サリナ・ジョーンズのアルバム発売コンベンションで…。68歳のサリナより17歳のミスマガジン佐藤さくら!!

image239.jpgサリナ・ジョーンズが5年ぶりのオリジナル・アルバムを、きょう22日に発売した。で、その記念のライブ・コンベンションが東京・芝のザ・プリンス・バーク・タワー東京で行なわれた。夕べは、北海道・足寄で松山千春、きょうは、東京でサリナ・ジョーンズ。このギャップが何とも言えないが、しかし、5年もアルバムを出さないと忘れてしまう。サリナ・ジョーンズなんて、久しぶりに聞いた名前だった。しかも、今回のアルバムはオリジナルと言っても、カバーアルバムである。ついに洋楽もカバー・アルバム時代か。しかし、バカラック・ナンバーからポップス・スタンダード、ジャズ・スタンダードと幅広い。やっぱり、ボーカルだと思うね。
と、そのサリナのコンベンション会場で、今年の「ミスマガジン」に選ばれたグラビア・アイドルの佐藤さくらちゃんを紹介された。沖縄・糸満市出身らしい。彼女、ORANGE RANGEの新曲のプロモーション・ビデオにも出ているという。彼女は、芸能活動に力を入れるため、今年9月に沖縄の県立高校から都内の高校に転入してきたそうだ。CMにも多数出ているようだけど、現在はグリコのアイス「BOMBA」のCMに出ている。このCMは、「ミスマガジン」と連動した異色のCMだそうだ。
それにしても、さくらちゃんは身長163で、サイズは上から82−59−85だという。しかし、17歳と聞いたときは驚いた。実に大人っぽい。顔は、やっぱり沖縄って感じだが、スタイルは見た感覚から言って抜群って感じだった!? それにしても、彼女を紹介された途端、もはや、サリナ・ジョーンズのことは頭の中から消え去っていた。そりゃ68歳の“オバさんサリナ”なんかより、17歳のさくらちゃんでしょ!! 当然、ツーショット写真も、サリナよりさくらちゃんだった!! いや、きょうはサリナのコンベンションにきてよかった!?

いつまでも拘り続けるNHK!! 細川は分かるけど小林、角川、中条、松原も「紅白」出場の話があったわけ!?

指定暴力団の組長とゴルフをやった細川たかし、小林旭、角川博、中条きよし、松原のぶえについて、今度はNHKの日向英実放送総局長が、この5人を今年末の「第59回NHK紅白歌合戦」に出場させないなんて言い出した。実に変な話で笑っちゃった。ま、細川に関しては「やっぱり…」と思う部分があるよ。でも、いくらなんでも小林旭とか角川博、中条きよし、松原のぶえなんていうのは、「紅白」に出場する可能性があったのか? おそらく200%…、いやいや1000%なかったね。そんなの誰にだって分かる。そんなあり得ない話をいかにもあるように見せるのは、公共放送のNHKのやることではない。「紅白」は、少なくとも「思い出のメロディー」じゃないんだから。ったく、突拍子もないことを公式の会見で言うんじゃない!! 赤塚不二夫さんが生きていたら「ニャロメ!」って言うに違いない!だいたい、いつまでも、この暴力団とのゴルフ問題に拘っているNHKも分らない。「週刊新潮」に報じられたのが今月の初め。先週は、この暴力団組長が山口組から絶縁されたことが報じられた(結局、組長の引退で除籍処分に終わったが…)。この問題は、それで終わった話だろ。いつまでも尾を引くようなネタでもない。いま騒いでいるのは、所詮は警察のキャンペーンに便乗しているだけに過ぎない。そんな、視聴者の多くが気にしちゃいない話を、NHKは、まだまだ話題にしていきたいと思っているのか? それても、山口組から組長が処分されたから、今度はNHKが参加タレントを処分したとでも言いたいのか!? いやいや、実に不思議である。

松山千春が20年ぶりに出身地・足寄町でコンサート!映画「旅立ち」は東京国際映画祭でも大評判に!!

image237.jpgimage236.jpg今年6月、不安定狭心症で倒れ、春の全国ツアーを途中で中止した松山千春が21日夜、出身地の北海道・足寄町から秋のコンサート・ツアーをスタート、本格的にステージ復帰した。千春にとって、足寄での公演は20年1ヶ月ぶりだという。千春を描いた映画「旅立ち〜足寄より」の公開間近かとあって足寄は例年にも増して活気づいている。
千春が不安定狭心症で倒れたのは、春の全国ツアー真っ只中の6月25日だった。体調に異変を感じた千春は救急車で病院に運ばれた。不安定狭心症と診断され、経皮的冠動脈形成術(けいひてきかんどうみゃくけいせいじゅつ)の処置を行った。ツアーは中止されたが、その中に盛り込まれていたのが出身地・足寄町での”凱旋コンサート”だった。
千春のコンサートは足寄町開町100年記念事業の一環として、7月8日に足寄町総合体育館で予定されていた。千春自身も楽しみにしていた。それだけに、中止は無念でたまらなかった。入院中も「足寄だけは出来ないか」と言い続けてきた。しかし、さすがの千春も病気には勝てなかった。因みに、足寄町開町100年記念事業ということでは、NHKに協力して足寄町総合体育館では先ごろ「NHKのど自慢」なんかも放送してた。でも、千春のコンサートがなければ、「のど自慢」のゲストは千春だったのか、これは非常に興味あるところだ。
いずれにしても、千春は、入院当時から
「元気になったら、まず足寄から心機一転スタートしたい」。
そう思い続けていたという。千春のそういった執念が、今回の全国ツアー復帰へとつながったことだけは確かだろう。とにかく心臓の病気だっただけに、一部からは「秋のツアーは見送った方がいいのではないか」なんて心配する声もあったそうだ。しかし、1日も早く元気な姿をステージからファンに見せたいと言う千春の気概が本格復帰を早めた。ところで、千春にとって足寄でのコンサートは88年9月23日の足寄西小学校以来なんだとか。
「まだまだ、伝えたいことがある」という千春。「これからも北海道。足寄の地で歌い続けて生きたい」と意欲を語っていた。コンサートは、せっかく作った、新曲「思ひ」のプロモーションビデオ。安部なつみが出演した話題の?ビデオだ。ファンからは「見たくても見られない」なんて声が出ていた。そんなファンの声に応えて上映した。
オープニング曲は「足寄より」だった。他に「季節の中で」や新曲で、映画「旅立ち」の主題歌にもなっている「我家」、それに「長い夜」「大空と大地の中で」など、1500人を前に14曲を力いっぱい熱唱した。
因みに、千春は「特別功労者」として足寄町から感謝状と記念品が贈られていた。
コンサートは14都市で17回公演。東京公演は11月18日、19日の有楽町の東京国際フォーラムで、ファイナルは12月24、25日の北海道・札幌の月寒アルファコートドーム。

一方、千春の自伝的小説「足寄より」を映画化した「旅立ち〜足寄より」は現在、開かれている東京国際映画祭で「ある視点」にノミネートされ評判となっている。
「生きているうちに映画なんかになっちゃ終わりだよな」。
なんて千春は照れくさそうにそう語った。しかし、映画を観た時は「32年前にタイムスリップしたような思いだった」と涙ぐんだ。
この映画は、当時23歳だった千春が、自らの生い立ち、生き方、そしてデビューするまでを描いたもので、千春役には新人俳優の大東俊介が扮している。他にも萩原聖人や石黒賢などが出演し、千春の父親役は泉谷しげるが演じ話題になっている。
それにしても、大東は、この映画を観てもらえば分かるが、有望新人であることは確かだ。とにかく22歳。若いのに努力家である。大物になる素質は十分である。映画は、足寄町でも来月、町民を対象にした試写会が予定されている。11月22日から北海道先行ロードショーとなる。全国公開は来年1月24日から予定している。

リーマン破綻も重なって…。老舗「京品ホテル」が廃業の危機!! 熱血従業員は自主営業で気勢!

20081021093537.jpg20081021093636.jpg品川駅高輪口にある老舗ホテル「京品ホテル」が廃業の危機に陥っている。経営者は否定しているようだが、これも経営破綻したリーマン・ブラザーズの犠牲である。「京品ホテル」は、1871年――明治創業という老舗ホテル。品川プリンスホテルの真ん前にある。と言うより品川駅前の一等地にある。経営するのは「京品実業」という会社だというが、ここの債権を持っているのがリーマンの日本法人子会社「サンライズファイナンス」というから厄介だ。サンライズファイナンスとも債権を巡っていろいろあったらしいが、それより、ここにきてホテル経営自体がニッチもサッチもいかなくなったようだ。で、「京品実業」は、従業員130人の解雇とホテル廃業を決めたこという。しかし、この一方的なやり方に従業員が激怒した。熱血従業員(組合員)は、「ホテルは赤字ではない!」と主張して、東京地裁にホテルの地位保全の仮処分を申請した。要するに、熱血従業員は自主的に営業を続けるとしているようだ。まあ、経営は分からないが、こんな老舗ホテルとしては珍しい事態に発展したものだ。結局は、リーマンの経営破綻もあるが、これは明らかにホテル経営者がいい加減だったのだろう。おそらく他に投資していたものが焦げ付いた。慌てた銀行から尻を叩かれたに違いない。こうなったら、いくらホテルが黒字であろうと、銀行は金の回収しか考えてない。悲惨なことである。きょうは、ホテルがロックアウトされ、営業が停止されていた。ホテルの前では従業員が朝から疲れ切った感じだった。これじゃ、再建も困難である。

三浦和義は「自殺」か「他殺」か!? ロス市警は“ロス銃撃事件”のように長期捜査するのがスジだろ!!

やはり事件は終わらなかった。“ロス銃撃事件”の三浦和義元社長である。もしかしたら、魂が未だに彷徨い続けているのかもしれない…。
「自殺」か「他殺」かで、その真相が話題になっていたが、弁護側から依頼された病理学者が検視した結果「死因は自殺ではなく他殺」と結論付けたというのだ。だいたい、誰も見ていないから、証拠なんてない。しかも、自殺にしろ何にしろ、密室の中での出来事である。「自殺」って言っちゃえば、口を合わせれば自殺になるし、「他殺」と言われれば、それも十分に有り得ることである。ロス市警では、面倒だから「自殺にしちゃえ!」って思っているのかもしれない。いや、やっぱり、三浦元社長に生きていられたら困る輩だっていたかもしれない。そんな輩が、ロス市警の誰かと組んで、殺害に至ったことだって否定は出来ない。実際に、背中に殴られた跡があるとか、クビを絞められた跡があるというんだから、これは、ロス市警は再度、本気に捜査するのが筋だろう。日本政府も、外務省も、捜査を求めるべきだ。
だってロス市警は、三浦のロス銃撃事件を、これだけ長期間に亘って捜査し続けてきたわけだから、今回の自殺についてだって捜査するのが当然と言うもの。三浦元社長は死んだから、オシマイというのでは、ご都合主義と批判されても仕方がないだろう。もし、こんなことが、日本の刑務所や収容施設で起こったら大変だろう。マスコミだって大騒ぎするに違いない。それにしても、米国は静かだ。やはり、米国では日本人が軽く見られている証拠だ。舐められている。だから北朝鮮みたなことになる。これは、単に三浦元社長だけのことじゃないのだ。一事が万事である。

TOHOシネマズ六本木ヒルズで映画三昧。意外に面白かったミッチー主演「クローンは故郷をめざす」

20081019203320.jpg20081017015818.jpg先週は、久しぶりの映画三昧だった。
火曜日(14日)の深夜に「WANTED」を観て、木曜日(16日)の深夜には「容疑者Xの献身」。そして、日曜日(19日)は、東京国際映画祭で「ある視点」にノミネートされた及川光博主演の「クローンは故郷をめざす」まで観た。で、この3本で共通しているのは、全て「六本木ヒルズ」のTOHOシネマズ六本木ヒルズで観たことだった。「WANTED」は、深夜にも拘らず、意外に混んでいたが、「容疑者Xの献身」は…。大ヒットしていると言う割には、これが僕を含めて僅か7人。これじゃ淋しいだろ!! しかも、木曜日はレストランも“深夜営業”をしていると聞いたから、六本木ヒルズの4階のレストラン街?に行ったが…。何と言っても客がいない。店員もヒマそうだった(写真)。
ところで、観た映画だが、「WANTED」は確かに面白いが、それだけだった。「容疑者Xの献身」も福山雅治と柴咲コウの共演という程度か。しかし、この映画は「満足度は高い」と言う。確かに、テレビドラマとして見たら面白いかもしれない。しかし、最初は「重苦しい」と思っていたが、意外に楽しめたのが、ミッチー主演の「クローンは故郷をめざす」だった。クローン人間の話だが、ノスタルジックな内容だった。観ている途中は正直ってよく理解できなかった。が、観終わってみると、何とも言えなかった。要するに「なるほどね」って感じか。この映画だけは、観てみないと分からないし、理解できない。監督は頭がおかしいかもしれない。しかも、あのミッチーがミッチーらしくない。及川光博とも違う。ミッチーの役者としての幅の広さを見た感じだった。それにしても、舞台挨拶で出たミッチーも、普段のミッチーとは違っていた。
そうそう、松山千春の自伝的小説「足寄より」を映画化した「旅立ち~足寄より」も「ある視点」にノミネートされ、きょう21日の夜、TOHOシネマズ六本木ヒルズで上映される。この映画に主演している大東俊介も、新人としては素晴らしい。とにかく熱演している。映画上映の前には舞台挨拶もあるそうだ。この映画も観てみないと理解してもらえないだろう。

「もう麻薬には手を出さない!!」「オレは高倉健を抜く!」俳優・清水健太郎56歳の誕生会

image235.jpgimage233.jpgimage234.jpg俳優・清水健太郎の56歳の誕生日でお祝い会が東京・赤坂の鍋屋で開かれた。俳優の吉川銀二が企画したもの。清健の誕生日は10月11日だったのだが、スケジュールの都合で今夜になった。「誕生日をシャバで祝えてよかったよ」なんて、銀二は毒舌だったけど、実は、心根の優しい人である。清健も感謝し尽くしていた。「長いトンネルだったけど、通り抜けたら心ある友人がいっぱいいて、心から迎えてくれた」「お金じゃないんだよ。お金じゃなくって友達なんだよ、愛なんだよ。いい時もあったし、悪い時もあった。俺は地獄も見てきたから、今、一番大切なものを知ることが出来た」「麻薬でつまずいたけど、これからは大丈夫。これまでは人の心を踏みにじって生きてきたけど、これからは安心してもらえるような人間になりたい。応援してくれたファンだけは裏切らないでやっていきたい」何か、56歳の所信表明だった。わけのわからない質問ばかりの所信表明をしていた日本国総理大臣・麻生太郎なんかとは全然違う!!ところで、清健は、ビデオ映画の企画をしている。自ら脚本も執筆すると言う。意欲十分だが、その内容を、延々と聞かされた。それも単なる説明ではない。自ら1人芝居を演じての説明である。途中、話を変えようとしたら「オマエ、オレの話を聞けないのか!」なんて言われてしまった。「いえいえ、聞かせていただきます」そると、またまた、迫真の1人芝居で内容を語ってくれた。いやいや大したものである。ある意味では役者バカである。すると、「オマエ、バカと言う意味分かるか?」と言いながら、バカの語源まで語ってくれた。いやいや大したものである。よっぽど気持ちよかったのだろう。今度はギターを取り出し、弾き語りのワンマンライブである。大ヒット曲「失恋レストラン」から新曲まで歌う歌う。いやいや大したものである。最後には「高倉健を抜く!」何と、大胆な!!来年からの清健の活躍が楽しみである。

出版業界不況、紙代高騰で若者のオピニオン誌「週刊プレイボーイ」 も“休刊”を検討!?

出版業界が不況である。紙代もバカにはならないらしい。新聞なども8月はゲリラ豪雨の影響もあってコンビニや駅売りが鈍ったらしい。そういった中、読売新聞社発行の「読売ウィークリー」が年内に廃刊(休刊)されることが決まったが、ここにきて、あの集英社発行の「週刊プレイボーイ」も“休刊”を検討しているというのである。若者のオピニオン雑誌と言われてきた「週プレ」までもがカウントダウン状態だと言うのである。「週プレ」が“休刊”となれば、グラビア系の芸能プロダクションも大きな痛手である。

リア・ディゾンはポイ!!  「窓」が音楽配信で急上昇の矢野真紀が浜離宮朝日ホールでライ ブ!!

photo.jpg女性シンガー、矢野真紀のコンサート「浜離宮で会いましょう」を観に、東京・築地の浜離宮朝日ホールに行った。結婚、妊娠で大騒ぎしているリア・ディソンに行かず、矢野のライブに行くというのが、いかにも【ヘッドロック】である。リア・ディゾンは、休業と言ってはいるが、どうやら引退するらしい。ま、去るものは追わず、将来が有望な感じがする矢野のライブを観る方が、よっぽど価値があるってことだ。去年は、リア・ディソンが「NHK紅白」に初出場したが、実は、矢野も水面下では候補に上がっていた(ようだ)。
矢野は、1年半前の昨春4月29日に発売されたシングル「窓」が、地道なプロモーションの結果、ロングセールスとなっている。この曲は、さだまさし(詞)と寺岡呼人(曲)の異色のコンビで手がけた作品。病気になった親愛なる人を想う心を描いている。6分58秒という長さの作品というのもポイントとなっている。もともとは、アルバム「BIRTH」に収録されていた作品だった。しかし、シングルカットを望む声が高かったことから新曲として発売されたという。それが、10月7日に日本テレビで放送した「誰も知らない泣ける歌」に出演して歌ったところ大反響で、音楽配信で急上昇中だという。
コンサートでは中盤に歌ったが、しかし、矢野のコンサートは初めて観たのだが、実に不思議なコンサートだった。ライブの雰囲気は、どう説明していいのか分からない。チケットは完売だったと言う。女性――20代のOLが多い感じだが、何とも言えない妙な感じのステージだった。しかし、童謡歌の「赤とんぼ」を歌って、自身の曲で、それなりに売れたはずだった五つの赤い風船のカバー曲「遠い世界に」やTBS「世界ふしぎ発見!」のエンディング・テーマ曲だった「このまま…」などは歌わなかった。いずれにしても、オリジナリティ十分のステージは◎だったか。

“ロス疑惑”の三浦和義元社長はロス移送で危機感を抱いた人間による“暗殺”だった!?

米ロサンゼルスで自殺した三浦和義元社長に“暗殺説”が出てきた。ある情報筋によると、三浦元社長が逮捕され、ロスに移送されてきたことで、危機感を抱いた人物がいたというのである。これは、一美さん銃撃事件の時の保険金を巡る問題らしいが、その人物は、何とロス在住の政治家と言われている。
「三浦元社長がロスに移送されてきたことを相当、焦っていたそうです。もちろん、銃撃事件に関わった人物なのかどうかは何とも言えませんが、異常に焦っていたと言われますね」(事情通)。
その人物についての詳細は不明だが、ある情報では、その人物がロス市警の内部関係者と組んで三浦元社長を暗殺したと言うのである。
「かなり、地元では力のある政治家だそうです。もちろん未確認情報ではありますが、火のないところに煙は立ちませんからね、100%デマとも考えられません」(事情通)。
いずれにしても、不可解な自殺であることは確か。それに、不思議でならないのは、外務省や政府が全く動かないことだ。こんなことだから、北朝鮮問題でも日本は全く無力になるのだ。というより、やはり三浦元社長の自殺の裏に何か隠されたことがあるから、動けないのかもしれない。