“U―15”の旗手・中井ゆかりが14歳の女子中学生をプロデュース!! Tバック水着でウナギと撮影!?究極の“U−15”目指す!

holiday-holiday-P1010418.jpg“中学生のTバック”で話題を独占した“U−15”の旗手・中井ゆかりが、何と、14歳の女子中学生をプロデュースするという。14歳でデビューした中井も、時が過ぎて今や16歳。“U−15”を抜けて高校生になってしまった。自らは、もはや話題性に欠けると考えたのか、何と、新たな展開として今度は自ら“U−15”をプロデュースしようというのだ。さすが、祖父が「東京大学名誉教授」だけあって、孫の発想も違う!?
プロデュースするのは「静実芽(しず・みめい)」。話題の「静岡空港」の玄関口と言われる静岡県牧之原市の出身で現在は?原中学校2年生。名前は、本名だが、名字は「静岡」の“静”を取ったと言う【写真は左が静実芽で右が中井ゆかり】。
「ゆうちゃん」「めいちゃん」と呼び合う間柄で、中井は「究極の“U−15グラビア・アイドル”を目指す」と意気込んでいる。
「静岡だから、お茶畑でグラビア撮影したい。そうそう、ウナギと一緒にヌルヌルなグラビアを撮るのもいいですよね。もちろん、Tバックで水着です。私はBカップですが、めいちゃんはCカップなんです(身長は158)。中学生にしては色っぽいスタイルをしているんですよ。大胆な中学生グラビア・アイドルにしてみせます」。
と中井。何とも頼もしい16歳だ!!
来週にも”試し撮り”をして、今月の末から本格的な撮影に入ると言う。
「最初は雑誌のグラビアあたりからスタートすることになると思います。楽しみにしていてくださいね」。
ところで、中井ゆかり。自分はどうなのか?
「今、DVDを撮っているんです。去年は、学校生活をエンジョイしちゃいましたからね、今年は私自身も本格的に活動しますよ。そうそう、私、高校でベスト3に入っているんですよ。テストは1位なんだかど、授業態度や生活態度が悪いから先生から『失格だ』って言われちゃった。で、ベスト3なんです」
見かけと違って意外に謙虚?