年5月にギタリストだったhideの追悼ライブを味の素スタジアムで行った時、TOSHIは出演の条件として、平然と“金”を要求していた。そして、今回のHEATHの場合も“金”である。しかも、女も絡んだ金銭問題だと言われている。X JAPANの成功は、TOSHIとHEATHを「金の亡者」にしてしまったのかもしれない。
来月2、3日には東京ドームでコンサートが行なわれるが、10万枚のチケットは即日完売だった。契約があるから、HEATHにしても簡単に「脱退する」とか「(コンサートに)出演しない」とは言えないだろうが、コンサートの開催まで一転、二転、いや三転も四転もしていくかもしれない。
いずれにしても、コンサートのリハーサルもある。現在、YOSHIKIは、米ロサンゼルスに滞在中だが、今週中にも帰国して決定するようだが、まあ、何かトラブルが起こるとしたら、ロックはやっぱり”女”と”金”ってことなのか?

千葉県知事選は民主党他支持の吉田平と公明党支持の白石真澄の獲得数を合わせても森田健作に追いつかず!!(3)

自民党の支部長でありながら「完全無所属」と言ったことに文句をつけている青春の巨匠・森田健作千葉県知事。その記念すべき第1回目の記者会見は「説明責任」になってしまったが、その記者会見は、正直言っても森田健作らしからぬ会見だった。もっと、“青春の巨匠”らしい森田ならではの攻撃的な言葉が欲しかった。
確かに「公約は自分で考えた」「政党に頼らず全て自分で考えて行動してきた」から「完全無所属」だと言った。これは、確かだろう。森田自身、千葉県知事選に出馬する時「オレは、政党のために知事選に出るわけじゃない。政党のための政治ではなく、県民のために政治をやっていきたい」と言い切っていた。これは本心だと思う。
それにしても、あの時の記者会見で、どっかの記者が「完全無所属だから投票した人もいたと思う」なんて質問をしていたが、この記者は、誰かの回し者なのか? そもそも、この言い方は余りにも千葉県の有権者をバカにしちゃいないか? 選挙投票で人物でも政党でも公約でもなく、ただ単に「完全無所属」だからって投票する人が何人いるかって!!ある時は「有権者は騙されない」なんて有権者を持ち上げておきながら、今度は「有権者を騙したやり方」。一体、有権者は何なのさ!? 出口調査もやっているんだから、有権者のデータは出ているだろうに。
今回の千葉県知事選について、吉川洋を中心とした県議が市民グループ854人で「森田健作氏を告発する会」(井村弘子代表)を組織して、森田を千葉地検に告発したが、よーく考えてみろって、投票率は前回の千葉知事選よりアップして、森田の獲得数は101万5978票である。民主党や社民党、国民新党、新党日本、連合千葉が束になって支持した吉田平の63万6991票、さらには公明党が支持した白石真澄の34万6002票。この2人の獲得票を合わせても98万2993票で、100万票にも満たなかったのである。この票数を見たら、正直言って「県民を騙した」とは言えないだろう。それとも騙された県民、間違って投票してしまった県民が何十何人もいたというのか? 前も書いたが、告発した854人の中で1人でも騙されて森田に投票しちゃった人がいたというのか?
結局は、吉田や白石より、県民は森田健作に期待を寄せたということだ。おそらく、何回、選挙し直したとしても森田が圧勝するはずである。要するに「完全無所属」と表現したことなんて、おそらく有権者も言われて「そうだったの?」程度なのでは? だいたい、森田の場合、選挙戦の時は、演説より、集まった人と握手したり写真を撮ったり、比較的に“イメージ選挙戦”を展開してきたんだから。そんなの地元の記者だったら目撃してきたはずである。そう考えたら、今回の「完全無所属」というのは、単なるルールを論じる程度の話で、告発するようなものでもない。何かヒステリックになり過ぎちゃいないか? それとも、森田が県知事になったことでヒステリックにならなければならない何らかの理由があるのか?
森田は、今回の会見で、千葉県の“現実”をハッキリ示し、投票した100万人の有権者をバックに取り込んで“闘い”を宣言すべきだった!!
しかし、千葉県と言うのは実に妙なところである。選挙が終わった途端に県議から異議が出たと思ったら、千葉市の鶴岡啓一市長までも唐突に「リニアモーターカーなんて無理」なんて言い出した。僕も、急には無理な話だと思うが、それにしても鶴岡・千葉市長の、あの一言は一体なんだったのか? 単なるノリ発言? 今まで存在感すらなかった鶴岡・千葉市長が…。森田が当選した途端に、各方面に森田に便乗した“愉快犯”が増えたってことか?
(つづく)

財政赤字の東京に2016年夏季五輪招致!? 開催したら経済効果の前に財政破綻都市に!!

2016年夏季五輪招致を目指す東京を訪問した「国際オリンピック委員会(IOC)」の評価委員会。財政赤字で本来なら瀕死の状態なはずの東京が、この招致だけのために150億円も費やしているというだから、どうにかしている。おそらく150億円と言うのは表の金で、裏では、どうなっているのか分からない。
しかし、IOCの評価委員会ってというのも、いい身分である。こんな視察で、一体何を評価するのか? ナワル・ムータワキル委員長は「招致のビジョン、概念に感銘した。東京都や政府の強い協力態勢が見て取れた」「みんなが招致を期待していることを実感した」なんて感動していたようだが、そりゃそうだろう。こんなの評価委員会が、東京都のお持て成しを評価したようなものである。“100年に1度の大不況”なんて言われている中で、これだけ時代錯誤な接待を受けちゃ、勘違いもするに違いない。本当に開催都市を評価するんだったら、コッソリ来て情報を得ていくべきだろう。あるいは、今回の評価委員の訪問はIOCの形式的なもので、単に豪遊しに来ただけだったりして…。
東京で五輪を開いたら「経済効果が3兆円近くある」とか「東京が元気になる」。テリー伊藤なんて「WBCを見ても分かるように、スポーツは盛り上がる」なんて言っていたけど、そんなの東京で開催しなくてもいい話。だいたい、エコといってもオリンピックを東京で開催するには1兆円も2兆円もかかるそうである。いや、開催は、これから7年も後のことだから、倍以上の3兆円以上に跳ね上がるかもしれない。財政赤字の東京都が破綻して夕張市のようになるのは確実である。ナワル・ムータワキル委員長が赤字補てんを日本政府が約束したことで「必要な保証は獲得した」なんて言っていることをみても、東京都が財政難に陥ることを予想しているのだ。
それに、こういったイベントのスポンサーは「電通」か仕切るだろうけど、肝心なスポンサーだって見つからない可能性もある。多額の放送権料を支払わなければならないテレビ局も笑っちゃいられない。今でさえ、赤字赤字で四苦八苦して、番組制作費を大幅に削減しているのに、どうするのだろうか!? 
そんなことより、可能性が大きいのは今回、何百億も使って招致できない東京都の悲惨な状況だ。それも、盛り上がっていたのは関係者だけ。関係者の自己満足に多額の血税を注ぎ込んで、石原慎太郎は「責任を取る」とか何とか言って知事を辞めればいいかもしれないが、その借金は残る。都民は“悪夢”を見ることになりそうだ。…先を考えると恐ろしい。
しかも、結論から言うと16年の五輪はシカゴで決まりだろう。その時は結局、日本は、「同盟国だろう!!」とか何とか米国に脅され、オバマ大統領の里「シカゴ」での五輪開催に向けて多額の援助をする…なんてことに。民主党・小沢一郎がクリントン国務長官に言った「これからは対等な立場で」なんて、早くも(米国によって?)潰されてしまった感じだし…。