松山千春映画「旅立ち~足寄より」。公開1ヶ月が過ぎても大評判!新宿シネマートは「満席」で“札止め”に!!

20090221182856.jpg東京・新宿の新宿シネマートで公開中の映画「旅立ち~足寄より」。1月24日から全国公開がスタートし1ヶ月過ぎた。こういった映画は、だいたい4週間の公開。それでも入らない場合は3週間で打ち切ってしまうケースもある。「桜の園」がいい例である。そういった中で、新宿トーアは予定の4週間が終了し、公開作品が切り替わったが、新宿シネマートは、公開が延長になったようである。
最近、沖縄ばかりに行っていて、様子を見ていなかったので、公開日以来1ヶ月ぶりに新宿シネマートを訪れてみた。すると、何と「満席」である。約100席ある劇場は立ち見も出て“札止め”となった。最終的に入場も出来ない状態になった。
いうまでもなく、「旅立ち~足寄より」は、松山千春の自伝的小説「足寄より」を映画化したものだった。キッカケは、06年にユニバーサル ミュージックから発売されたCDドラマ「足寄より~旅立ち編」だった。松山千春役を塚本高史、そして千春の“育ての親”STVラジオの竹田健二役とナレーションを、当時、NHK「プロジェクトX~挑戦者たち」のナレーションで人気だった田口トモロヲが演じた。人選もよく、朝倉薫の脚本・演出も力が入っていてCDドラマは感動を呼んだ。発売に合わせてFM NACK5で3回に分けて放送した。現在では、沖縄の琉球放送でも放送され評判となったと言う。そして映画化…。
「ぴあ」による、映画の「満足度調査」では堂々1位にランクされ、千春のファン以外にも訴求した。映画評論家のおすぎも、CDV−JAPANの会報紙のコラム「おすぎのビデ・シネ・プレビュー」の中で「爽やかに観ることの出来た作品」とした上で「千春役の大東俊介クンの熱演あり、竹田役の萩原聖人の公演、父親役の泉谷しげるの存在感もあって、私心を越えてスッキリと描きあげた青春映画の佳作となっている」と絶賛。さらに「ラストには涙が止まらなくなり、試写室が明るくなってしまい、映画の中で千春がかけていたサングラスが欲しいぐらいだった」と記している。
いずれにしても、公開1ヶ月。まだまだ評判を呼んでいることは確か。都内での公開では今後、銀座・有楽町地区でも劇場のスケジュール次第でスタートするとも。また、東京以外でも沖縄では琉球放送の主催で本島や宮古島などでの公開が決まり、我が出身の静岡県も浜松が2月28日から公開されるが、静岡第一テレビの働きかけもあって静岡と沼津でも公開されるなど、まだまだ公開は拡大されていく。

キャバ嬢上がりで大成功!?  1桁ドラマ続出の中で“影の視聴率女”と噂される釈由美子!!

釈由美子といえば、六本木のクラブ“チック”のキャバ嬢から着実に女優にステップアップしてきた女性として知られている。2月23日からは4夜連続ドラマ「血液型別オンナが結婚する方法♪」に出演するが、実は、釈は、ここ2〜3年のドラマ不況の中で、ここ最近は“影の視聴率女”と噂されているらしい。「実は、釈由美子の出演するドラマというのは過去に視聴率1桁台はないんですよ」。六本木界隈を根城にする不良パパラッチが、そう耳打ちしてくれた。そう言えば、テレビ朝日の「7人の女弁護士」も12〜13%。フジテレビ「薔薇のない花屋」も”月9”だとは言え、15%以上を獲得。他にも、いくつかゲスト出演したドラマがあるが、確かに、1ケタのドラマはない。これは偶然か!? もっとも、映画「銀幕版 スシ王子!〜ニューヨークへ行く〜」は大コケだったけど…。いずれにしても、CMでしか人気の出ない上戸彩とは違う!?いずれにしても、今や、どこのチャンネルのドラマを見ても視聴率1ケタだらけ。そういった中で、釈の、このジンクスにあやかろうと、各局のドラマのプロデューサーや大物俳優たちが、釈のもとに群がって来ていると言うのだ。いやいや、09年の下期のドラマは釈由美子の半年になるんじゃないか!?

六本木パパラッチ情報!! “破局”の原因はイケイケの菅野美穂がオタクな稲垣吾郎に愛想つかした!?

SMAPの稲垣吾郎と女優の菅野美穂が破局したという報道があったが、実は、現在でも2人の交際は続いているとも言われている。ただ、六本木界隈では2人の関係について、こんな噂が飛び交っている。
「実は、破局と言われる原因は菅野美穂のホスト遊びにあるようなんです」
とは、六本木を徘徊する不良パパラッチ。
今や、日テレの主演ドラマ「キイナ 不可能犯罪捜査官」が絶好調の菅野である。1ケタ視聴率が出揃った日テレのドラマの中で、唯一、平均視聴率15%を維持しているのだから大したものである。年末からはNHKのスペシャル・ドラマ「坂の上の雲」にも出演が決まっている。女優としてノリノリなのだ。
この菅野が、六本木界隈でもノリノリだというのである。
「菅野は時間のある時は必ずといっていいほど、六本木のサパークラブで女友達と豪遊していますよ。よく、深夜に大騒ぎしているところを見かけます」(前出の不良パパラッチ)。
しかし、ノリノリの菅野を横目に、稲垣はジミらしい。
「正直、10年近く六本木にいるけど、稲垣がキャバクラ遊びしているという噂は聞いたことないし、もちろん見た事はない」(六本木の黒服)。
不良パパラッチでさえ「ダチの情報なんだけど、稲垣はプライベートでは宇多田ヒカルの家でゲームばかりしているみたいだね」と苦笑いする。
なるほど。となったら、もし2人が本当に破局していたというのなら、それは、イケイケの菅野美穂がオタクな稲垣吾郎に愛想つかしたといったところかもしれない!?

「第23回日本ゴールドディスク大賞授賞式 」青山テルマ feat. SoulJa、EXILE、キマグレンなど出演決定!!

20080304182356.jpg3月2日に東京・有楽町の東京国際フォーラム・ホールCで行なわれる㈳日本レコード協会主催「第23回日本ゴールドディスク大賞授賞式」の第1次出演アーティストが決まった。
現時点で決まったのは、青山テルマ feat. SoulJa、秋元順子、綾小路きみまろ、EXILE、GIRL NEXT DOOR、キマグレン、木山裕策、ジェロ、JUJU feat.Spontania、DJ KAORI、東儀秀樹、久石譲、宮本笑里、山中千尋、Lil’Bなど。
当日は、授賞式の他、受賞アーティストのライブ・パフォーマンスも行なわれる。
司会は、赤坂泰彦氏と久保純子。今回は司会者コンビに新鮮さがないだけに、受賞アーティストが輝いて見えるに違いない!!
授賞式の模様は、TOKYO FMが17時から 21時25分までの4時間25分にわたって生放送する他、テレビはWOWOWが3月10日(火)の19時00分~21時10分まで放送する。

【写真】昨年“アーティスト・オブ・ザ・イヤー”を受賞したEXILE

mihimaru GTのhirokoが米人気ロックのオール・アメリカン・リジェクツとコラボして世界デビュー!!

holiday-mihimaru GT .jpgholiday-AAR.jpg人気ユニットmihimaru GTのボーカル、hirokoが、4人組の米人気ポップ・バンド、オール・アメリカン・リジェクツ(AAR)とのコラボレーションで世界デビューすることになった。彼らの新曲「アナザー・ハート・コールズ」で共演するもので、3月4日に発売されるアルバム「ホエン・ザ・ワールド・カムズ・ダウン」に収録される。
 AARは、mihimaru GTと同じ03年にアルバム「オール・アメリカン・リジェクツ」でデビューし、プラチナム・セールスを記録した。その後、セカンド・アルバム「ムーヴ・アロング」(05年)は200万枚を超えるセールスとなり、米ティーン・エイジャーの間では大人気になっている。中でも、ボーカルのタイソン・リッターは米国ではイケメン若手ロッカーの代表格として知られ、音楽活動以外に俳優としても活動している他、ファッション誌の表紙を飾ったり、ファッション・ショーにも登場。米国の人気ブランド「Hugo Boss」のモデルにも起用されている。
 今回、hirokoとの共演は、AARからの熱望だった。関係者によると、「youtube」で日本の女性アーティストを探していたところ、着物姿で歌うhirokoが目に留まり、メンバーの“総意”としてアプローチしてきたという。
とは言っても、レコーディングは両者のスケジュールが合わず、発売日も迫っていたことから、AAR側から日本にマスターを送り、それにhirokoが歌を乗せるという形で行なわれたようだ。レコーディング後にhirokoのボーカルを聞いたタイソンは、普段、英語で歌わないアーティストの歌とは思えないほどの表現力とオリジナリティに大絶賛だったそうで
「hirokoは美しい声と、彼女にしか表現できない情熱を、僕たちの『アナザー・ハート・コール』にもたらしてくれた。春に咲き誇る桜のように、hirokoは日本でオール・アメリカン・リジェクツに新しい命を吹き込んでくれた」
とコメントを寄せてきた。一方、hirokoも
「楽曲、歌声、演奏に心を摑まれました。歌詞の世界の中の女の子の気持ちが、私も恋愛中に経験したことのある、愛するがゆえに求めてしまう気持ちだったので、その世界に言葉関係なく入り込んで歌うことが出来ました。国境を越えての参加はとても刺激になり、このような機会をいただけたことに深く感謝しています」
と興奮気味に語っていた。
因みに、「アナザー・ハート・コールズ」は“オール・アメリカン・リジェクツ hiroko from mihimaru GT”の表記となる。
同アルバムは、全米で初回50万枚の出荷からスタートするといい、ビルボード・チャート初登場5位以内を狙うと言う。ターゲット層は10~20代。
発売に先駆け「着うた」「着うたフル」の音楽配信も18日から開始されている。デビュー6年目を迎えるmihimaru GTだが、ついに音楽業界の頂点に立つ――。

元“はっぴいえんど”でギタリストの鈴木茂が大麻取締法違反で東京湾岸署に現行犯逮捕!!

20090218161049.jpg小向美奈子を収監していた警視庁東京湾岸署が、今度は乾燥大麻を所持したとして、ギタリストで音楽プロデューサーでもある鈴木茂を大麻取締法違反(所持)の現行犯で逮捕した。鈴木は、17日午後2時ごろ東京・青海の路上で乾燥大麻約27gを所持していた。容疑を認めている。
鈴木は、70年代に細野晴臣、大瀧詠一、松本隆らとロック・バンド“はっぴいえんど”を結成し、一大ブームを作った。その後も、細野、林立夫らと”ティン・バン”などを結成して活動した。堀ちえみの曲などをプロデュースしていた。最近は、ゆずや福山雅治のレコーディングにも参加していたようだが、目立った活動はしていなかった。
それにしても、今回は「覚醒剤」ではないものの、薬物で逮捕される芸能人が増えている。

ネットオークションで海賊版音楽CDを販売した42歳男性会社員に懲役1年の実刑判決!!

618w%2BEUFBwL__SL500_AA240_.jpg岩手・盛岡地方裁判所は、インターネットオークションを利用して音楽CDの海賊版(CD−R)を販売していた横浜市在住の42歳男性会社員Aに対し「懲役1年の実刑判決」を下した。
Aは、昨年7月上旬、ビクターエンタテインメント㈱が権利を持つアルバム「MINMI Best 2002‐2008」(ヒット曲の「Another World」などが収録されている)を無断でCD−Rに複製、インターネットのオークションを使って販売していた。Aは、通常の販売価格3800円のものを2200円で売りまくっていた。
昨年9 月24日、盛岡東警察署と岩手県警生活環境課が、著作権法違反の疑いでAを逮捕、10月14日には盛岡地方検察庁検察官が盛岡地裁に提起していた。その後、同種余罪事件の追起訴や公判審理を経て今回の判決が下された。
それについても、初犯にも拘わらず執行猶予のつかない実刑判決とは厳しい。
㈳日本レコード協会などでは、今後も警察や関係団体と協力して、インターネットオークション等を利用した悪質な著作権侵害行為の取り締まりを積極的に取り組んでいくというが、この種の事件で厳しい判決が出る流れは止められない。Aも42歳にもなって、こんなつまらないことで一生を棒に振ってしまうのだから、実に割りの合わない商売をしていたものだ。

世界のロックファンに大いなる影響を与える可能性を秘めている――ディルアン グレイが英ロック誌表紙に登場!!

UNKNOWN_PARAMETER_VALUEロック・グループ“Dir en grey(ディルアングレイ)”が英国の有数なロック誌「KERRANG!」の表紙に日本人アーティストとしては初めて登場して以来(掲載されたのは1月21日)大きな話題になっている。表紙に掲載されたのは、ボーカルの京。同誌のパウル編集長は「世界のロックファンに大いなる影響を与える可能性を秘めている」と起用の理由を述べている。
Dir en greyは「世の中の矛盾や人のエゴから発生するあらゆる痛みを世に伝える」ことをコンセプトに97年に結成した5人組。今年12年目を迎える。インディーズ時代から東京・日本武道館を中心にしたライブを続け、99年にワーナーミュージック・ジャパンからメジャー・デビューした。現在はソニー・ミュージック。
デビュー以来、リリースするシングル、アルバムは全てオリコン・チャートでベストテン入りを果たしている。02年には香港、ソウル、上海、台北でアジア・ライブを繰り広げ話題を独占。その後、活動の幅をヨーロッパに広げ、日本ブームに沸くヨーロッパ各国で爆発的人気となった。06年には米国にも進出、アルバムはラウドネスに続いてビルボードで100位内にラックイン。3年に亘って全米ツアーも繰り広げ、ビルボード誌では、異色の日本人ロック・グループとして大特集された。
今回、表紙に起用した英ロック誌「KERRANG!」は、81年に創刊されたヘビメタ系の専門誌。「世界でもっとも売れているロック誌」がキャッチフレーズになっている。
「Dir en greyは、世界のロックシーンの中で今一番興味が持たれている。独創的で、力に溢れ、得たいの知れないバンドの1つに数えられている。今、表紙に飾るには完璧なタイミングのグループ。今後、イギリスや世界各国で、どのような活動を繰り広げていくか期待している」
とパウル編集長は異例のコメントを出している。
因みに、最新アルバム「UROBOROS」は、北米のビルボードの新人チャートで1位にランクされている。

ジェイムス・モリソンとAIが“日英デュエット”。同時発売の両者の最新アルバムに収録へ!!

holiday-zpfile001.jpgholiday-JamesMorrisonoffcialphotobyLeeStrickland.jpgUKで人気NO1のニューフェイス・ソングライター、ジェイムス・モリソン(25)が、注目度NO1のR&BシンガーのAI(28)とデュエットしていることが分かった。「ブロークン・ストリングス」という曲だが、もともとは、自身のセカンド・アルバム「ソングス・フォー・ユー」の中で、ジェイムスがカナダ出身のグラミー賞アーティストのネリー・ファータドとデュエットしている。今回、AIとデュエットしたのは、3月4日に日本発売するにあたって、人気の高いAIをジェイムスが指名した。同曲は、ジェイムスのアルバム「ソングス・フォー・ユー」と同じ日に発売するAIの最新アルバム「AI VIVA A.I.」にも収録される他、今後、シングル化され世界発売することも計画されてい
るという。
 ジェイムスは、英国のラグビー選手から転身した異色のシンガー・ソングライター。3年前の06年にシングル「君に逢えて良かった…。」でデビュー。美しいメロディーとハスキー・ボイスで人気になった。本国の英国はもちろんヨーロッパ、オーストラリア、日本で一大旋風を巻き起こしている。
デビュー・アルバム「ジェイムス・モリソン」は英国では初登場1位を記録、日本でも日本レコード協会が“ゴールド・アルバム”に認定している。すでに世界セールス300万枚を突破、07年にはダイアナ妃追悼コンサートにも出演している。今回、日本発売するアルバム「ソングス・フォー・ユー」も英国では既に30万枚を売上げているという。
ところで、AIとのデュエットは、日本人アーティストとのコラボレーションを要望したジェイムスが、日本のレコード会社から送られてきた30数組の女性アーティストの中から指名したと言う。もっとも、いくら「やりたい」と言ってもレコーディングのタイミングが合わない。結局、ロンドンと日本で先ごろ同時に行なわれることになった。しかし、ジェイムスは「素晴らしい作品に仕上がった。AIとのデュエットは間違いがなかった」と大絶賛だったと言う。
一方、AIは「(ジェイムスは)魅力的で美しいハスキー・ボイス。誰でも1度聞いたら忘れられない声だと思う。今回コラボさせてもらった『ブロークン・ストリングス』は強く美しく切ないメロディーと歌詞で、初めて聞いた時からかなりハマリました。こんな素晴らしい声のアーティストとデュエットできて、本当に嬉しかった」とコメントしていた。

■AIのアルバムはEXILE ATSUSHIとのデュエット曲「So Special」なども収録… 

デュエット曲の「ブロークン・ストリングス」は、3月4日に発売されるジェイムスの最新アルバム「ソングス・フォー・ユー」とAIの最新アルバム「AI VIVA A.I.」に同時収録されることになっている。
 AIのアルバムは、オリジナルとしては約15ヶ月ぶりのもの。EXILE ATSUSHIとのデュエット曲「So Special」や作曲家の白石譲氏と組んだ大ヒット映画「おくりびと」の主題歌(同タイトル)なども収めている。全体的にはマドンナやブリトニー、ジャネット・ジャクソン等をプロデュースする海外プロダクションチームと制作したといい渾身のアルバムに仕上がっている。
 今回、ジェイムスとのデュエット曲も収録することになったことから「よりクオリティの高いアルバムになった」と関係者。

覚醒剤で逮捕の小向美奈子の保釈金150万円は誰が…。出版社、週刊誌は“差し入れ”で取り込み作戦展開!?

UNKNOWN_PARAMETER_VALUE覚醒剤取締法違反(使用)で逮捕されたグラビア・タレントの小向美奈子が16日夕方、保釈された。小向は、東京・六本木の瀬里奈前の路上で覚醒剤所持で現行犯逮捕(1月22日)された。当初、東京地検の調べに対して小向は「覚醒剤なんて見たことがない」と嘯いていたが、すぐに観念。数年前から覚醒剤を使っていたことを認め「反省しています」。その中で覚醒剤の使用は「芸能界関係の知人に勧められた」と供述していると言うから今後、芸能界の“覚醒剤汚染”が明らかになっていく可能性がある。
小向は12日に覚せい剤使用の罪で起訴された。しかし、初犯だったことと所持していた覚醒剤が微量だったことから“大甘”の「不起訴処分」となる見込みだ。因みに、16日に保釈が認められた小向の保証金は150万円だったと言う。
それにしても、事務所をクビになって、その後は“住所不定”(出身は埼玉県蓮田市)でブラブラしていた小向の保釈金を誰が支払ったかである。12日に起訴され、16日の保釈まで4日間あったが、その間に、保釈金を肩代わりした人物が出てきたと言うことになる。
実際、小向が釈放されると週刊誌にとっては、オイシイ存在になることは確か。小向にとっても、弁護士費用や裁判費用、生活費など金は必要である。だいたい“住所不定”で逮捕された小向にとって、清純な?グラビア・アイドルのイメージなんていうのは“過去の栄光”。もはや失うものなんてない。今さらOLになることも出来ないし、真っ当な生活は出来るわけない。これからは“ドロドロ・アイドル”の道を歩むしかない。とりあえずは、週刊誌のインタビューを受けたり手記を書いたり、あるいはグラドルの裏側を、さらに暴露したり…。
「実は、小向に対して出版社や週刊誌の関係からの差し入れが凄かったようです。やっぱり思惑があるんでしょうね」(業界関係者)。
…そして、出尽くしたところでAVでデビューっていうことになる。
AVに転身なら、おそらく、AVメーカーの争奪戦が展開されるだろう。芸能人レーベルの「MUTEKI」なら、写真集との連動で1億円ぐらい出す可能性もある。AVの前に、写真集とビデオ映画ということも考えられる。いずれにしても、脱ぐのは時間の問題だ。
しかし、それ以上に“時間の問題”なのは、芸能界の誰が小向に覚醒剤を勧めたのか? 小向は、その“誰か”を供述したのかが今後、注目されるところである。もしかしたら、勧めた人間が、口封じで保釈金を捻出した可能性もある。情報では「かなり大物」とも言われている。
いずれにしても、どこの週刊誌が小向を落のか? 来週以降の週刊誌が楽しみである。