柳樂優弥、華原朋美に続いて…。Winkの鈴木早智子が薬物の大量摂取で病院に搬送されていた!!

薬物の大量摂取で病院に運び込まれるタレントが増えている。今度は元Winkの鈴木早智子である。29日に、東京都江東区の自宅マンションで薬物の大量摂取で意識を失い救急車で病院に搬送されていたことが発覚した。
薬物の大量摂取と言ったら、華原朋美を思い出すが、昨年の夏だったか、若手俳優の柳樂優弥も睡眠薬を大量に飲んで救急車で昭和大学病院に搬送されたことがあった。鈴木早智子も、睡眠薬だろうが、29日午後0時10分頃、鈴木さんの友人という女性から「鈴木さんが薬を大量に服用したようだ」と119番通報があったというのである。
「意識はあった」というが、現在の容態については不明。友人に、鈴木は「最近眠れずに薬を飲んでいる」と話していたという。
もっとも、鈴木の所属事務所関係者は「貧血で具合が悪くなったようだ」とし、睡眠薬の服用については確認していないらしい。ま、最近の事務所はタレントの管理が行き届いていないから、実際のとことは、鈴木本人の回復を待つしかない。
 
※昨年末の「レコ大」で10年ぶりに“復活”したWink…

Winkは、相田翔子と鈴木早智子のデュオ。昨年末の12月30日にTBS系で放送された「第50回日本レコード大賞」で10年ぶりに復活した。彼女たちは過去、98年と99年に1回づつ“復活”している。しかし、今回は「レコ大」の50周年を記念して“再結成”した。関係者は「デビュー20周年の節目の年として復活した」とした上で、その裏事情を「Winkは、解散後も支持が高いんです。再結成を望むファンの声も高い。ここ数年、音楽業界は過去のヒット曲がクローズ・アップされ、グループの“再結成”ブームになっています。そういった意味でも当然、彼女たちの再結成を望む声は多いんです」と言っていた。
 彼女たちが8年間の活動に終止符を打って解散したのは13年前の96年3月だった。彼女たちに詳しい関係者は言う。
 「Winkは、88年にデビューしたんですけど、とにかく解散説の絶えないデュオだった。それこそ毎年のように解散が噂され、その都度、芸能界に話題をさらっていました。正直言って歌謡界の中でも、ヒット曲の実績を持ちながら、これほどまでに解散が噂され続けたデュオやグループはいないでしょうね」。
 Winkは、88年4月にシングル「Sugar Baby Love」でデビューした。写真集などの大手出版社「ワニブックス」が発行する月刊雑誌「Up to Boy」が、87年に開催したミス・コンテストで上半期のグランプリになった早智子と、下半期のグランプリに輝いた翔子で結成した。
 デビュー曲「Sugar Baby Love」は当時、南野陽子主演のフジテレビ系ドラマ「熱っぽいの!」の主題歌だった、ルベッツの同名曲のカバーだった。しかし、思ったほど売れず、デュオとしてもパッとしなかった。
 そのWinkに光が当たったのは、88年11月に出した3枚目のシングル「愛が止まらない」だった。南野が主演するフジテレビ系ドラマ「追いかけたいの!」の主題歌に起用された同曲は、オリコン初登場19位にランク。その後、週を追うごとにランクを上げ、何と発売12週目で1位にランクされた。
 その後、「涙をみせないで」「淋しい熱帯魚」と次々にヒットを飛ばし、89年には第22回全日本有線放送大賞でグランプリを獲得、第31回「日本レコード大賞」では“大賞”にも輝き、「NHK紅白歌合戦」にも初出場した。
 デビューして僅か2年目で歌手としての頂点を極め、華々しく活動する中、巻き起こったのが「解散説」だった。発端は、12月6日の「レコード大賞部門賞」の発表。彼女たちは金賞の10人に選ばれたにも拘わらず、会場に姿を見せなかったばかりか「本人たちに連絡が全くつかなかった」(レコ大関係者)と言う。しかも、その原因が「翔子の蒸発」だと言われたのだ。
「Winkは、選考経過がテレビを通じて発表された時、イの一番に選ばれた。にも拘わらず会場にいない。審査員からは『人気があると思って、思い上がっている』『礼儀に欠いている』と批判が相次ぎました」(芸能関係者)
 そればかりではない。この年の12月15日に高松の香川県立ホールで行うはずだったコンサートも翔子が「過労」を理由に公演を中止したばかりか、TBS系ドラマ「ウィンクの初体験!コンプレックス!可愛い子になれないの」の出演までキャンセルするなど、周囲からは「解散も時間の問題」と飛び交い始めた。

※相田翔子と鈴木早智子の“不仲”が解散の原因だった!?

さらに、翌90年に入ると、今度は2人の“不仲”から再び“解散旋風”が巻き起こった。
「年が明けたら、今度は早智子が急性胃炎でダウン(1月6日)して、入院したんです。そのため、デュオとしての活動が出来なくなってしまった。そればかりか、入院から1週間経っても入院先が秘密にされ、病状や退院予定日まで明かされなかった。しかも、その時に、見切り発車で、翔子が単独レコーディングを行なっているという情報が飛んだんです。早智子自身、体が丈夫じゃない、疲れが溜まりやすいと言われていたが、過酷な芸能界で活動を続けられるのかが話題になりました。そういった中での、翔子の単独レコーディングということで『このまま解散してしまうのでは…』という声が出たんです」(前出の芸能記者)。
しかも、業界内では
「あの2人は、(89年の秋に)解散説が出た頃から不仲だと言われていた。レコーディングも実は、2人揃ってやるのを嫌がっていた」(芸能関係者)
翔子の血液型がB型で、早智子はA型。しかも2人とも気が強いタイプなだけに「一度、ぶつかると関係修復は難しい」とも言われた。
結局、この時も“解散”は噂だけで終わったが、2人の“不仲説”は根強く残った。
しかし、デュオを続けていくうちに、早智子のソロ志向が強くなったとも言われている。
「とにかく、早智子の方が翔子をライバル視していた。92年に早智子がソロ・デビューしたのも、そういった裏事情があった」(芸能プロ関係者)。
解散の噂を背負いながらも8年活動を続けてきた。しかし、96年3月25日に正式に解散することになった。“解散”につきもののファイナル・コンサートも行なわなかった。「周囲も、この辺が潮時と言う雰囲気だった」(関係者)と、ある意味で疲れ切った感じだったという。
もっとも、解散を前に“ソロ志向”の強かった早智子は、ダンスミュージックを中心としたソロ活動を一足先に開始。一方の翔子は歌以外にも女優として幅広い活動をしていくことを明らかにしていた。
因みに、全盛期にはレコードの売上げが1年間に70億円にも達したが、解散時には2億円程度に落ち込んでいたという。

【番外編】無所属・森田健作と民主、社民、国民他の推薦を得た吉田平の選挙事務所の差

holiday-P1010695.jpgholiday-P1010728.jpgholiday-P1010730.jpg千葉県知事選挙に、特定の政党の支持や推薦を得ず「無所属」で出馬して初当選した“青春の巨匠”森田健作と、「堂本暁子知事の後継者」として民主党、社民党、国民新党の支持で出馬してきた吉田平では、驚くほどの選挙資金の差があった!? とにかく、選挙事務所が違う。両候補とも、千葉市内のパルコの裏に事務所を構えていたが、森田の事務所と吉田の事務所では広さが5倍は違っていた。
赤字鉄道で苦しむ、第三セクター「いすみ鉄道社長」に公募で、昨年4月から代表取締役に就任した吉田だけに、事務所は質素かと思ったが、実にバブリーな選挙事務所だったのだ。やはり、政党の支持や推薦があるとこうにも違うのか? 余りの狭さに
「今夜だけ、事務所を交換してもらえばよかったのに」
なんて声まで出ていた。
だいたい、森田の選挙事務所は、「珈琲館」が潰れて、たまたま空いていたのだという。吉田の事務所は、広さから言って車の展示場か、衣料品店だったのか?
いずれにしても、森田の事務所の控え室は階段の下の倉庫のような2.5畳間程度の場所で、着替えはトイレ…。こんなところに、テレビカメラ20台が以上が入って、取材記者100人以上を詰め込んでいるんだから足の踏み場もなければ、動けない。怪我人が出なかったことが幸いである。それにしても、これこそが“格差選挙戦”である。これは一体、何なのだ? ま、4年間も我慢してきて、金を使わない選挙を目指すとこうなるのかという証なのかもしれない…。
千葉県民も、こういった実態を実は見ていたのかもしれない!?

千葉県知事選は政党色を出さず1人で戦った森田健作が100万票獲得のWスコア当選!!

holiday-P1010699.jpgUNKNOWN_PARAMETER_VALUEUNKNOWN_PARAMETER_VALUEUNKNOWN_PARAMETER_VALUE選挙に強い森田健作を改めて証明するかのような選挙戦だった。
“青春の巨匠”森田健作が千葉県知事選挙で見事当然、新知事に選ばれた。
「この選挙に落ちたら、政界から引退する」
森田は、出馬に当たって、自らの退路を断って立候補した。
「知事選を政争の具にしてはいけないと思った」と政党色を一切出さず、無所属で出馬。しかも、選挙応援も一切断り1人で戦ってきた。そう言えば、公明党の推薦を得て立候補した関西大学教授でコメンテーターの白石真澄には、漫画家のやくみつるや丸山弁護士なんかが応援に来ていた。応援に来ていたが、全く目立たなかった。
「自民党とか民主党とか、オレは、政党のための政治はやるつもりない。県民のための政治をやっていく!その実現のために協力してくれ」。
森田は、いつもそう言い続けていた。
「出る杭は打たれるかもしれないけど、出過ぎた杭は打たれないんだよ!」
「青春の勲章はくじけない心だよ!」
森田の意志が、有権者に伝わったのだろう。
4年前の05年の千葉県知事選出馬では、堂本暁子知事に僅か6000票の差で打ち砕かれた。今回はリベンジだった。しかし、【ヘッドロック】は「当選は確実」「Wスコアで当選」と書き続けてきたが、その通りとなった。しかも民主党、社民党、国民新党、新党日本、連合千葉が推薦する吉田平を大きく突き放し、前回の95万票を超える100万票以上を獲得したのだから、文句なしの圧勝である。
「堂々と中央に物を申す千葉県でありたい」
「元気な千葉県にする」
さらに、今後の県政に関しては「常に信念を持って、ぶれないでいくこと」と意欲を見せていた。
それにしても、当選すると沢山の人が来るものである。4年前とは全然違う。
しかも、NHKの合同インタビューで「今回の当選で一番支えになったのは…」と聞かれた森田は、開口一番「家内(美子夫人)が一生懸命に頑張ってくれた」なんて、奥さんに感謝していた。これ、普通だったら「4年間、応援してくれた支援者、ボランティアの人たち…」と答えるものだろうが…。いやいや、これは結構、ポイントの高い言葉だった。
ところで、事務所には“弟分”の京本政樹も駆けつけていた。
「この4年間、いろいろな番組に付き合ってきたよ。全国を旅したな」
なんて言っていた。京本は森田の精神的な支えになってきたことは確かだ。この際だから、京本を森田新知事のスーパーバイザーかなんかに就かせた方がいいかもしれない。千葉をアピールすることが千葉の経済効果になるはずである。当選記念にツーショットを撮っておいた【写真】

森田健作  1,015,978票(当選)
吉田 平    636,991票
白石真澄    346,002票
八田英之    136,551票
西尾憲一     95,228票

◎有権者4,943,809人 ◎投票率 45.56% 

千葉県知事選挙は予想通り森田健作圧勝! 「当確」一番乗りは共同通信

20090329205316.jpg任期満了に伴う千葉県知事選は、森田健作が圧勝した。午後8時の投票締め切りと同時に「当確」が出たのは想定内だが。開票0%で共同通信が一番乗り。続いてテレビ朝日など民放全局が一斉に「当確」を打つなど、近年にない圧勝となった。ただ、NHKは、開票の進み具合で8時半過ぎまで打てないらしく、まさに杓子定規な速報の仕方をしていた。結局、これはNHKの作戦らしかった。当選確実の「万歳」を、大河ドラマ終了後の8時45分からのNHKニュースで独占しようとしていたようなのだ。で、作戦通り20時43分に「当確」を出していた。それにしても、全国的に見ても投票率が低いことで知られる千葉県だが、今回は投票率が高かった。おそらく、最終的には100万票を超えそうだ。

ワースト記録を誇る千葉県知事選、前回を上回る投票率になるか!?

任期満了に伴う千葉県知事選。全国的に見ても投票率が低いことで知られる千葉県だが、今回は投票率が高いというのだ。投票率は午後5時半現在、29.89%と、前回より1.03ポイントも上回っているという。前回(05年)の投票率は、43.28%だった。今回は40%を切ると思っていたが、いやいや40%を超えそうだ。前回の投票率にどこまで迫るのか注目される。
“青春の巨匠”で無所属の森田健作、社会福祉法人理事長・八田英之、前県議・西尾憲一、関西大学教授・白石真澄、第三セクター「いすみ鉄道」前社長・吉田 平のに新人5候補で争われている。投票は県内1574ヶ所で行われ、即日開票される。有権者数は502万4813人。

森田健作当選確実の千葉県知事選挙!! “負け戦”の民主小沢は候補者応援ではなく“健在アピール”の候補事務所訪問!?

20060530183441.jpg任期満了に伴う千葉県知事選挙は、きょう(29日)が投票日である。“青春の巨匠”森田健作、社会福祉法人理事長の八田英之、元千葉県議会議員の西尾憲一、関西大学教授でコメンテーターとしても活躍する白石真澄、そして、バス・タクシー会社の社長の吉田平の新人5候補によって争われてきた。
現時点では、森田健作の当選は確実だろう。確実と言うより、開票後、何分で「当選確実」が打たれるのか? 次点候補をどれだけ突き放しかが注目だ。自民党、公明党、民主党の相乗り候補として出馬宣言したはずの白石は、結果的に公明党だけの推薦になり、一体、何のために出馬したのか分からない状態となってしまった。その自民党は、候補者が絞れなくなってしまって自由投票。自民党支持者の4割前後は森田を支持しているという。
で、民主党。「マニフェストに賛同してくれた」ぐらいで、社民党、国民新党、新党日本、連合千葉と共に吉田平を推薦することになった。だいたい、「堂本暁子知事の後継者」っていうけど、堂本知事って、8年間も千葉県知事をやってきて一体、何をやってきたのか? よく分からないが、その堂本の後継者なんて、意味がわからない。しかも。吉田は、父親が興した地元の「平和交通」とかの社長をやっていたが、赤字鉄道で苦しむ、第三セクター「いすみ鉄道社長」に公募に応募して、昨年4月から代表取締役に就任してきたが、再建どころか、僅か10ヶ月で「いすみ鉄道」の社長を放り出して、今度は知事に立候補っていうんだから、どう見ても「無責任男」である。要するに、全て堂本の都合。こんな候補者を推薦する民主党もいい加減としか言いようがない。
結局、民主党県連が推薦しちゃったわけだから、民主党の代表・小沢一郎も運がない。しかも、県連が勝手に推薦しちゃった候補者でも落ちたら「小沢のせい」っていうんだから、責任の擦り合いのようなものである。早い話、落選しても小沢とは全く関係ない。
その小沢は28日、応援のため初めて千葉入りしたという。推薦候補の事務所を訪れてスタッフらを激励したらしい。小沢氏は「大変心配をかけたが、私も元気で今後とも頑張る」とあいさつしたと言う。これって、候補者の応援じゃない。”小沢健在”をアピールしただけなんだ。小沢にしても、民主党執行部にしても、まして民主党県連や吉田本人もバカじゃないんだから、当選するなんて思っていないはず。最初から“負け戦”だったのだ。
それにしても「森田当選確実」の千葉県知事選に対して、マスコミ各社の世論調査は「無党派層はまだ決めていない」と言っていたが、そんな無党派層は選挙に行かない。となったら、投票率は、どうなるのか?
千葉県の知事選の投票率は全国的に見ても低いことで知られる。81年の知事選は25.38%という記録的な低投票率となった。これは、知事選としては歴史的な記録で「いまだに破られていない」。
前回(05年)は、43.28%だったが、これは“森田効果”だった。いすれにしても今回は、40%を切ることは確実だろう。投票は県内1574ヶ所で行われ、即日開票される。有権者数は502万4813人。

藤原紀香と陣内智則の電撃離婚の原因に“吉本アイビス族”による六本木カラオケボックス合コン疑惑浮上…

藤原紀香から離婚を突きつけられ結果的に男を下げた陣内智則は、今や、お笑いのネタにもならない。
ところで、今回の紀香との離婚の原因は“アイビス族”(東京・六本木の吉本興業指定宿泊ホテル「ホテルアイビス」)たちの六本木カラオケボックス“合コン”にあった!?
陣内との離婚について、紀香の母親・里美さんは、マスコミに出まくり「原因は、陣内の女好きにあり」と吠えまくっていた。これは一体…。そこで離婚の真意を探ったところ、そこには、何と吉本興業のお笑い芸人たちが決まって宿泊している「ホテルアイビス」――いわゆる“吉本アイビス族”の存在が急浮上してきた。
関係者の話を総合するとこういうことだ。
ケンドーコバヤシ、麒麟田村、ムーディー勝山、ネゴシックスらが主催する「六本木パセラ」での“合コン”に陣内が参加していたとの情報が入って来たのである。時期は昨年1月、その時に参加したお相手は“追っかけ”のネエちゃんたちだったが、こういった飲み会に参加していたという時点で「もう紀香との関係に赤信号が点灯していた」というのである。
紀香の母親・里美さんの話では、陣内が浮気した時期は昨年の夏頃とコメントしている。やはり“吉本アイビス族”とのカラオケ合コンは断りきれなかったのか?あるいは、この“合コン”に、紀香を連れて行っていれば、今回のような“離婚劇”といった事態は避けられたのかもしれない。
いずれにしても、今回の離婚の真相はやはり陣内智則の気配り不足にもあったのかもしれない。

日本人初の快挙! Utadaのアルバムが「i‐Tunes」でブリトニーやカニエ、ビヨンセらを抜いて全米19位に!!

holiday-untitled3.jpgholiday-untitled2.jpg米国では「おくりびと」「WBC」、そして「Utada」で日本ブームが巻き起こっている。Utadaのセカンド・アルバム「This Is One」の全米音楽配信が3月25日(日本時間26日)からスタートしたが、全米最大のシェアを誇る「i‐Tunes music store」のチャートで19位にランクされたことが分かった。ブリトニーやビヨンセ、カニエら全米で人気のアーティストを超える評判だというのである。
米国で「i‐Tunes music store」がスタートして5年になるが、日本人アーティストがベスト100以内はもちろん、順位として登場してきたのは初めてだという。しかも、ブリトニーやカニエ、テーラー・スウィフト、ビヨンセを抜いての総合チャート19位ランク。ポップス曲だけだったら2位にランクされている。
「i‐Tunes」のチャートは、CDチャートと違って、基本的に3時間毎に変化していくらしいが、配信初日の25日は19位から22位の間で変化したという。CDのみのビルボード・チャートでは過去、坂本九「スキヤキ」(上を向いて歩こう)が14位に登場したことが話題になったが、今や米国はパッケージから音楽配信へと形態が変わっているだけに、そういった中で「i‐Tunes」が全米で19位という記録を出したのは、やはり快挙であろう。米国在住の音楽ライターに聞いた。
「ここ数年の米国はパッケージ(CD)のセールスが激減、その結果としてタワーレコードなども倒産する事態に陥っている。パッケージに代わって音楽配信が主流を占めているだけに、今回のi‐Tunesの結果は大いに注目されることは確か」
因みに、全米でのCD発売は5月を予定している。しかし、今回の「i‐Tunes」の音楽配信チャートを受けて、ビルボードでも4月9日付アルバム・チャート(4月2日発表)に登場してくるという。ユニバーサル・インターナショナルでは、今回の結果を見て「100位以内への初登場は確実」と意欲十分だ。
Utadaは、「i‐Tunes music store」の音楽配信を前に、1ヶ月間に渡って全米のテレビ、ラジオ局を回るプロモーションを精力的に展開してきたという。関係者によると、「1日に3都市を回ってきた」とも。前出の米国在住の音楽ライターは
「Utadaの名前は、前回のアルバム・プロモーションで認知されていた。しかも、今回のアルバムは作品的にも評判が上々。中でもFMラジオでの露出が多かった。リスナーからのリクエストも高まっている。そういった部分が、音楽配信にも反映されたのかもしれませんね」。
「i‐Tunes music store」での配信日の3月25日(日本時間26日)には、ニューヨーク5番街にある化粧品ショップ「セフォラ」でアルバム・イベントが行なわれたが、会場には3000人以上が詰めかけてパニックとなったという【写真】。
今後の米国でのUtadaの動向が期待される。

雅-miyavizm-とmelodyが結婚していた!!  melodyは芸能界を引退、一部には妊娠の噂も…。

melody.jpgロック・アーティストの雅-miyavizm-と、ハワイ出身の異色シンガーmelody(メロディ=写真)が昨年末に結婚していた。共通の知人を介して知り合ったそうで、一部には「妊娠している」との噂もある。
雅-miyavizm-は、本名非公開となっている。日本人の母と在日韓国人2世の父の間に生まれた。出身は大阪。 Gacktをリスペクトしていて、2年前に、X JAPANのYOSHIKIに誘われGacktと3人でユニットを結成したりなんかした。
サッカー選手を目指していたこともあったが、中学の時に足を負傷したことで断念。その後、入学した高校も中退した時に音楽と巡り合い、音楽活動を開始した。
03年にファースト・ライブを東京・渋谷公会堂(現:C.C.レモンホール)で行い、セカンド・ライブは日比谷野外大音楽堂で開いた。さらに、音楽活動をアジアに広げ、韓国や台湾でもライブを繰り広げている。因みに、ファースト・アルバム「雅-miyavizm-主義」はオリコン初登場10位にランクインした。
一方のmelodyは、82年2月24日 アメリカ・ハワイ生まれ。生粋の日本人だが、ハワイで生まれ育ちというのがウリ。バレエ、ジャズダンス、ヴォイス・トレーニング、ピアノ…と、幼少期から音楽的英才教育を受け、シンガーとして日本でデビューすることを夢見ていたという。
「Dreamin‘ Away」で念願のデビュー。透明感溢れる歌声は“プラチナム・ヴォイス”と言われた。また、m-floのフィーチャリング・シンガーとして「miss you」に起用され話題となった。ファン層は20~30代前半の女性で、ファッション業界からも注目を浴びている。04年1月21日にリリースしたファースト・アルバム「Sincerely」はオリコンチャート初登場3位を記録、5月にリリースした。またファーストDVD「Sincerely Yours」は初登場4位を記録!
今回、雅-miyavizm-と結婚したことで、1月に芸能界を引退した。2月24日の27歳の誕生日には、雅-miyavizm-のバンド仲間なども呼んでバースデー・パーティー「雅―miyavizm―の奥さんを祝う会」が行なわれた。

最後の“特ダネ”は「紀香と陣内の離婚」記事…。スポーツ報知文化部の国分記者がレース部長に昇進!!

数々の芸能スクープを連発し続けてきた報知新聞(スポーツ報知)文化部の辣腕?記者・国分敦次長の異動が決まったという。何と4月1日付でレース部に異動するというのである。それも、部長に昇進だ。馬はもちろんカジノ好きなだけに、今回の異動は大喜びだったに違いない。東京スポーツからスポーツ報知に移ってきた彼は、誰から見ても“勝ち組”の1人だろう。最後の“特ダネ”は「藤原紀香と陣内智則の離婚」だった。それにしても、24日に内示されて、即辞令というのは、正直言って驚かされた。まさに“電撃異動”である。彼とは、色々とあっただけに、異動してしまうのは寂しい限りである。しかし、あと数日。文化部次長の“置き土産”に大きなスクープ記事をやるような気がしてならない…。