置き土産は女優・横山めぐみ移籍! オスカープロの湯本浩昭が決意の独立!! 9月中旬に新事務所設立へ

photo.jpg「20年間も仕えてきたわけだからね。もう、いいじゃないですか。ここで一旗上げないと…」
上戸彩や米倉涼子、菊川怜などが所属する「オスカープロモーション」の湯本浩昭が、ナント9月15日付でオスカーを円満退社して、独立するという。オスカーでは宣伝部に所属していた。みんな「宣伝部長」なんて言っていたけど、実際には「宣伝部副部長」だった。
もう、独立後の会社も作っている。顔に似合わず、なかなかしっかりしている。新会社は東京・西麻布の交差点の近くらしい。社名も「カロス・ファクトリー」と決めているらしい。「カロス」というのは、ギリシャ語で「美」という意味らしい。つまり「美の工場」なんだとか。文字通り、モデルを中心としたタレント事務所を目指すらしい。「オスカー」のライバル・プロになるのか注目される。
しかし、最初はコンパニオンの派遣となそう。すでに50人ぐらいが登録されているという。コンパニオン業務で事務所の赤字をおさえていこうという魂胆である。それにしても、社員はデスクを含め4人だというが、大変だろう。
オスカーをやめるにあたっては、置き土産に女優の「横山めぐみ」を移籍させたという。フジテレビ「北の国から」や「恋」、「ダブル・キッチン」(TBS)などで活躍したベテラン女優である。しかし、移籍させるなら、自分の新しい事務所でやればいいのに、そこが彼の律儀なところなのかもしれない。
オスカーを辞めるにあたっては、強く引きとめられたという。給料を上げるとか、新しいポジションを用意するとも言われたらしい。それでも、独立の意志は変わらなかった?
「いや、もう事務所を作っちゃったから」
ちょっと、顔が曇りがちだった。
因みに、オスカーでベテラン社員が辞めるのは初めてのケースらしい。まあ、独立する以上は、せいぜい頑張ってもらわなければ!!