安倍晋三に続いて福田康夫まで政権投げ出す!! まさか小池百合子を総理にして支持率アップ狙う!?

もはや自民党政権は終わりだ。去年の9月に安倍晋三が総理を電撃辞任したが、その安倍に代わって総理になった福田康夫も総理を投げ出した。全く無責任な御仁である。しかし、本来なら辞任なんかじゃなくって解散、総選挙だろうに。いずれにしても、公明党の事情もあるし年内解散は確実になったが、それまでの2~3ヶ月で支持率を上げるしかない?
結局、福田では選挙は戦えない、国会運営で自民党内の調整も出来ないという、政権内の事情があるはずなのに、いつの間にか民主党や小沢一郎代表の責任にしている。実に問題だ。だいたい、辞めるんだったら、何で内閣を改造したのだろうか?やっていることが理解できない。もっとも、ここで福田が辞任したのは、自民党総裁選を民主党の代表選にぶつけようとしたムキもある。ま、どっちにしても、この情勢では麻生太郎の総裁選出馬は微妙だろう。だいたい、麻生の人気なんて、あるんだかないんだか分からない。そう考えたら意外に小池百合子ってことも十分にある。初の女性総理とか何とか言って支持率のアップを狙う可能性大だ。公明党も、小池だったら(選挙が)戦えるなんて単純に思うかもしれない。もちろん、今週から来週にかけて自民党内の調整も活発になるだろが、総選挙を目前にした今の自民党内の事情を考えたら、小池総理と言うのは手段の1つだろう。しかも小池が出てくれば、小泉純一郎もシャシャリ出てくるだろう。それによって、ノー天気な国民をまたまた騙すことが出来るってわけだ。そうなったら、またまた暗黒時代は続くことになる…。