飯島愛さんの“孤独死”。行政解剖で病死か自殺かも不明。分かったのは死後1週間だけ!?

元AV嬢で、タレントだった飯島愛さんの行政解剖が行われたが、死後1週間経過していたことが分かったという。ところが、死因については、現時点で特定できないとか。関係者によると、死後数日経っている場合、なかなか死因を特定出来ないことが多いらしい。それにしても、病死か、自殺かも特定できないなんて…。病死で、その原因がハッキリしないというのなら分かるが、いくらなんでも自殺だったら、すぐに分かるはずである。もちろん素人考えだが。それに、死因が特定できないのに、捜査段階から「事件性はない」なんて発表してしまう警視庁渋谷署にも納得できない。やっぱり、飯島さんの死には謎が多い。

クリスマスイブに“孤独死”発見!! 自殺か?病死か?死後数日経っての発見だった飯島愛さん。

AV女優出身の元タレント飯島愛さんの死は“謎”に包まれている。
発見されたのは24日だったが、死後数日経っていると言われ、正確な死亡の日時は、行政解剖を待って、きょう25日にも発表される模様だ。それにしても、まず驚いたのは、自宅マンションが、渋谷区桜ヶ丘のインフォスタワーだということ。このビルには「アミューズ」や渋谷陽一が代表を務める「ロッキング・オン」などが入居している。マンションは4世帯あるが、その1つが飯島さんだったとは。もちろん、飯島さんに誰かが貸していたとも考えられるが…。しかし、アミューズでしか話題にならなかったビルで、思いもよらない事件が起こったものだ。
さらに、謎になっているのが飯島さんの死亡の原因だ。もちろん自殺説が濃厚だが、ここにきて病死も考えられる。それに、警視庁渋谷署は「事件性はない」としているが、密室の殺人という見方もある。しかも、第一発見者。これも謎である。連絡したが連絡がつかなかったから自宅マンションを訪問したところ死亡していた…というが、では、一体誰が第一発見者だったのか? 最初は母親という情報もあったが、次第に情報がかわり、最終的には「男性」ということになったが、どういった関係の男性だったのか? だいたい、飯島さんの自宅マンションを訪ねて部屋の合いカギを所有していた人間であることは間違いないわけだし、それなりの関係の人物なのだろう。クリスマスイブだったので連絡したのだろうか? 実に気になるところである。
それにしても、死後数日経ってから発見というのも、冷静に考えたら寂しい末路だった。死因はどうであれ、明らかに”孤独死”ということになる。
しかも、昨年、芸能界を引退した時に「腎臓の不調」と言っていた。かなり悪化していたとも言われているが、単に酒の飲みすぎではないだろう。その飯島さんは「エイズ啓発活動」にも熱心だったという。また、借金もあって、数百万とも数千万円とも言われる借金で悩んでいたとも。こうしてみると十分に「自殺の理由はある」のだ。しかし、遺体には外傷はないというだけに、自殺だったら、睡眠薬の服用などが考えられる。いずれにしても、例え死因が明らかになったとしても、おそらく飯島さんの死は謎に包まれたまま年を越すに違いない。