ベイシストHEATHの所属事務所問題でX JAPANの韓国公演が中止の危機に!!

X JAPANのベイシストHEATHの事務所独立問題は、3月21日の韓国公演を前にメガトン級の衝撃を与えているという。関係者は「問題が解決しなければ、韓国公演の中止もやむを得ない」としており、今後の動向が注目される。今回の問題の発端は、HEATHが突然、所属事務所に契約解除を申し入れてきたことにある。HEATHは、X JAPANの活動に当たって「グローバルマネジメント」と専属契約を結んできた。しかし、X JAPANの東京ドーム公演(昨年3月)が成功し、海外進出も本格的に決まった途端、「グローバルマネジメント」との契約を解消したいと言い出してきた。近藤継傳社長も「何がなんだか分からない」という始末。HEATHは顧問弁護士を通して、契約解消を一方的に通告してきたというが、実は、HEATHの後ろでは、今回の活動で知り合った女性カメラマンが糸を引いているともっぱらの評判だ。「何で、あなたが自分でやらないの?」とそそのかしたと言うのだ。しかし、X JAPANの活動は制作管理委員会で行なっており、今回のようなHEATHのやり方は認められるはずがない。万が一、この問題が解決せずにHEATHがメンバーから脱退と言うことになったら、21日に予定している韓国公演は中止という事態にもなりかねないというのだ。「公演中止となったら、莫大な違約金が発生します」とにかく、今度の動向が注目される。