「嬉しい」「親孝行が出来た」「信じられない」…「第59回NHK紅白歌合戦」初出場者の喜びの声、声。

holiday- 紅白出場者 (7).jpgholiday- 紅白出場者 (3).jpg「第59回NHK紅白歌合戦」の出場者が、NHKから発表された。初出場者のコメントを列記した。
★青山テルマ「小さい頃から見ていた番組。素敵なステージに立てることになって嬉しい。とにかく、親孝行が出来たことが一番よかった」
★秋元順子「今年58歳になりますが、長い人生の中でこんな嬉しいことはない。奇跡に巡り合った気持ち。大晦日は、愛を込めて歌いたい」
★いきものがかり「小さい頃から夢見ていた『紅白』に出られるなんて…。毎年、家族で観ていて、初出場の人が羨ましかった。それが、デビュー3年目にして実った。家族も楽しみにしている。今夜はお赤飯を炊いて喜んでくれると思う」
★大橋のぞみ「信じられないけど嬉しかった」
  藤巻「サラリーマンが『紅白』に出ていいのかと不安」(※藤岡は体調不良で欠席)
★GIRL NEXT DOOR「9月にデビューして、シングルを連続リリースして、こんなに早く『紅白』に出場できるとは夢にも思わなかった。おばあちゃんから、『こんなに大きな喜びをありがとう』と言われたのが一番嬉しかった。大晦日は、もっと大喜びさせたい」
★キマグレン「僕たちはプロジェクトで活動している。そういった中で『紅白』は1つの夢だったし、チームとして嬉しい。大晦日は、逗子の海を全国に届けたい」
★木山裕策「子供が4人。非常に難しい年頃なんですよね。僕は会社員をやっています。『紅白』初出場が決まった時、中学1年の長男が涙を流して『おめでとう』と言ってくれたことが一番嬉しかった」
★ジェロ「アメリカに住んでいた頃、『紅白』は82年から観ていた。いつか出られたらいいなと思い、子供の頃、おばあちゃんと約束した。その夢が果たせたのが嬉しい。おばあちゃんは、もういないけど、きっと喜んでくれていると思う」
★東方神起「『紅白』は韓国でも有名。その舞台に出られるなんて夢のようです」
★Perfume「私たちは広島出身で、アクターズ・スクールでやってきて、『紅白』は夢だった。すごい大きなものだった。結成して9年になりますが、ようやくここまで来れました。アミューズも私たちを捨てないでいてくれてありがとうございました」
★水谷豊「歌をやることは一生ないと思っていたけど、今年は記念にやった結果がこんなことになって。とにかく歌詞だけは間違えないようにしたい」
★Mr.Children「『GIFT』という曲が出来る、そのキッカケを下さった方々、歌に共感してくれた人たち。そして大切な仲間と一緒に音を奏でて、今年最後の日を迎えられるなんて、何て幸せなことだろう。ありがとうございます」(桜井和寿)
★羞恥心「人生で、このような舞台に立てることはなかなかないので、すごく有難く思っています。羞恥心3人は今年1年いろいろ活動をさせていただきました。この3人が今年、出会えたことは奇跡だと思っています」(つるの剛士)。「『紅白』を目標にしてきたので、本当に幸せです」(上地雄輔)。「まさか、あの『紅白』に出られるなんて思っていませんでした。いつも見ている側でしたから。出場が決まった今、心から嬉しいです。大事な仲間とともに、最高のパフォーマンスを披露します」(野久保直樹)
with Pabo…里田まい、スザンヌ、木下優樹菜の3人とも「嬉しい」だった。コメントは省略。
★エンヤ「伝統ある『紅白歌合戦』に参加することになり、とても光栄に思っています。1年で一番最後の日に、私の大好きな日本の皆さんと過ごすことを楽しみにしています。また来月お会いしましょう」

NHK紅白歌合戦の出場者。サプライズはエンヤと白組の水谷豊だった!? 初出場は紅白14組に!!

20081125151407.jpgNHKは、大みそか恒例「第59回NHK紅白歌合戦」の出場歌手が25日午後3時半から、東京・渋谷のNHK放送センターで発表した(写真)。
今回、初出場を決めたのは紅組は「マディソン郡の恋」が話題となった秋元順子、「そばにいるね」が大ヒットした青山テルマ、宮崎駿のアニメ映画「崖の上のポニョ」のテーマ曲で話題となった藤岡藤巻・大橋のぞみ。その他、エイベックスの強力新人、GIRL NEXT DOOR、いきものがかり、Perfume、そして、何と、隠し玉でアイルランドの歌姫、エンヤが初登場するなど7組が決まった。エンヤはアルバムを出し、来年はドラマの主題歌も担当するらしいから、まあ、宣伝の意味もあるのだろう。
一方、白組。ファースト・アルバム「ZUSHI」がオリコン・チャート1位になったキマグレンや「海雪」が大ブレイクした黒人演歌歌手のジェロは確実視されていた。他に今夏の”北京オリンピック”のNHK放送ではテーマ曲の「GIFT」を担当したMr.Children、それに韓国の東方神起、羞恥心、思わず、誰だか分からなかったのは日テレの「歌スタ」から登場してきたサラリーマン歌手の木山裕策。そして映画「相棒」の大ヒットで一躍”時の人”となった水谷豊ら7組が初出場を決めた。因みに、羞恥心は、PABOとの特別編成ユニットでの出場となるらしい。
 また、今年再結成したSPEEDや藤あや子、森山直太朗、Aqua Timezらがカムバックする。良かったのはAKB48とかいう、ゼニゲバ作詞家の秋元康がプロデュースするジャリタレが消え去ったことだ。反面、驚いたのは、あのモーニング娘。などの”ハロプロ”軍団もいなくなったこと。これも時代の流れか!? 結婚・妊娠のリア・ディゾンも姿を消した。BoAはGIRL NEXT DOORに代わったのだろう。mihimaru GTの落選は意外な感じもした。

「紅白」初出場予想!!  ミスチル、竹内まりや、青山テルマ、Perfume、ジェロ、キマグレ ン、羞恥心、堺正章、ポニョなど…

「NHK紅白歌合戦」の出場歌手が発表される。今年はベテラン勢の出場が混沌としているというが、昨年の「紅白」の視聴率は、第1部が32・8%、第2部は39・5%。1部は過去最低だった06年の30・6%を2・2%上回ったものの、2部は、04年の39・3%に続くワースト2位という結果だった。
昨年は、モーニング娘。やBerryz工房、℃―ute、AKB48など、現場でも誰が誰で、どこのグループなのか分からないようなアイドルが例年以上に多く出場した。それでも、視聴率がギリギリ転落しなかったのは、対戦相手に美川憲一や川中美幸、鳥羽一郎、布施明、水森かおり、すぎもとまさと、あみんといった重厚なベテラン勢を投入したことだったと言われる。「紅白は、やはりベテランを揃えるのが視聴率獲得の要因」のようだ。
そういった中で、注目は「誰が出場するのか」である。初出場が噂されているのは、結成20周年を迎えたB’z。や、今夏の”北京オリンピック”のNHK放送ではテーマ曲の「GIFT」を担当したMr.Children。そして、現在放送中の朝の連続テレビ小説「だんだん」のナレーションと主題歌「縁(えにし)の糸」を担当している竹内まりやなど。
しかし、B’zの出場は100%なさそう。Mr.Childrenは、ここにきて出場がOKになった。竹内まりやも出場が固い。ただ、来年早々から夫の山下達郎がコンサート・ツアーをスタートさせることが出場のネックになっているという情報も。
初出場で確実なのは、「そばにいるね」が大ヒットした青山テルマ。テクノポップのPerfume。公共広告機構とNHKの共同キャンペーンで貢献度も高いだけに出場は「120%確実」だ。何より、担当の石原真チーフ・プロデューサーが大ファンらしい。宮崎駿のアニメ映画「崖の上のポニョ」のテーマ曲が大ヒットした藤岡藤巻・大橋のぞみ。演歌では、「海雪」で大ブレイクした黒人演歌歌手のジェロも確実だ。また、フジテレビ系ドラマ「無理な恋愛」の主題歌「忘れもの」がヒット中の堺正章や映画「マディソン郡の橋」をモチーフにした切ない大人の恋物語を、ルンバのリズムにのせて歌う「マディソン郡の恋」が評判の秋元順子やファースト・アルバム「ZUSHI」がオリコン・チャート1位になったキマグレンも確実となっている。企画物ながら大ヒットした羞恥心の初出場も200%確実。
微妙なのは、とんねるずとOZMAのスペシャル・ユニット「矢島美容室」。やはり、DJ OZMAがネックか? 「出場させて苦情が来るのが怖い」というのがNHKの事情だろう。また、最大のサプライズになりそうなのが、映画「相棒」の大ヒットで注目された水谷豊だろう。出場すれば、昨年の寺尾聰に代わる”目玉”になることは確実。
サザンオールスターズの25年ぶり出場も期待される。サザンは79年、82年、そして83年と3回出場しているが、その後は出ていなかった。30周年という節目の年でもあり、ぜひ、出場してほしいのだが。
いすれにしても堺正章の出場が決まった以上は、沢田研二のカムバックも期待したい。
しかし、この予想が、どれだけ当たるか!? 実に楽しみである!!