開局55周年の放送史に新たな一コマ!? 松山千春が沖縄のAM局・琉球放送からFM NACK5「ON THE RADIO」生放送!!

20090111214010.jpg沖縄に来て、初めて沖縄の放送局「琉球放送」に入った。琉球放送は、那覇の松山の交差点の傍にあるが、局の入っている「琉球放送会館」には、TBS系の「琉球放送」と、テレビ朝日系の「琉球朝日放送」が同居している。しかも、「琉球朝日放送」の局員は、殆どが「琉球放送」からの出向社員だという。非常に珍しい局なのだ。
この「琉球放送」は、テレビとラジオを持っていて、系列には沖縄の新聞「沖縄タイムズ」がある。とにかく、沖縄県最大の放送局だ。
この「琉球放送」では、毎週、FM NACK5で生放送している松山千春の「ON THE RADIO」をネットしている。FMラジオをクロスネットしているわけだが、今週は、初めて沖縄から生放送した。「沖縄から1回、放送したい」と言い続けてきた千春だったが、放送開始18ヶ月目にして、ようやく実現した格好だ。それにしても、琉球放送は今年、開局55周年だが、AMのラジオ局「琉球放送」からFM局の生番組を送り出すのは、さすがに初めてのこと。スタッフも「心配した」という。ある意味で、これも放送史に残ることだったと思う。
しかも、千春が30数年ぶりにRBC琉球放送に来るということで(千春によると、デビュー当時に1回だけ琉球放送を訪れたことがあるらしい)、取締役ラジオカンパニー長・山内裕幸さんをはじめ、ラジオカンパニー・ラジオ局次長兼営業部長の富村元一さん、ラジオ局次長兼編成制作部長の安谷屋英作さん、局次長の知念豊さん…とにかく、大勢の幹部の人が出迎えていた。
生放送は第一スタジオで、ラジオスタジオとしては一番広い場所だったが、とにかく機材がアナログで古い。驚いた【写真】。一番、驚いたのは、会議用の長テーブルの上に放送機材が置いてあったこと。いや、まさに“現代の化石”のようなスタジオだった。技術の関係者が
「今、デジタル化を進めている所なんですよ。まずは、琉球放送のテレビの方からデジタル化して、次は琉球朝日放送。で、最後にラジオのスタジオを整備します。とにかく、予算がかかることですからね。何だかんだと少なくとも52億円はかかりそうです」
と言っていた。
52億円…。この沖縄で、この整備費は辛いだろう。
しかも、この第1スタジオに暖房設備がない。ここ2〜3日、沖縄は寒さが続いているだけに、スタジオは冷え冷えだった。
ところで、千春といえば映画「旅立ち~足寄より」だが、1月24日の公開を前に14日には、東京・有楽町の朝日ホールで“プレミアム試写会”が行なわれる。当日は、舞台挨拶に出演の大東俊介や萩原聖人、石黒賢、泉谷しげるが来るが、千春も会場に駆けつけることになっている。先行公開された北海道は大ヒットで、あの「桜の園」の全国興行収入と同じくらいの成績になっているという。

ついに新成人の喧嘩で逮捕者が出た沖縄の“祝賀パレード”。国際通り「三越前 」は大パニックに!!

holiday-P1010451.jpgholiday-P1010461.jpgholiday-P1010454.jpgholiday-P1010457.jpg那覇・国際通りの中心地にある「三越」の前の広場で、新成人が気勢を上げていた。そこで、酔った新成人の喧嘩が…。パトカーや装甲車が続々と集結。どこに待機していたのか、警察が各方面から次々に集まってきて周辺は大パニックに。新成人2人が逮捕されたが、逃走した輩もいたようだ。たまたま、三越前で撮影したが、それから数分後には収拾がつかない状態になっていた(もっとも、喧嘩の瞬間は丁度、その場を離れてしまって撮り損なった)。
テレビ各局は、沖縄のテレビ局は当局からの要請?で取材を自粛しているからか、東京から取材のテレビ・クルーが来ていた。しかし、テレビカメラを向けると、ワザと暴れようとする輩がいたことも事実。しかし、通りでは3~4人の少数の新成人にも10人ぐらいの警察が近づき持ち物検査。拡声器の電池を取り上げたり、何故かカメラの電池まで抜き出していた。いやいや、噂には聞いていたが、一度は見ておきたい新成人の“祝賀パレード(行進)”だろう。

警官はピリピリ!! パトカーのサイレンが鳴り響く中、那覇・国際通りで新成人の“祝賀パレード”

holiday-P1010439.jpgholiday-P1010437.jpgholiday-P1010436.jpgholiday-P1010435.jpgholiday-P1010433.jpg那覇市の国際通りにパトカーのサイレンと若者の掛け声が鳴り響いた。警官や機動隊が集まってきた。
成人式が終わった新成人の“祝賀パレード”が始まった。
新成人には、警官が同行し実に盛大なパレートが敢行されていた。
カメラを向けると、新成人は気さくにポーズを取ってくれた。でも「危ないからどいて、どいて」なんて、警官には睨まれた。しかし、地元のテレビ局などマスコミが扱わないのなら、この【ヘッドロック】が第一報で現場を激写することにした。
寒かった沖縄は、急に熱気に包まれていた!?

これが日本?「新成人の暴動を報じるな!!」全国で初!沖縄県内で成人式報道の自粛を要請していた!!

20090111145358.jpgそう言えば、この連休は「成人の日」だった。
で、沖縄県内でも成人式が行なわれているらしいが、沖縄と言えば、全国でも“暴れん坊成人”が多いという。その沖縄で、とんでもない“報道規制”が敷かれたというのだ。
この“報道規制”を、地元の新聞「沖縄タイムズ」が報じていた【写真】。
まずは【名護市】
「成人式当日の車両暴走などの迷惑行為に対する報道が、行為を助長している恐れがあるとして、名護市(島袋吉和市長)は、各報道機関に対し『報道の配慮』を求めている。市が成人式報道で配慮を求めるのは初めて」
成人式典は11日に市民会館で行なわれるらしく、名護市の新成人は873人いるという。
一方の【那覇市】
「那覇市国際通り商店街振興組合連合会(中村政人理事長)は、マスコミに対し、祝賀パレードと称して『徒党を組んで練り歩く』一部の新成人の行動などを大きく報じないよう自粛を求める文書を送付した。同連合会は『観光立県である沖縄県、国際通りのイメージダウン』。ほとんどの新成人の方々は、希望と責任を胸に『大人の仲間入り』を確認している」
というのだ。
“配慮”とか“自粛”とか言っているけど、事実上のマスコミに対する“圧力”であることは確かである。確かに、マスコミに扱ってもらいたいがために暴走するガキどももいるだろうが、それはそれとして沖縄県内のマスコミは「ハイ、分りました」と要請を聞くのか? ぶっちゃけ、聞いちゃうみたいで、地元のテレビ局は、東京から取材の要請が来てもカメラは出さないらしい。
「那覇市国際通り商店街振興組合連合会」でいうのは、そんな力があったのか? まさか、言うことを聞かないと「CMを出さない」なんて、トヨタの奥田さんみたいなことを言っているのかも…。しかも、国際通りは毎週、休日は“歩行者天国”なのだが、成人式に当たる今回の連休は歩行者天国にしないという。裏で、県警とタッグを組んだわけだ。やっぱり、沖縄県と言うのは“伏魔殿”的なところである。
もっとも、こし、これが沖縄県以外だったとしても、要請があったら、やっぱりマスコミは聞いちゃうのだろうか? ま、聞いてしまうだろうな…。

“100年に一度の不況の津波”で観光客が減っている沖縄は、気温も12、13度と寒かった!!

20090111140430.jpg沖縄にきた。
東京は“冬”でも、沖縄は南国。暖かいに違いないと思っていたが、思ってもない寒かった。沖縄空港に着陸する直前、機内放送で「沖縄の天候は曇り。気温は15度です」と流れた時は、耳を疑った。15度!? 正直、20度ぐらいはあると思っていたか…。ところが、那覇に着いたら、15度どころか、12度とか13度。機内放送に騙された!? いずれにしても、この寒さを“体感”したことで南国・沖縄に対する認識が変わった…。
ところで、やっぱり“100年に1度の不況の津波”は、沖縄にも…。観光客の人数は、例年より少ないらしい。そう言われたら、この連休でも、那覇市内のホテルは満室になってないようだ。国際通りも人通りは、それほど多くない【写真】。もちろん、オフシーズンだろうけど、今年は違う。寒さは天候ばかりではないようだ。しかも、風が強よかった。どうやら景気とも比例しているようだった。これは“実感”した。