「旅立ち」か「おくりびと」か…異例の超ロングラン公開となった松山千春映画! ついに銀座に拡大公開!!

holiday-P1010743.jpgholiday-P1010740.jpg異例の拡大超ロングラン公開となった。
フォークシンガー松山千春の自伝的小説「足寄より」を映画化した「旅立ち〜足寄より」である。北海道で先行公開がスタートしたのが昨年11月22日だった。そして、全国公開になったのが今年1月24日。正月が過ぎ、桜の花も散って、もうゴールデンウィークに入ろうとしているのに、まだまだ拡大されている。これは異例のことである? ここまで超ロングラン公開されているのは「おくりびと」か「旅立ち〜足寄より」とも言われているらしい。もっとも、「おくりびと」は、アカデミー賞をオスカーに輝いたという“話題”があるが、「旅立ち〜足寄より」は、そういった話題はない。そういった意味では、それだけ映画の中身(内容)が評価されているということだろう。
yahooでのユーザーレビュー採点もベストテンに入っていて評価が高い。
http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyove/mnow/

とにかく、この映画の異例なことは、単館上映で当初、新宿と渋谷、板橋で公開がスタートしたが、その後、川崎チッタに拡大し、今度は銀座での公開となった。銀座は「銀座シネパトス」での公開だが、初日(18日)の入場状況がいいことから、5月1日まで2週間の公開となった。
初日は、 今井和久監督と脚本の鴨義信と小林岳夫プロデューサーによるトーク・イベントも開催した。ま、トーク・イベントといっても、撮影の裏話を紹介する程度のもので、正直言ってトーク・イベントを観に来た人なんて、いるわけがないが…。それでも、東京で公開が始まって、もう3ヶ月も経つというのに未だにイベントをやっているなんで珍しいとは思わないか!? しかも、この拡大公開は、さらに増えるそうで「まだ20館前後の劇場での公開が控えています」と言う。
しかも、銀座での公開では劇場の前に煙突のような宣伝用の看板(ポール)まで立った【写真】。映画の拡大公開の中で、4月29日からは松山千春の春の全国ツアーもスタートする。