前代未聞の珍事か!? ドリーミュージック・に“電撃移籍”の長渕剛が移籍直前に“電撃解消”

おそらく前代未聞の出来事になるだろう。フォーライフミュージックエンタテインメントから新興レコード会社のドリーミュージック・に“電撃移籍”することが決定していたシンガーソングライターの長渕剛が、何と移籍直前に“電撃解消”されていたことが分かった。どうやら、ドリーミュージック・の依田巽会長と一戦交え、ドリーミュージック・側から解消を言い渡されたようだ。長渕については、「週刊文春」にも書かれたが、かなり問題が多い。ドリーミュージック・も、その部分は折り込み済みで受け入れを決断したと思っていたが、どうも、そうでもなさそうだ。だいたい依田さんと長渕が合うわけない。そういった意味では、やる前に決裂したこと自体、不幸中の幸いだったかもしれない。しかし、長渕の身から出た錆とは言え、移籍できなければ、長渕のアーティスト生命にも影響が出てくることは間違いない。カリスマ長渕の危機でもある!!長渕は、デュー30周年を機にフォーライフからドリーミュージック・に移籍するはずだった。一部では、ユニバーサルミュージックという噂が出たが…。そういった中でのドリーミュージック・移籍に長渕は、関係者やスタッフを集めて“心機一転”スタートを誓っていたとも言われる。長渕は、77年にビクター音楽産業(現ビクター エンタテインメント)から「雨の嵐山」を出したが、パッとしなかった。しかし、その翌年78年に東芝EMI(現EMIミュージック・ジャパン)から「巡恋歌」で“再デビュー”したところ、これが大当り。その後は「順子」や「乾杯」「とんぼ」など、次々にヒット曲を生んできた。81年にはアイドルだった石野真子と結婚したが、DVで83年に離婚。87年には女優だった志穂美悦子と再婚している。長女の文音は今年10月に公開された映画「三本木農業高校 馬術部」で女優デビューしている。長男も音楽でデビューする予定だ。長渕と言えば、トラブルの連続でもあった。90年に「紅白」に出場した時、ドイツ・ベルリンから生中継し「いつかの少年」「親知らず」、そして「乾杯」の3曲も歌った。1人で18分も「紅白」をジャックした挙句、世話になったNHKのSプロデューサー(当時)を「アホ」呼ばわりして、NHKから出入り禁止になった。その後も、サザンオールスターズの桑田佳祐とのケンカも話題になった。94年だったか「桑田の“年越しライブ”(横浜アリーナ)に長渕が殴りこみに行く」なんて大騒動になった。97年に東芝EMIからフォーライフ(現フォーライフ ミュージックエンタテインメント)に移籍。それから10年経って、今度はドリーミュージック・のハズ…だった。ドリーミュージック・依田会長は、以前はエイベックスの会長兼社長だった。平原綾香や加山雄三、FUNKY MONKEY BABYSなんかが所属している。それにしてもドリーミュージック・にも移籍しそこなった長渕。フォーライフに頭下げて戻るとも思えない。最近は、アルバムも6〜7万枚を売る程度。確かに、今の時代、6〜7万枚は多いが、しかし、長渕ではリスキーなのだ。しかも、スタッフのなり手がない。フォーライフの後藤由多加社長も苦労する?ようなアーティストを誰が担当するのか!? そう思っていただけに、移籍解消と聞いて「やっぱり…」という感じだった。しかし、これで長渕も矢沢永吉と共にインディーズに転向か!? それにしてもテレビ番組もベテランは次々に切られているが、音楽業界も一緒である。矢沢にしろ、長渕にしろ、若返りが急速に進むレコード会社には太刀打ち出来るはずない。もちろんアーティストにも謙虚さが必要だ。

日レ商が選んだ08年十大ニュース!! パッケージの売上げは10年連続で減少も音楽配信は1000億円目前に!!

音楽業界も色々あった。あったが、今年は「これ」という大きなこともなかった。とはいっても、音楽業界に携わる者として、今年1年を振り返ってみたい。そこで、とりあえず今回は、全国のレコード店の組織である「日本レコード商業組合」が振り返った2008年の十大ニュースを列記することになした。
(1)メーカー17社と「7掛奪還」交渉
「日本レコード商業組合」(日レ商組)は5月22日開催の通常総代会で、組合員の命綱である「CD掛率7掛」奪還を決め、全組合員の署名・捺印による「決議文」をメーカー各社に提出、7掛奪還と同時に「返品改善」「廃盤の実施」も合わせ求める運動を展開した。7月11、14、15日にメーカー4社、10月1、2、22日に13社を訪問して、メーカー首脳陣および営業幹部と交渉。訪問17社中16社からの回答を得た。全社から「ご要望には応じられない」ことが判明したが、その後、こうした一連の組合活動が、公正取引委員会から「独占禁止法の違反行為にあたる」との指摘を受けた。このため日レ商組は、今後の取引問題等々の取り組みについて、1月6日に開催する緊急理事会で検討することになった。「厳しい経営を余儀なくされている組合員店の現状をメーカー各社が真摯に受け止めただけでも運動の成果はあった」と言うのだが…。

(2)パッケージの売り上げが「10年連続売上げダウン」
「日本レコード協会」加盟全社が公表した「オーディオソフト生産実績」によると、1〜11月全体累計は、数量で前年同期比94%の2億2608万5000枚(本)、金額ベースでは92%の2683億8400万円となり、残す12月の実績に拘わらず、「10年連続ダウン」となることが濃厚となった。オーディオソフトのピークといわれた98年が約6000億円だったのに対し、今年は12月分を足しても3000億円前後となり、10年前から半減したことになる。これに音楽ビデオを加えた音楽ソフトは3500億円前後と予測され、オーディオ・パッケージを経営の柱とする一般レコード専門店のシェアは50%を下回るまでに至っている。特にシングルの売り上げは年間で500億円弱、これに対し音楽配信は900億円を突破することが予測され、パッケージとノン・パッケージの共生・共存が、さらに課題となりそう。

(3)レコード・ショップの転・廃業続く
音楽配信、ネット通販、レンタル、違法コピー等々、業界を取り巻く諸環境がますます悪化している。加えて大型複合店、異業種大型店、大型チェーン店などの競争激化で、一般レコード専門店の売上げ低迷が続き、経営不振ならびに将来への不安感から転・廃業・倒産が相次いでいる。平成4年の発足時は1822事業法人、店数3500店だったものが、今年12月現在では何と約470事業法人、店数約870店にまで激減している。

(4)日本レコード協会が違法コピー撲滅キャンペーン
「レコード産業の復活を果たす」ことを事業目標に掲げてきた「日本レコード協会」(石坂敬一会長=RIAJ)が今年1〜3月の3か月間、大々的な「違法コピー撲滅キャンペーン」を展開した。同キャンペーンは「STOP! ILLEGAL COPY〜違法コピー撲滅〜」をキャッチコピーに、違法コピーの防止を訴えた。さらに、音楽創造のサイクルを守る大切さを一般ユーザーへ訴求した。キャンペーンの柱は、RIAJ会員全社の店頭用ポスターにキャッチコピーを掲載し、日本レコード商業組合員店を中心にキャンペーンを繰り広げた。この他、新譜案内書に啓発コピーを刷り込む、店頭有料看板へ啓発コピーを入れる、1〜3月発行のフリーペーパーに啓発ページを掲載するなどを実施した。

(5)ソニー・ミュージックエンタテインメントがBMG JAPANを完全子会社化
ソニーは10月1日、独ベルテルスマンが保有するソニーBMG・ミュージックエンタテインメントの持分の全て(ソニーBMGにおける全持分の50%)のソニーによる取得が完了したと発表した。新会社の社名は「ソニー・ミュージック・エンタテインメント inc」(SMEI)に変更し、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカの完全子会社となった。日本のソニー・ミュージックエンタテインメント、BMG JAPANの両社は、ともにお互いの強化を活かせる組織の再編・統合を通じて効率化を進めることになった。これに伴いBMG JAPANの新社長には佐久間救氏(ソニー・ミュージックエンタテインメント取締役コーポレイト・エグゼクティブCSO)が兼任で就任。

(6)「音楽ギフトカード」をリニューアル

ジャパン・ミュージック・ギフトカードは、創業20年を節目に、さらなる成長をめざし10月1日から、音楽ギフトカードの券面デザインをリニューアルした。同時に音楽ギフトカードの有効期限を約5年に延長、ユーザーの利用を促し、取扱店の売上げ促進につなげることを狙うことになった。合わせて会社再建に向けてメーカー、日レ商組双方による体質改善策が講じられる。

(7)「レコード需要創造コンソーシアム」を新たに発足
音楽業界の活性化、音楽パッケージの需要創造・拡大を目的とした業界有志の協議会「レコード需要創造コンソーシアム」が今夏発足。さらに、その下部組織として「コンソーシアム・プロジェクト委員会(CPC)」がスタートした。RIAJの石坂会長、日レ商組・田中理事長、全国レコード卸同業会・飯原会長らが参画している。

(8)「着うたフル」大伸長で音楽配信900億円を突破!
「着うたフル」が「着うた」よりも金額・数量とも大伸長、トータルの音楽配信は900億円を超える見通しとなった。音楽配信の第3四半期(1〜9月)までの実績は670億円、これに残り3か月間を加えると900億円と予測されている。RIAJは、音楽産業全体の立場から、音楽配信とパッケージを合算、今年度はトータルで100%前後と判断している。一方、シングルは年間で500億円と予測され、完全に逆転した形となった。

(9)EMIミュージック・ジャパンの新社長に市井三衛氏就任
経営の刷新が相次ぐEMIミュージック・ジャパンの新社長に、10月1日付で前ワーナーミュージック・ジャパン専務取締役CFOの市井三衛氏(51歳)が就任しました。6月30日付で突然に退任した代表取締役社長・堂山昌司氏代の後任だったが、結果的に3ヶ月間の空白が出来た。

(10)CD店員の「音楽WEBサイト」がスタート
新しい音楽WEBサイト「全日本CDショップ店員組合」が今夏からスタートした。

山本モナの不倫は不治の病!? 現場復帰は島田紳介に頼んで“おバカ・トリオ”のイレギュラーしかない!!

“不倫キャスター”の山本モナが復帰するという。
所属事務所の「オフィス北野」が謹慎を今年いっぱいで解くからだという。
山本モナといえば昨年、民主党の衆院議員・細野豪志との路上キスを写真週刊誌に掲載されたことからTBS「筑紫哲也のニュース23」を降板。今年は復帰番組となったフジテレビ系の情報番組「サキヨミ」が開始された直後に、今度は巨人軍だった二岡智宏選手との密会が発覚、再び番組を降板した。結局、ここぞという時に弱い女だった。
その山本が復帰するが、現時点では、復帰番組を隠している。
おそらく、正月の特番とか決まっているはずである。
しかし、さすがにキャスターなんかで復帰したら笑っちゃうだろう。
マスコミに流した反省文。
「私の無自覚で不適切な行動により…」
「今後は厳しく自身を律し、再度このような事態を引き起こさないことを、皆様に誓います」
こんな恥さらしな反省文を書くキャスターなんて、説得力がないだろう。こんなキャスターが事件や政治を伝えても笑っちゃうだけ。ま、麻生太郎なんかとの対談だったら面白いかも。やっぱり、バラエティーだろう。それにしても、これじゃ何のために朝日放送をやめたのか分らない。ただ、確実に言えるのは、モナは「再度、このような事態を引き起こさないことを…」と書いているが、不倫に走る性癖は治るはずない。特に、モナの”不倫癖”は不治の病である。そういった意味では「また引き起こす」ということを前提に、仕事を入れていくしかない。
ここは究極のバラエティーだろう。もはや、ビートたけしが島田紳介に頭を下げ、「クイズ!ヘキサゴン」にレギュラー出演させてもらって、それこそ黒田まい、スザンヌ、木下優樹菜の”おバカ・トリオ”のイレギュラーとして活躍するのが一番無難なことかも…。