ホリエモンよ!同情するなら金を出せ!!弁護士費用も保釈金もない借金苦の小室哲哉の現実!

5億円の詐欺容疑で大阪地検特捜部に逮捕されたミュージシャンで音楽プロデューサーの小室哲哉。その小室に、容疑者ホリエモン(掘江貴文ライブドア元社長)が面会したがっているという。ま、ホリエモン自身も東京拘置所の独居房の生活を経験してきたから小室の気持ちは痛いほどわかるのだろう。しかし、小室と面会したいんじゃなくて、単に目立ちたいだけ、売名行為に過ぎない。
今、小室は、金がない。情報では弁護士の依頼費用もなければ、起訴された後の裁判費用だって支払えない。当然、保釈金も都合がつかない。おそらく保釈金は1億円を超えるだろう。2億円だってこともある。これは、もう保釈金まで借金するしかない。
ホリエモンはブログなどで小室に同情的だ。しかし、そんなに気にしているんだったら、まず資金を援助した方がいい。ホリエモンのこと。シラっと顔して、海外に金を隠し持っているに違いない。まず20億円とも言われる小室の借金を、ポケットマネーで返してやり、弁護士費用も面倒をみてやるべきだろう。まさに「同情するより金を出せ!」である。
いずれにしても、ホリエモンというのはお調子者である。言い方をかえれば”愉快犯”である。とにかく、小室が弁護人以外の接見を禁止されていることを知っていて「接見したい」と言っている。今後、パフォーマンスで大阪拘置所へ足を運ぶことだって考えられる。暇人だから、そのぐらいのことは平気でやる。とにかく、テレビに出たいのだ。ほとんどビョーキである。しかも、厄介なのは、そのホリエモンのパフォーマンスを取材して報道するから、余計に調子に乗る。
たいたい、ホリエモンは、れっきとした容疑者なのだ。小室のことを心配する暇があったら、自分の裁判を心配していた方がいい。小室の心配をしているうちに、有罪判決が出て「収監」される。
考えてみれば、日本国総理大臣は麻生太郎である。よくわからないが、東京・葛飾区の亀有銀座商店街で、少年ジャンプで連載中の人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の主人公、両津勘吉巡査長の銅像除幕式なんかに出席している。もはや、こんな御仁が日本のトップというだけでも日本は末期的だ。そういった意味で考えたら、ホリエモンのような輩が出てきても不思議ではないが、小室の逮捕と言うのは、さまざまな面で今の日本というものを象徴した事件だったのかもしれない。