辞任しなくたって!!  24日の総辞職の前に農水相を投げ出した不良代議士の太田誠一

農林水産大臣の太田誠一が辞任したという。もちろん、汚染米を巡る一連の問題を理由に上げているが、いい加減なものである。いや、これは、どうみても腹黒いといった方が適切だ。だいたい、今辞任しなくたって、来週24日には内閣総辞職である。「(大臣を)続けたい!」って言ったって、辞めることになるのだ。結局は、福田康夫と一緒で投げ出したようなもの。太田に責任を求めること自体がアホらしいが、無責任極まりない。
いずれにしたって、太田なんていう不良代議士を「農水相」にした福田内閣にも問題あり、である。しかし、不思議なのは、国会議員としては誰から見ても不適格な太田が当選することだ。福岡市早良区・西区、前原市、二丈町、志摩町(福岡3区)の有権者は何を考えているのか? 太田にも問題があるが、福岡3区の有権者にも責任がある。