海賊版ソフトと“自動認証ツール”を販売していた福岡在住の51歳無職男性を逮捕!! 約9ヶ月で300万円荒稼ぎ!!

北海道警生活経済課と生活安全特別捜査隊、厚別署は、オンライン上のショッピングカートサービスを悪用してマイクロソフトコーポレーションの「Microsoft Windows Vista Ultimate Service Pack 1対応版」をDVD―R計3枚に無断で複製した“海賊版ソフト”を販売していた福岡市在住の51歳無職男性Aを、著作権法違反の疑いで逮捕したという。Aは、昨年9月8日から10月17日までの間、前後3回に亘って海賊版を作り、東京都の男性他2人に販売していたという。
調べによるとAは、海賊版ソフト1本につき、1000〜6200円で販売していたことが分かっている。警察によると、少なくとも平成19年5月頃から販売を始め、逮捕されるまでの約9ヵ月間で、約300万円を荒稼ぎしていたとして捜査を進めている。
Aの家宅捜索では、パソコン1台、デュプリケーター(複製専用機器)などが押収されたという。Aは「生活費を稼ぐために販売していました」と落ち込んでいるらしい。しかし、51歳にもなって、こんなことで生活費を稼いでいたんじゃ、救いようがない!! 更正の道もないだろうから、福岡市で雇って監視の上「生涯奉仕作業」させる以外ない!!
それにしてもAは、悪賢かった。海賊版を作成するための「マスター」には真正品のソフトウェアを購入していた。しかし、ソフトウェアを使用するために必要な個別番号である「インストールID」を生成する「自動認証ツール」などは海外のWebサイトから入手し、一部は商品とセットにして販売していたことも供述している。
 「基本的にはヤフーオークションを閲覧してヤフーIDの情報を入手し、その情報からメールアドレスを推測した上で、オンライン上のショッピングカートのURL等を記載したメールを送付する方法で顧客を誘引していたようです」とコンピュータソフトウェア著作権協会では説明している。

相手役は小栗旬のような男優を要望した!? 前代未聞!現役シンガーが衝撃の AVデビュー!!  …そして即引退!

holiday-P1010430.jpg20090201231420.jpg20090201231316.jpg現役人気シンガーがAVデビュー!? シンガー・ソングライターとしてライブ活動を続けてきた松浦ひろみが、何とAVビデオを極秘撮影しワンショット・デビューしていたことが分かった。タイトルはズバリ「現役シンガー・衝撃デビュー!そして即引退!」。2月1日に発売された。音楽関係者は「現役シンガーのAV出演は前代未聞」と言う――。それにしても、この現役人気シンガー、松浦ひろみのAV出演には、芸能人AVレーベル「MUTEKI」もビックリだ。関係者によると、AV女優が歌手デビューしたケースは多々ある。もちろん「元アイドルとか、現役を退いた元歌手なら前例がある」現に「バスボン」のCMで知られた松本ちえこなんかは、にっかつのロマンポルノばかりかAVも出していた。というものの、現役の人気シンガーがAV作品を出すケースは前代未聞である。しかも内容もハンパじゃない。「こういったAVビデオの場合、イメージ・ビデオっぽくなりがちだが、松浦の場合、本格的なAV作品なので驚きました。4人の男優を相手に、やることはやっている。正直言って本業のAV女優に負けていません」とAV関係者も舌を巻くほどだ。松浦は、84年8月31日生まれ。05年9月にシングル「Cruel」で歌手デビューした。人の心の中に渦巻く感情を独特の世界観で表現するシンガーソングライターとして、都内のライブハウスを中心に活動。プロデューサーは、元”米米CLUB”でギターとキーボードを担当していたジョプリン得能。06年に発売した第2弾シングル「SAVE ME」なんかは、少女コミック「蜜蜜ドロップス」のPS2ゲーム・ソフトのオープニング曲にも抜擢され評判となった。これまでにシングル3枚とアルバム1枚を発売し、音楽配信では昨年11月から今年1月にかけ3ヶ月連続で新曲を連続配信するなど、シンガーとして着実に実績を上げている。まさに、順風満帆なはずだが、ここにきてAV出演とは一体、どういった心境の変化があったのか? 早速、松浦本人に直撃してみた。「実は、1年間悩んだんです。今の時代、シンガーソングライターとして地道に活動していても注目されないし、他の人には出来ないことをやるしかないと思った」。AV出演は、自分の意志で決めたと言う。もっとも、周囲のスタッフに相談したら、驚きながらも反対する人はいなかったと言う。「1人ぐらい誰か、止める人がいるかと思ったんですけど、やっぱり本心は、私の裸を見たかったんですね」。撮影は、昨秋10月に都内で極秘に行なったと言う。「覚悟を決めていたけど、正直言って、まだ不安はあります。でも、自分なりに頑張ったし、手を抜かず本気にやり切ったので後悔はしてません」。もっとも、これまで、自分の作品のイメージ・ビデオやプロモーション・ビデオは何本も撮影してきたが、AVは勝手が違う。「プロモーション・ビデオとかは作り込んでいるし、直しがききますが、AVはライブですからね。その時の流れによっても内容が変わるし、とにかく一発勝負だから」。 しかし、撮影中も含め、現在も撮った作品は全く観ていないという。ただ、撮影で一番辛かったのは、「潮吹き」のシーンだったと言う。 「日常では1回も経験しなかったことですからね。しかも、指でやられたので痛くてたまりませんでした。撮影前に水を大量に飲まされたのも辛かったし、しかも、それが1日目の撮影だったのでよけいに辛かった」。 因みに、撮影に際しては、男優には拘ったという。「AV男優の名前は知りませんが、イケメンで、アソコの大きくない人をリクエストしました。ただ、小栗旬のような男優をリクエストしたんですけど、監督から『それは無理だ』って言われました。4人を相手にしたんですが、まあ、AVビデオで顔の見たことのある人だったし、いいかなって」。 ビデオは2月1日に発売されたが、現時点では発売記念の握手会やサイン会などのイベントは予定していない。今のところ4月に発売するセカンド・アルバムに全力投球する方針のようだ。既に2月26日と3月31日に川崎のクラブチッタでライブが予定されている。 「私の場合、マルチ・シンガーソングライターと言っているんです。ですから、歌もやるし、ラジオのディスクジョッキーもやる。今回、その中にAVが追加されたって感じですね」。

“日本版グラミー賞”「日本ゴールドディスク大賞授賞式」。今年は東京国際フォーラム・ホールCで開催へ!!

20080304182434.jpg今年23回目を迎える㈳日本レコード協会主催の「日本ゴールドディスク大賞授賞式」が、今年は3月2日に東京・有楽町の東京国際フォーラム・ホールCで行なわれることになった。昨年の“アーティスト・オブ・ザ・イヤー”はEXILE【写真】だったが、果たして今年は…。
「日本ゴールドディスク大賞」は、87年に制定された。選考基準は、レコードの売上げ。いわばレコード産業に貢献したアーティストを表彰するもので「日本版グラミー賞」として?日本レコード協会は位置づけていうる。制定当時は、レコード産業も好調だった。一時はメガ・ヒットが続出した。しかし、ここ10年のレコード産業は斜陽。もっとも、伸び悩むCDに対して音楽配信が伸長したことが幸いだったが…。
20回までは、東京・渋谷のNHKホールで行なわれていたが、21回目と22回目は授賞式だけで終わっていた。しかし、今年から再び受賞アーティストのセレモニーとライブ・パフォーマンスが行なわれることになった。授賞式の模様はTOKYO FMが生中継(18時〜22時25分)する他、テレビでもWOWOWが3月10日の19時から2時間枠で録画放送される予定だという。
それにしても、司会は例年の赤坂泰彦はいいとして、その相手に久保純子が復活するという。クボジュンとは正直、ちょっと鮮度に乏しい司会である。