「芸能活動無期限謹慎」か?「廃業」か?“毒舌”の牙を失ってしまった北野誠

“口は災いの元”と言うが、タレントの北野誠の場合は、取り返しのつかない事件に発展してしまった。“毒舌”がウリの北野も「まさか」の展開になってしまったに違いない。
発端は、朝日放送の関西ローカルのラジオ番組「誠のサイキック青年団」。北野が、芸能関係者を誹謗(ひぼう)中傷したことが原因だという。もっとも、ラジオでは、イニシャルで発言したらしいが、その後の関連イベントでダメ押し発言してしまったというのだ。その結果、テレビ、ラジオの全レギュラー番組を降板する事態にまで発展してしまった。
一体、何と発言したのか? 正直言って、聞いていないので明確なことは書けないが…。13日に出演した名古屋・中部日本放送(CBC)のラジオ番組「ごごイチ」に出演した北野は、冒頭「他局のラジオ番組、および関連イベントにおきまして不適切な発言をしてしまったため、関係の皆さまにご迷惑をおかけしました。あらためてこの場を借りて深くおわび申し上げます。私自身と(所属の)松竹芸能との話し合いの結果、当面、芸能活動を自粛します」と謝罪した。
北野は「芸能活動を自粛」と言い、所属する事務所の「松竹芸能」は「北野を無期限の謹慎処分」としたが、実際には「廃業」とも言われている。
それだけではない。「松竹芸能」は、この一件で関係する役員や社員を懲戒処分にする粛清人事を行なったばかりか、加盟していた「㈳日本音楽事業者協会(音事協)」までも脱会したという。「芸能関係者を誹謗中傷した」というが、北野は、そこまで“タブー”なことを発言してしまったというわけか? 
…にも拘わらず、この件に関しては報道自体も曖昧で、魑魅魍魎としている。そういった意味では「前代未聞の出来事」だと言える。