Archive for 11月 22nd, 2008

鈴木宗男さんも駆けつけ松山千春映画「旅立ち~足寄より」北海道先行公開!! 初日は札幌で大東俊介が舞台挨拶!

土曜日, 11月 22nd, 2008

20081122171331.jpgimage252.jpg北海道・札幌に来た。来たと言っても、札幌には夕べ入ったが、やはり寒い。氷点下である。
それにしても青空かと思ったら、数十分後には雪が舞っている。まだ11月と言うのに…。やはり札幌である。その札幌には、松山千春の自伝的小説「足寄より」を映画化した「旅立ち〜足寄より」が、きょう(22日)から北海道先行公開するので来た。初日は札幌・スガイシネプレックス札幌で主演の大東俊介が舞台挨拶を行なった。
しかも、会場には衆院議員で新党大地の鈴木宗男氏も駆けつけていた。千春はいないのに…。実に律儀な人である。
北海道先行公開は札幌の他、函館、旭川、帯広、釧路、室蘭、苫小牧など道内10館で封切られた。しかも、どこの会場でも満席だったらしい。さすが、北海道での人気は凄い!! 舞台挨拶の行なわれたスガイシネプレックス札幌では立ち見も出た。同劇場の支配人も「立ち見の出る映画は記憶にない」と驚くほどだった。この劇場は、すすきののど真ん中にあり、現在は「レッドクリフ」も公開されているが、とりあえず、初日の観客動員は、「レッドクリフ」を超えたようだ。
舞台挨拶に立った大東俊介は「フィクションでなくノンフィクションで描いた映画だから説得力がある。本を読んで自分自身感動した。千春さんの映画でも今に時代に伝えたいことがいっぱいある。それに、全国の人に北海道のよさを伝えられる映画だと思う」
と語った。
会場では、大東ファンが前の席を独占していた。しかも、東京や茨城とかから“日帰り”で来ていた。もちろん、千春ファンも来ていた。案外、世代を超えた映画と言う感じでよかったと思うのだが…。
また、今井和久監督も「今の時代、家族の間でも傷つけ合う時代。人と人が信じあうのは大切。今の時代だからこそ、観て欲しい」と語った。
また、鈴木宗男氏も駆けつけた。「初日の公開に、せっかく来ているんだから…」と、ステージに上げてもらった。鈴木氏は「最初から最後まで涙だった。特に、千春の父親役の泉谷しげるさんは素晴らしかった。演技も素晴らしかったし、観ていて懐かしさが込み上げてきた」と涙ながらに話していた。
同映画は、北海道先行公開の後、来年1月24日から全国公開される。東京は新宿トーア、シネマート新宿、渋谷シアターTSUTAYA、シネマート六本木(予定)などで公開される。