今日か明日か!?  すでに本人も覚悟? ミュージシャンで大物プロデューサーの小室哲哉の逮捕が濃厚に!!

ミュージシャンで大物プロデューサーの小室哲哉の逮捕が濃厚になった。早ければ、大阪地検特捜部に出頭する今日3日。遅くとも明日4日には、そのXデーを迎えそうだ。逮捕されることにはKT本人も覚悟していると言われ、すでに小室哲哉の周辺は慌しくなっている。逮捕容疑は「詐欺罪」のようだ。どうやら、神戸のS氏の他に、もう1人が刑事告訴しているという。
それにしても、前回も書いたが、単なる「詐欺罪」で大阪地検特捜部が動くのかどうか。非常に疑問である。特捜部が動くには動くなりの理由がある。11月1日には、KTに出資して契約を結んでいたIT業者のH社長が事情聴取された。当初は、H社長も逮捕されるのでは言われていたが、1日で釈放された。H社長は「被害者」と主張し、特捜部も、その主張を受け入れたと言われる。今回の事件について、H社長はテレビの取材を受けると言われ、すでに日テレの取材に応じるなんていう未確認情報も。しかし、小室は、逮捕されていないのに、どういった取材を受けると言うのか!?
いずれにしても、今回の事件にはホリエモン(掘江貴文・元ライブドア社長)も絡んでいるとも。絡んでいるとしたら、事件は3~4年前にも遡る。また、同時に当時の“小泉政権”にも関わってくるような気がしてならない。そうなると、当時、ホリエモンを自分の息子以上に可愛がっていた?武部勤元幹事長やインチキ学者で財務・金融を牛耳っていた竹中平蔵や衆院議員の伊藤達也なんかも怪しくなってくる。まあ、考え過ぎか!? しかし、その他にも、元総理の名前や自民党の大物政治家の名前までチラチラしている。もちろん、KTが所属していた大手芸能プロダクションにも捜査が入りそうだ。いずれにしても、もし小室の逮捕があるなら、それは単なる“入り口”に過ぎないのかもしれない。
いずれにしても、想像される事件の概要を整理したが…。