ジャーナリストの鳥越俊太郎が「スーパーモーニング」内でガンの肝臓転移を明らかに!

「サンデー毎日」の編集長出身で、現在は、テレビ朝日「スーパーモーニング」でコメンテーターを務めているジャーナリストの鳥越俊太郎が、番組内でガンが肝臓に転移したことを明らかにした。
鳥越は、4年前の05年に直腸ガンが発見、手術している。その後、ガンが肺に転移したことが分かり、07年1月に左肺の一部切除する手術を受け、さらに同年8月には右肺も手術していた。 それから2年…。今度は肝臓に転移していることが分かった、明日(10日)放送から番組を休養し、患部の切除手術を受ける。しかし、またまた今回も闘病生活をドキュメントで撮影してテレビで公開するのだろうか!? まあ、それも、ある意味では、社会復帰への鳥越の執念とジャーナリストとしての考えだと思うが…。いずれにしても再度の復活が待たれる。