ファン不在のパワーアップ!? EXILEとJ Soul Brothersが合体して14人の“新生EXILE”誕生!!

EXILEの緊急発表というから、一体何だと思ったら…。
最初は、EXILEのHIROが、メジャーデビューした新しいダンス&ボーカルユニットの“J Soul Brothers(ジェイ・ソウル・ブラザーズ)”に専念するのかと思っていたが、発表されたのは、EXILEとJ Soul Brothersが合体して、14人組メンバーになることだった。「これでパワーアップした活動が出来る」と言う。ま、理屈上は「2つの人気グループが1つになれば、売上げが2倍、3倍になるっていう論理」なのかもしれない。しかし、現実は、そんな単純なものじゃないだろう。
確かに、今や日本一の売上げを誇り、明日の「日本ゴールドディスク大賞」(日本レコード協会主催)では、邦楽部門の“アーティスト・オブ・ザ・イヤー”を受賞するはずだ。そのEXILEと、新たな人気ダンス&ボーカルユニットで、メジャーアルバムの第1弾が1位に輝くなど、人気急上昇中のJ Soul Brothersが1つになるわけだから、それは音楽業界にとっては大ニュースだろう。大ニュースだろうけど、何か、炭酸の抜けた冷えたコカコーラのような話でもなる。
まあ、両方に参加しているHIROが所属事務所をやっているわけだし、1つにした方が都合がいいっていう見方もあれば、今の音楽業界の中で、常に新しい動きをしていかなければファンが離れてしまうとか、ビジネス展開が出来ないという声もある。しかし、くっついたり、離れたり、あるいは解散したり、活動を停止したり…。冷静に見たら、全てファン不在というしかない。もちろん、ファンの方が離れてしまって、結果的にメンバーをチェンジしたり、解散したり、活動を停止したりする場合もあるが…。だいたい、両方とも、グループ活動のコンセプトは違っていたと思うのだが…。それとも全く同じだったのか?いずれにしても、表向きの説明はともかく14人になる“新生EXILE”の本当の狙いは何なのか?
まるで、モーニング娘。の“男版”って感じもしないわけじゃない。もしかして、EXILEとJ Soul Brothersを1つにして、時期を見て、再び、切り売りしていくのだろうか? あるいは、もっと、メンバーを増やして、AKB48に対抗するか!? しかし、トップクラスの人気グループが2組も所属していると事務所の人件費や経費もかかる。しかも、現実的には、HIROも現場に出ちゃっているわけだから、そりゃ、事務所の運営も大変である。それを1つにしたら、効率もいいし何と言っても経費節減にもなるような気もする…。ま、14人メンバーは決まった話だから、今になったら理屈や理由もつけられる。パワーアップするのかもしれない。しかし、実際には、いろいろな事情があるに違いない。
14人組になった“新生EXILE”は、4月15日にシングル「The MONSTER〜Someday〜」を発売し、5月9日より全国9都市30公演のアリーナツアーもスタートする。

大反響!!松山千春自伝映画「旅立ち」が844席のシネチッタ川崎でも公開!! 「旅立ち」エピソード・メッセージ大賞も…

大東俊介.jpgフォークシンガー松山千春の自伝的小説「足寄より」を映画化した「旅立ち~足寄より」が、公開1ヶ月を過ぎても好調で、反響も高まっていると言う。特に、ここにきて、千春ファン以外からの評判が高まっているそうで、各映画館では、映画の上映日数を延長させている。
そういった中で、何と、神奈川県川崎市にある「シネチッタ川崎」では、同映画館としては最大の劇場で2月28日から公開をスタートした。 この 「シネチッタ川崎」は「巨大スクリーンで観る映像と、最新音響システムで聞くサウンドは迫力満点」だという劇場だ。何と言っても844席という劇場。スクリーンの大きさも14.8m×6.4m。東京からでも行ってみる価値は十分だ。(http://cinecitta.co.jp/theater/cine_21.html) 因みに公開日数は3月27日まで。ただ、同時間帯に「おくりびと」の上映もあるのが気になるところ!?
また、映画が好評なことから、急きょ「『旅立ち』エピソード・メッセージ大賞」を実施することに。(http://www.ashoro-movie.com/event.html
「あなたの旅立ちエピソード、旅立ちの決意、旅立つあの人へ。または旅立ってしまったあの人へ、お世話になった恩師への感謝の気持ち 等など」を、各劇場に設置された「旅立ちボード」についているハガキで申し込む。なお、この「『旅立ち』エピソード・メッセージ大賞」を実施する劇場は、現時点では次の9館となっている。
・仙台コロナシネマワールド(宮城)
・シネマート新宿(東京)
・シネチッタ川崎(神奈川)
・中川コロナシネマワールド(愛知)
・シネ・リーブル梅田(大阪)
・シネマート心斎橋(大阪)
・シネ・リーブル神戸(兵庫)
・広島横川シネマ(広島)
・シネ・リーブル博多駅(福岡)
「シネ・リーブル神戸」が3月7日からスタートする以外、他の8館は2月28日から始まっている。
「大賞」に輝いた人は「北海道ロケ地を巡る旅」をプレゼントするという。その他、出演者のサイン入り台本やポスターなど、ここでしか手に入らない“お宝商品”をプレゼントする。

クラシックカーマニアの京本政樹が愛車をパシフィコ横浜で開催中の「昭和の自動車ショウ」に初展示!!

holiday-P1010540.jpgholiday-P1010538.jpg俳優の京本政樹から、いきなりの電話だった。
「ナベさん!! ご無沙汰してま~す!!」。
ハイテンションの陽気な声だった。すると、今度は囁くように…。
「実はですねぇ…」
声のトーンを突然に低く変えるあたりは、さすがに役者である。やはり、何事もメリハリか!?
要するに、京本が言うには「自分は、クラシックマニア」だってことである。で、こっそり?所有していた自慢のクラシックカーを、神奈川・横浜のパシフィコ横浜展示ホールで開催中の「昭和の自動車ショウ『ノスタルジック2Days』」に展示するから、ぜひ見に来てくれと言うのだ。しかも、京本が言うには、自分の愛車を公開するのは初めてなんだとか。
正直言って僕は、クラシックカーには興味がないので、話を聞いてもよく分からなかった。しかし、これまで、芸能界のクラシックカーマニアといえば、歌手の堺正章や俳優の唐沢寿明が有名だったらしい。要するに京本がマニアだったことは芸能界では「あまり知られていなかった」というのだ。
しかし、知人から「もったいない」と助言されらしく、今回の展示となったのだという。
今回、京本が展示したというクラシックカーは
・「トヨタ2000GT」(1967年式)
・「マツダ・コスモスポーツ」(1968年式)
・「ジャガーXK−E Sr.1」のロードスターとクーペ
の合わせて4台。
京本によると「トヨタ2000GT」は、国産車の最高峰として生まれたものだとかで、全世界に330台前後しかないというシロモノ。しかも新車と同等に整備し、管理してきただけに売却したら「5000万円前後の値段がつくはず」と誇らしげだった。
また「ジャガーXK−E Sr.1」のロードスターとクーペについては、自ら改造してきたものだけに「正直言って値段をつけられない」とも。要するに、それだけ価値があるってことだ。
「実は、僕は箱根にクラッシックカー専用のガレージを持って管理してきたんですよ。新車と同等で所有しているのはおそらく、日本中のマニアを探しても少ないと思う」
と自画自賛していた。
まあ、ここまで、凝れば大したものである。と言うより、京本のオタクぶり発揮と言うところ。現在、京本は8台の車を所有しているそうだが、そのうちクラシックカーは5台持っているという。今回の、その中から4台を選りすぐったわけだが、クラシックカーマニアとしては筋金入りなことだけは確かだ。
「僕は今年、芸能生活30周年なんですよ。男って何で仕事をするのかと考えると、それはステータスであったり、ロマンであったりしますよね。その結果として、僕の場合なら車という形になるんです。そこには夢がある。仕事で頑張ってきて、その結果として、自分の好きなものを手に入れるんです」。
因みに、デュオWaTの小池徹平は縁戚に当たる。