県政のこともロクにやっていない“ペテン知事”そのまんま東に「国政で汗をかけ」だって!?

国土交通相を辞任した上、政界引退まで表明した宮崎の中山成彬だが、その後釜と言われる、宮崎県知事のそのまんま東(東国原英夫)だが、ここに来て「俺は後釜じゃない」「公示され
ても(衆議院選には)出馬しない」なんて言い出した。おそらく“偽装発言”だろう。ホンネは「出馬したい」。
東は、これまで「今は考えていないが、もし県民から『国政で汗をかけ』と言われれば…」なんて言っていたが、だいたい、県政でも汗なんてかいていない。せいぜい、東京に来ては「宮崎県、宮崎県」と言っているだけの“広告塔”でしかなく、あとは、テレビのバラエティー番組に出たりしているだけの話。
ぶっちゃけ、素人の東がマトモに県政のことをやっていたら、いくら県民から支持されたり、人気があろうと、他の議員様が黙っていない。それこそ田中康夫が長野県知事をやっていていた時みたいに、議員からあの手この手で邪魔される。そういったことが、全くの素人の東には全く無い。これは明らかに、県政について全くやっていないか、県政については、議会の中で談合して任せっぱなしにしているに違いない。まあ、宮崎県なんて議員に対しては甘い県だ。だから前知事は不正で辞めた。でも、その当時の不正問題なんて今じゃ誰も話題にしない。もはや過去の話。そもそも東なんかに県政について期待度なんてあるわけない。一応、県民もあるようなフリをしているだけ。だから、中山みたいに発言する輩が出てきて、最後は開き直る。それが宮崎の県民性なのである。何せ、勝手に「日向時間」なんて作っちゃうところなんだから。東も、そんなことは十分に承知しているのだろう。だから「県民から『国政で汗をかけ』」と言われると思っているのだ。所詮、県政のことなんてやっていないんだから、そもそもが県知事をやっている資格などない。県民だって、何だかんだ言っても
「そんなに衆院議員になりたいなら、どうぞご勝手に!」
「国政で汗をかいて下さい」
って、思っているに違いない。だいたい、東は国政に出ることについて
「地方から国を変えなければという強い気持ちがある。ただ、1知事がどんなに頑張っても日本のシステムを変えられない」
なんて、実に都合のいい、いい加減なことを言っている。宮崎県知事になって何をやったのかわからないオッサンが、国政に出たら何かが出来るなんてマジに思っているのか? やっぱり根はタレントである。そういった意味じゃ、東って言うのは“天下のペテン知事”である。
そのペテンが今回、出馬の意向を考えを改めたのは、別に出馬をやめたというわけじゃない。意外に、国政への出馬に対してマスコミからの評判が思わしくなかったからだ。要するに、東は、県民なんかより、マスコミばかりに目を向けているってこと。それに気づかない、宮崎県民は気候のせいだろうか、実にノー天気である。、
宮崎県では衆院選宮崎1区に出馬が取りざたされている。今でも、衆院議員になりたいと思っているはずだ。結局は、衆議院の解散が流動的になってきたから、ボロが出ないように、とりあえず話を引っ込めたに過ぎない。解散が決定的になった時に、突然に出馬の意向を示してくるに違いない。ペテン師の言う言葉を信じちゃいけない!!