DVDの低年齢化、過激性は地下に潜った? 5歳女児の前代未聞エロDVD発見!!

image159.jpgimage160.jpgDVD業界の低年齢化は社会問題にもなっている。2〜3年前には「U−15」なんて言われ、当時、中井ゆかりのようにTバックで人気になった中学生もいた。その中井も、今や高校生になってしまった。しかも、去年あたりから、それまでのDVDの低年齢化にブレーキがかかり、世のロリコン族は「犯罪者」のような目で見られるようになってしまった。因みに、自分はロリコンではない!! 中井のように、自ら進んでTバックになるのはいい。しかし、親の都合や勝手で子供を売るのは、やはり問題だろう。まして、朝木智美のように、”U−15″であることを利用して自ら作為的に大人を挑発するようなDVDを出すなんてのは、ある意味で”売春行為”と同じである。こういった淫乱小童は、芸能界から本来追放しなければならないのだが、そういった淫乱小童を面白がって利用しようとする低俗な輩がいることも確かだ。
ま、余談はともかく、その「U−15」で、ロリコンブームになった時、最低年齢は9歳の女の子のTバックDVDだった。しかし、9歳といったら、「崖の上のポニョ」の大橋のぞみと同じである。だが、考えてみれば、その9歳の大橋のぞみを利用しまくったのが、天下のNHKだった。去年の「紅白歌合戦」は、大橋のぞみを利用しまくった。きっと、石原真プロデューサーは”隠れロリコン”なんだろう。そういった意味じゃ、ロリコンブームは、地下に潜ったのかもしれない。
いずれにしても、ここで書きたかったのは、DVDの低年齢化が、実は水面下で進んでいたということだ。業界では”ジュニアアイドル”と言うらしい。しかも、9歳の女の子のTバックなんて言ってはいられない。何と、さらに幼児の5歳児のDVDが出ていたのだ。
「寧々(ねね)ちゃん 5さい」
が、それ。
オイオイ、何とかしてくれよ!! これはヤバイ!!
しかも、発売しているのは「日本メディアサプライ」というビデオメーカーだが、DVDを製作した「たんぽぽレーベル」っていうのは「小学校入学前の限定レーベル」だそうで、ズバリ”U−6”なんだとか。
とにかく、ワンピース姿で
「寧々、5歳です。よろしくお願いします」
と自己紹介から始まる。
ビキニ姿でソフトクリームを舐めさせたり、鹿の縫いぐるみにまたがせたかと思ったら、スカート姿で鉄棒させてパンチラ…。これでもかこれでもかと、ロリロリ・ワールドを展開している。
しかし、この子の親は、どんな親なのか?5歳の我が子を商品としてしか見られないのか? もちろん企画した製作者も問題だ。ツラを見てみたものだ。

囲み取材での大失態!! 何と松山千春の名前を“松山ケンイチ”と間違えた女性レポーター!!

 “注意一秒、ケガ一生”って言うけど、今回の失態は、プロとしてやっぱりマズかった!!
松山千春の映画「旅立ち〜足寄より」のプレミアム試写会でのこと。
舞台挨拶の後、11階でマスコミの囲み取材が行われた。取材に応じたのは松山千春、泉谷しげる、そして主演の大東俊介、萩原聖人の4人。最初は、撮影から。スチール(新聞社のカメラ等)の撮影が行なわれ、続いて、ムービー(テレビカメラ等)。その後、囲み取材が行なわれた。
泉谷と千春が場を盛り上げ、レポーターのインタビューも佳境に…
その時だった。「ここは、レポーターとして質問しなければ!」という使命感だったのか?突然、割って入り込んできた女性レポーターが大東に
「松山ケンイチさんと…」
松山ケンイチ? 周囲は一瞬、シーンとしてしまった。
オイ! 松山ケンイチじゃなく松山千春だよ!
千春は笑っていたが、その場で、レポーターに食ってかかったのが何故か泉谷だった。
レポーターなのに緊張感がない!素人じゃないだから!! だいたい、本人の前で名前を間違えるなんて言語道断!! まして、松山千春だよ! 
女性レポーターは、時事通信社のレポーターだと言うが、このご時世。予算の切り詰めで素人を連れてきちゃったのか?
ところで、名前のいい違いといったら、何と言っても元NHKの生方恵一アナだろう。
1984年12月31日、「第35回NHK紅白歌合戦」で総合司会を担当。この紅白で“現役引退”を公言していた都はるみを「ミソラ」なんて言ってしまった。慌てて「ミヤコ」と言い直したが、この大失態が原因で,翌85年に大阪に異動になった。結局、NHKを辞めることになるが、それにしても、NHKではないが、天下の時事通信社の女性レポーターが“主役”の名前を間違えるなんて、理由はどうであれ、プロとして失格だ!!

松山千春と泉谷しげるが同じ舞台で挨拶!! 映画「旅立ち~足寄より」プレミア ム試写会!

holiday-P1010471.jpgholiday-P1010486.jpgholiday-P1010481.jpgholiday-P1010476.jpgholiday-P1010472.jpgフォークシンガー松山千春の自伝的小説「足寄より」を映画化した「旅立ち〜足寄より」(今井和久監督)のプレミアム試写会が14日夜、東京・有楽町のマリオンの中にある有楽町朝日ホールで行なわれた。全国公開を10日後に控えての試写会は、大いに盛り上がった。
舞台挨拶は、主演で千春を演じた大東俊介、千春の育ての親、STVラジオの竹田健二ディレクター役の萩原聖人、千春の父親を演じた泉谷しげる、その他、石黒賢、伴杏里、奥貫薫らが登壇、スペシャルゲストとして松山千春も駆けつけた。
それにしても盛り上がったのは、泉谷と千春のコンビだろう。千春は、大先輩の泉谷に気を使い、泉谷も、体調が思わしくない千春をかばい、30年来の“仲間”としての思いやりが感じられた。
実は、今回の映画。キャスティングで一番最初に決まったのは千春役でも、竹田ディレクター役でもない。千春の父親――松山明役の泉谷しげるだった。しかも、この役は、泉谷から“指名”してきた。
「こんな利かん坊を、どう育てたのか研究した」
という泉谷。演じてみて
「話には聞いていたが、あんな(寒い)所で、よく生きられたものだと感心した。正直言って、あの寒さと厳しさを乗り越えてきたことに改めて驚いた。とにかく、自分のキャラを抑えて演じた」
と言う。千春は
「自分の本当の父親かと思うぐらいの演技だった。素晴らしかった」。
また、主演の大東に対しても千春は
「彼は爽やかだし、頑張ってくれた。もっとも、おれの方がカッコよかったけどな」
と千春調に絶賛していた。
それにしても、千春と泉谷が1つのステージに立つなんてことは、おそらく、これが最初で最後のことだろう。そういった意味でも“プレミアム”な試写会となった。
今回の試写会には、女優の田中美里や元光GENJIの諸星和己なんかも来た。また、元かぐや姫の“正やん”こと伊勢正三も駆けつけてきた。正やんは、映画を観て「いいものを観せてもらった。面白かった」と感想を漏らしていた。
公開は1月24日から。
東京は新宿トーア、シネマート新宿、渋谷シアターTSUTAYA。愛知県は名古屋シネマスコーレ、中川コロナシネマワールド、小牧コロナシネマワールド、ミッドランドシネマ名古屋空港。大阪はシネ・リーブル梅田、シネマート心斎橋、布施ラインシネマ。福岡はシネ・リーブル博多駅、小倉コロナシネマワールド。宮城は仙台コロナシネマワールド。
なお、静岡地区は静岡第一テレビ主催で公開される予定。また、沖縄地区も琉球放送の主催で本島の他、石垣島や宮古島など各島々でも公開する。