若麒麟の“クスリ”より朝青龍の“ちゃんこ”だろ!両国・国技館前の「ワールドちゃんこ朝青龍 」で試食!!

UNKNOWN_PARAMETER_VALUEUNKNOWN_PARAMETER_VALUEUNKNOWN_PARAMETER_VALUEUNKNOWN_PARAMETER_VALUE

大相撲尾車部屋の十両力士、若麒麟(わかきりん)が大麻取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕された30日、東京・両国にオープンする(2月1日)横綱・朝青龍の“ちゃんこ鍋屋”「ワールドちゃんこ朝青龍」に、ちゃんこ鍋の試食をしに行った。
 しかし、店の場所は噂には聞いていたが、絶好の位置だった。何と言っても、国技館の正面の真ん前である。よくこんな場所が取れたものだと感心した。前は喫茶店だったらしく、店内は狭い。28人が定員だが、詰めれば33人は入る。…それにしても狭い。しかし、狭いからいいのかもしれない。 とにかく、入り口が派手だ。龍の看板は、何か“ちゃんこ鍋屋”と言うより“中華料理屋”と言う雰囲気。
さて、そんなことは、どうでもいい。早速、ちゃんこ鍋の味見を!!
スープは、思ったよりうすい。濃いかうすいかと言ったら、煮込むからうすい方がいいだろう。「チャンコダイニング若」に比べたら…。おそらく、「若」の場合は、味を統一させるために一括製造しているはずだから、気持ち的に、「ワールドちゃんこ朝青龍」の方が、オリジナリティーがあるのかもしれない。味についても朝青龍がチェックしている。そういった意味では、食べてみる価値はあるかもしれない。しかし、味はどうかと言われたら、本物のちゃんこ鍋の味なんて知らないし、まあ、その人の好みだろう。腹に入ってしまえば同じこと!!
そう言えば、テレビ朝日のレポーターか何かも撮影で試食していたが「おいしい、おいしい」と、色々、食べながら説明していたが、近くで聞いていて「そんなもんかなぁー」と思ってしまった。
ところで、この店は今後、米国にも進出するらしい。まずは、オバマに食べてもらいたい。
しかし、ちゃんこ鍋で舌鼓を打っている最中、国技館前には取材陣が殺到していた。だが、今は、十両の若麒麟の“クスリ”なんかより、問題児横綱・朝青龍の“ちゃんこ”だろう。、ま、若麒麟も「クスリは小向美奈子から貰った」なんて言ったら、これはニュースだろうけど、疑惑に包まれていた力士だっただけに「やっぱりな…」といった感じか。それにしても、相撲は問題児だらけ?

CHAGE&ASKA事実上の解散!!  今後もCHAGE&ASKAを母体とするCHAGEとASKAの活動を!!

人気デュオ、CHAGE&ASKAがホームページで今後の活動に関する見解を明らかにした。
デビュー30周年を迎え、1月いっぱいで“解散”と言われたCHAGE&ASKAだった。報道された時は、「解散ではない」「無期限活動停止」と言ってきたが、この見解を見る限り、事実上の「解散」とも捉える。
結成以来、10年ごとにソロ活動を展開してきた。冷静に考えれば、今後も、こういった活動を続けていけばいいのに…と思うのだが、やはり、そういった活動に踏ん切りをつけたかったのか? “今後もCHAGE and ASKAを母体とする、CHAGEとASKAの活動であることに変わりはありません”と言っているだけで、実際には別々の道を歩むということなのだ。
“解散を含んだ話し合いが行われていたことは事実です”と言っているが、その一方で“今後の活動について、まずオフィシャルファンクラブのメンバーへお知らせするつもりでいました”と吐露するように、最初にマスコミに報道されてしまったことで、2人のプライドは崩れてしまった。そのために、結局は、今回のような中途半端で、意味不明な文章になってしまったのだろう。しかし、1回走り出してしまったことは元には戻れないってことなのだろう。
もちろん、ファンにしてみたら“認めたくない”ことだが、すでに、2人の間で音楽性は完全にズレてしまい、これまでのCHAGE&ASKAの活動を汚さないためにも、それぞれ別々の道を選ぶしかなかったのだろう。これが、彼らの“美学”なのだ。だから中途半端に終わらせるのではなく、本来はキッパリ終わらせたかったのかもしれないが、アルバムのプロモーションだと思われるのがイヤだったのだろうか?
いずれにしても、周囲は、ASKAのソロ・コンサートが終了後、東京ドームで“解散コンサート”も計画し打診していたようだが、どうやらASKAは納得していなかったとも聞く。一方で、サザンオールスターズにように「また帰ってくる」とも言っていない。きっと、CHAGE&ASKAは心の中で生き続いてくれればいいと思っているに違いない。

 ※ホームページより(http://www.chage-aska.net/information/382

 今後の活動に関するお知らせ
2009年1月30日(金)
 CHAGE and ASKAは1979年のシングル「ひとり咲き」でデビュー以来、楽曲の発表、ライブを中心に活動してまいりました。皆様からは温かいご支援をいただき、心から感謝申し上げます。
 この数年間、CHAGEとASKAはこれからの活動について、話し合いを重ねてまいりました。その結果、2009年以降はCHAGE and ASKAとしての活動を休止する、という結論に至りましたことを、ここにお伝えいたします。
デビューから30年。CHAGE and ASKAの活動を行なう一方で、各々はソロアーティストとしての意識を高めることに努めてまいりました。すべてはCHAGE and ASKAのための活動であり、母体はCHAGE and ASKAにありました。
2008年、ふたりはソロ活動を行なうなか、ソロとしての意識がさらに高まってきました。そして一度は、CHAGE and ASKAとしての次の約束が出来ないのであればグループを解散し、CHAGE、ASKAとして活動していく、という決定がなされました。
 しかし、発表を目前にしたふたりが最終的に選んだ答えは、自分たちの母体はやはりCHAGE and ASKAである、ということでした。
 過日、一部メディアの報道では皆様にご心配をおかけしました。解散という断定的な報道については否定させていただきましたが、上記のとおり発表に至るまでの過程で、解散を含んだ話し合いが行われていたことは事実です。
 私たちは今後の活動について、まずオフィシャルファンクラブのメンバーへお知らせするつもりでいました。この発表の前に望まない形での報道がなされ、あたかも、2月に発売されるベストアルバムのプロモーションであるかのように受け取られたことは、とても残念に思います。
 今後もCHAGE and ASKAを母体とする、CHAGEとASKAの活動であることに変わりはありません。ファンの皆様にはどうかご理解いただき、これからのふたりを応援くださいますよう、お願い申し上げます。

2009年1月30日
株式会社ロックダムアーティスツ

松山千春自伝映画「旅立ち~足寄より」が情報誌「ぴあ」の満足度ランキングで1位にランク!!

大東俊介.jpg情報誌「ぴあ」の調査による09年1月24日公開の映画の満足度ランキングで「旅立ち~足寄より」がトップにランキングされた。フォークシンガー松山千春の自伝的小説「足寄より」を映画化したものだが、2位の「誰も守ってくれない」(佐藤浩市、志田未来主演)の87.9点を0.3ポイント上回った。
「ぴあ」によると、「松山千春の人間性や生きざまが映画から伝わってくる」「内容はファンであれば知っている話だけど映画化されたことは嬉しい」など、千春ファンからの評価が圧倒的に高かったという。ま、それは当然だろうが、実際には「松山千春(の音楽)はあまり聴いたことがないが、東京国際映画祭で観て気に入ったので来た」という人や、「主演の大東俊介がハマリ役」などと絶賛の声が寄せられていたと「ぴあ」では説明している。その上で「青春映画としての完成度の高さに評価を与える観客が多かった」と評していた。
実際、24日の公開以来、観客の入りは落ちていない。それ以上に、問い合わせが殺到しているという。先行公開された北海道では14館にまで拡大公開されている。また、現時点での全国公開は29館だが、今後、全国各地に拡大していく。主演の大東俊介の演技も素晴らしいし、観て損のない映画であることは確かだ。
※シネマぴあ(http://www.pia.co.jp/cinema/ranking.html

AVデビューに大激怒!SODは安達有里さんのAVビデオを“吹き替え”で 出そうとしていた!?

「本当に失礼しちゃうと思わない?」
女優・安達祐実ちゃんのお母さんでタレント?の安達有里さんからのいきなりの電話だった。
「何が、AVデビューなのよ! 冗談じゃないわ! どうしたらいいと思う?」
現在発売中の「週刊大衆」の特集記事「美熟女 安達有里がAVデビュー 迫真SEX熱演する!」にエラクご立腹なのだ。
実は、有里さんからは、このビデオのことを相談されていた。
もともとは、有里さん主演する映画「メディウス」のビデオ化の話だったらしい。今年2月に公開だと言うが、有里さんは、出演するのはいいが「絡みはイヤだ!」と言っていたらしい。で、撮影をキャンセルしていたという。しかし、撮影は進んでいる。2月公開に間に合うのかどうか知らないが、どうにもならなくなった制作側は、有里さんの吹き替えでAVシーンを撮影することになったというのだ。ぶっちゃけ“ヤラセ”である。(もっとも、当初のプロデューサー兼監督は制作から降りているらしいが…)
しかし、その“吹き替え”の話は、有里さんの耳には入っていなかった。しかし、今年に入って、その話が有里さんの耳に入って大騒ぎ。有里さんは「そんなビデオを出されては困る」と言って協議を重ねていたようだ。
祐実ちゃんとスピードワゴンの井戸田潤との離婚後は、有里さんからは、離婚なんかよりビデオの話で色々話を聞かされたが、正直、よく理解できなかった。しかし、発売がソフト・オン・デマンドなんだから、どんなものを出そうと“AV”として括られることは確か。仕方のないことである。そのことを有里さんに言うと「AVなんて冗談じゃない!」「AVなんて大嫌い!」なんて言い切っていた。その矢先に、この“AVデビュー”の記事、である。
「だったら、全て企画を白紙にするしかないでしょう。映画のビデオ化も白紙にしたら?」
「それしかないわよね」
AVの話は、さすがに祐実ちゃんからも言われ困ったらしい。
それにしても、まさか、天下のSODが有里さんのAVビデオを“吹き替え”で出そうとしていたなんて、そんなことを言ったら、大株主のテリー伊藤だって怒っちゃうんじゃないの?それより、ヤラセAVとか言って、そっちの方が話題になってしまう!
いずれにしても、今後の成り行きが楽しみな案件である。

ニッチもサッチもいかなかった…。フォーリーブスの青山孝史さんが肝がんで無念の死!!

70年代のジャニーズ事務所を支えた4人組グループ“フォーリーブス”の青山孝史さんが28日朝、入院先の病院で亡くなった。青山さんは肝ガンとの闘病生活が話題になっていた。享年57歳。
青山さんの肝がんが、メンバーに知らされたのは11月後半で、江木俊夫は「顔色が悪く心配していた。ただ、僕自身は肝硬変くらいかと軽く思っていたんですけど…。まさか肝がんとは……」と語っていた。
青山さんは1967年に江木、おりも政夫、北公次の4人でフォーリーブスを結成。アイドルグループの先駆者として活躍し78年に解散した。当時としては、SMAPのような感じのグループだった。フォーリーブスの流れは、現在のジャニーズ事務所の基礎を作ったと言っていいだろう。70年に「NHK紅白歌合戦」に初出場(7年連続出場)した。しかし、ここ数年のリバイバル・ブームに乗って02年に再結成している。「ブルドック」という曲は、TOKIOもカバーしているが、城咲仁も歌っている。

負けたら政界から引退!? 政治生命を賭け“青春の巨匠”森田健作が千葉県知事選再出馬!!

2009_0126_002.jpg「負ければ引退」と、自らの相撲生命を賭けて戦った朝青龍が“ミラクル優勝”を遂げた如く、“青春の巨匠”森田健作も政治生命を賭けた選挙に挑むことになった。
4年前に96万票を獲得したモリケンだったが「投票してくれた県民に報いたい」と、千葉県知事選に再出馬することを宣言した。
26日午後3時30分から千葉市美浜区ひび野のホテルグリーンタワー幕張・宴会場チェルシーで記者会見を行なったモリケンは、「この選挙に負けたら、政治の世界から身を引く」と断言。自らの政治生命を賭けて千葉県知事選に挑むことを断言した。
 前回に引き続き、今回も「無所属」で出馬する。森田は、会見を前に
「オレは、政党のために選挙をするのではない。県民のために出馬し戦う。県民のための政治を目指す」
と言い切っていた。さすが、青春の巨匠だけある!! “総理”に執着するだけでビジョンも何もないチンピラの麻生太郎とは大違いだ。
モリケンは、東京湾アクアラインの通行料値下げと千葉県内の治安で移動交番の設置などを訴えているが、そればかりではなく、子供の教育問題や環境問題など次世代のことも念頭に入れた県政も盛り込んでいるという。
千葉県知事選は、いち早く白石真澄が“出馬宣言”している。その白石は、民主党県連に担がれて出馬を決意したようだが、その民主党からはハシゴを外され、自民党と公明党に泣きついたが、どうも自民党も推薦には消極的。そりゃそうだろう。前回、自民党が公認した現知事の堂本暁子も出馬することを決めたからだ。「自民党は、最終的に自由投票にする方向です」と関係者。となったら、モリケンに恨みを持つ創価学会・公明党が白石のバックにつく以外ない!? 
いずれにしても、今回の千葉県知事選は“青春の巨匠”森田健作、“後期高齢現知事”堂本暁子、そして“大根役者”白石真澄の三つ巴選挙と言うことになる。しかし、この3人では、森田が5歩ぐらいリードするだろう。
しかし、前回、【ヘッドロック】で、
「調子に乗って、宮崎県のそのまんま東(東国原英夫)を、応援に呼ぼうなんてことは…そんなことは、まさかないだろう」
と書いたが、森田は、会見で「(自分からは)応援は頼まない」と断言していた。
当然だろう。そのまんま東なんて宮崎県知事だから出来るのであって、他の知事だったら出来やしない。大阪府知事の橋下徹も単に適材適所だっただけの話。だいたい大阪府知事なんて横山ノックでも出来たんだから。そんな小手先の応援は必要ない!!
選挙は3月29日が予定されている。衆議院も突然に解散して同日選挙になったら面白いのだが…。

大東俊介、萩原聖人らが舞台挨拶。松山千春映画「旅立ち~足寄よ り」が好調スタート!!

20090125090529.jpg20090125090432.jpg初日は満員御礼となった映画「旅立ち~足寄より」。フォークシンガー松山千春の自伝的小説「足寄より」を映画化したものだ。主演で松山千春を演じた大東俊介は新人ながらも映画初主演。「役者として大きく成長する作品としては最高のものだった」と振り返った。
公開初日の24日は、東京・シネマート新宿で初日舞台挨拶が行なわれた。今井和久監督や大東の他、千春の育ての親、STVラジオの竹田健二ディレクターを演じた萩原聖人、そして、千春の友人役の林剛史が出席した。
大東は「台本を読んで、感動と共感を得た。この気持ちを1人でも多くの人に伝えたかった」と思いを語った。
大東の舞台挨拶は、昨年10月の東京国際映画祭での上映以来、11月の北海道先行公開、そして今年1月14日の東京・有楽町朝日ホールでのプレミアム試写会に続いて、今回が4回目だった。最初の頃は、挨拶も散漫で、一時はどうなるのかと不安だったが、やはり成長するものである。3ヶ月前の大東とはえらく違っていた。先日のプレミアム試写会もそうだったが、素晴らしい舞台挨拶だと感心した。
竹田ディレクターを演じた萩原について大東は
「千春さんが竹田さんから認められたように、萩原さんからも役者として認められるように頑張った。実際には、どう思われたのかわからないけど、ナメられないようにしたかった」。
萩原は「堂々と演技していてよかった」と言っていたが、この映画を通して2人の関係はかなり深まったようだ。因みに、大東は、24日から放送がスタートしたTBS系連続ドラマ「RESCUE~特別高度救助隊」にも出演している。
また、林は「1つの方向に向かっていいものを作ろうと言う熱意が実った」と語っていた。
ところで24日、東京ではシネマート新宿の他、新宿トーア、渋谷シアターTSUTAYAの3館で公開されたが、舞台挨拶のあったシネマート新宿は立ち見も出る400人が詰めかけた。舞台挨拶後の入場も好調だった。新宿トーアや渋谷も7割以上の入場となった。地元・北海道は当初は7館でスタートしたが現在は13館の拡大公開になるなど大ヒットとなっている。

すでに内偵捜査され逮捕状も出ていた!? 元グラドル小向美奈子が覚せい剤所持で逮捕!!

image002.jpg元グラビア・アイドルの小向美奈子が、覚せい剤所持の容疑で22日夜、東京・六本木の路上(瀬里奈の前)で逮捕されたという。どうやら、昨年6月に新宿区内で知り合いの男性と覚せい剤を共同所持していたことが発覚して以来、内偵捜査されていたようだ。すでに小向には逮捕状も出ていたというから「予定通り」の現行犯逮捕だったようだ。
小向は、85年5月、埼玉県蓮田市出身。15歳のときにグラビア・アイドルとしてデビューした。01年にフジテレビ”ビジュアル・クイーン”に選ばれて注目された。身長は156と小柄だが、バスト86、ウエスト58、ヒップ83のEカップと言う童顔でグラマーなスタイルに人気が集まった。映画「チェーン」(03年)で初主演。「RANBU〜艶舞剣士〜」(04年)、「天使が降りた日」(05年)などの映画や「アサヒ飲料・麦水」「スパワールド」のCMで活躍するなど、グラビアばかりではなく映画やCMなどでも売れっ子だった。
しかし、仕事をキャンセルしたり、活動に支障を与えるとの理由から昨年9月に所属事務所から解雇された。一応、表向きには「体調の不良、精神不安定」などを挙げていたが、今になってみたら、覚せい剤使用による症状だったのかもしれない。あるいは、事務所側は、小向の覚せい剤使用を認知していたとも考えられる。実際には、その時、すでに内偵捜査されていたわけだし、彼女の解雇は事務所の無責任さを露呈したことにもなる?
また、解雇後は、「週刊ポスト」でグラビア・アイドルの現実を暴露。仕事と称して「売春」が平然と行なわれていたことを告白していた。あれは一体、何だったのか?しかも、裏では、へヌード写真集を撮影しているとか、芸能界復帰に動いているとかといった情報が出ていた。
しかし、今回の逮捕で、芸能界復帰は遠のいた格好だが。逆に言うと、もし復帰があるとしたら、それこそ大胆なことをするしかない?だが、それ以上に、小向の覚せい剤逮捕は、芸能界に波及する可能性もある。

あれから1年…。タレント川村ひかるの“幻のAVビデオ”ついに発売へ!!  芸能界“復帰”も本格化!?

いつの間にか、名前を聞かなくなったタレントの川村ひかる。
一部には、芸能界から身を引いた?なんて噂もあったが、ここにきて、ビデオの発売が決まったと言う情報が出てきた。
川村ひかるのビデオとは…。
そう、言わずと知れた、川村ひかるの“AVビデオ”である。一時は“幻のビデオ”になった…。
一説には1億円とも1億5000万円のギャラと言われながらも、彼女のマネジメントを担当していたサンズの野田義弘社長との間でトラブルを起こし、発売が見送られた。あれは丁度、1年前の話である。野田社長と川村とは、その後「裁判に発展か!?」なんて騒がれた。
とは言っても、ビデオについては、すでに“撮影済み”。ただ、ビデオが“アダルト物”なのか“イメージ物”なのかは当事者と受け取る側では意見の分かれるところ。もしかしたら吉野公佳のような、消化不良の内容になっているかもしれない。
いずれにしても、1年経って、川村周辺で「ビデオ発売について話し合いがついた」ことは確かのようだ。とは言っても、最終的な詰めは、これからのようだが早ければ4月には発売されるようだ。発売元は、あの芸能人御用達?のAVレーベル“MUTEKI”だという。
いずれにしても、せっかく撮ったわけだし、お金もかかっている。出さないわけにはいかないだろう。ま、川村ひかるもビデオを発売して、芸能界への本格的“復活”を目指すことは間違いなさそうだ。

某ロック系プロダクションの怪しい新年会に潜入!! ユーミンや桃井を見習って欲しかった盛り上がり!?

20090120221532.jpg20090120221901.jpg東京・六本木交差点近くの居酒屋で、某ロック系プロダクションの新年会があるというので潜入してきた。
電話をかけてきた、ある芸能記者からは
「何、それ? フツー、今夜はケイダッシュの新年会に行くんじゃない?」
なんて不思議がられた。言われてみれば…。確かに、この新年会に来るべき人が、ケイダッシュの新年会を優先して顔を出さなかった。まあ、所詮は音事協(日本音楽事業者協会)でもなければ、音制連(音楽制作者連盟)にも加盟していない、得体の知れないプロダクションである。だいたい、社長からしていい加減の権化のような人物なんだから仕方ない。もっとも
「何言ってるの、ケイダッシュだって音事協にも音制連にも加盟していないよ」
なんて言われたけど、そんなの理屈!! 芸能に携わる者なら、そりゃ、力のあるプロダクションの方を取るに決まっている!?
しかし、芸能界でも常識を知らない【ヘッドロック】は、音楽業界の中でも”妖怪”のような存在となっている?ロック系プロダクションの新年会の方に潜入した。
だいたい、前記したように、このプロダクションの社長が“最低人”だけに、集まる社員も社員なのだ。競馬やマージャン、マカオやラスベガスのカジノなら理解も出来るが、パチスロで250万円もサラ金に借金をつくる輩がいるんだから、ロクでもない。常識的に考えて、250万円も借金するか!? ま、サラ金かどうかは「?」だが、どうせアコムかプロミス、レイク、武富士あたりに違いない!!
まあ、ロック系の連中だから常識が通じないことは確だろう。よく言えば、破壊的なのだ。自暴自棄な部分もあるのかもしれない。何を考えているのか分からない。実に危険な”集団”なのだ。そう思ってみたら、新年会は異様な雰囲気だった。会場が「居酒屋」というのはいいとして、みんな、酒を飲んでいても騒がないのだ。普通、ロック系だったら、ハメを外して騒ぐだろうに!!
夕べ(19日)、渋谷のライブハウスで行なわれた、ユーミン(松任谷由実)のバースデーパーティーなんかハチャメチャだった。50歳を過ぎたユーミンや桃井かおりが踊り狂っているし、まるで日頃のウップンを晴らしているかのような異常な盛り上がりだった。きっと、ユーミンもストレスがたまっているのだろう。苗場まで我慢できなかったのかもしれない…。
それに比べて、ロック系のプロダクションの新年会なのに、この静けさは一体、何なのだ。みんな、シーンとして黙々と酒を飲み交わしている。そんな雰囲気を見てか? 出てきた料理には、店の人が気を使って「あつい」なんて赤紙をつけて出してきた。イヤミか!? 皮肉か!? ったく、公安にマークされた新興宗教団体の新年会じゃあるまいし、この不気味な雰囲気は…。ある芸能関係者は
「おそらく、身分を隠しているのでしょう。騒いで周囲の人に怪しまれたら困ると思っているのかもしれませんね。だいたい50を過ぎたユーミンや桃井なんて騒ぎ過ぎて、きょうあたりは足腰が立たなくなっていたはずです。そういった意味では、こういった鳴りを潜めた集団が、実は危険なんです」。
なるほど…。何が危険なのかは分からないが、今年は何かやらかしそうな予感のするプロダクションであることは確かだ。