EMIミュージック・ジャパンの新社長にライバル、ワーナーミュージック・ジャパン専務の市井三衛氏が就任!!

holiday-zpfile004.jpg3ヶ月もの間、空席になっていいて、各方面から注目されていた「EMIミュージック・ジャパン」の社長兼最高経営責任者(CEO)に10月1日付で市井三衛氏【写真】が就任することになった。市井氏は、きょう付でワーナーミュージック・ジャパンの専務取締役・CFOを退任する。まさに”電撃移籍”である。
社長兼CEOに就任する市井氏は、1957年10月20日生まれで、慶應義塾大学経済学部を卒業後の80年、日本の商社・東京貿易に入社した。米国ヒューストン、豪州メルボルンでの5年間の海外勤務も含め、日本及び海外でビジネスの実践を学んで、米国ピッツバーグ大学ではMBAを取得しているという。98年に米国最大の食品メーカーであるクラフトフーズ社の日本法人であるクラフト・ジャパンの取締役CFOに就任、その後、世界的なヘルスケアー会社であるバクスター社の日本法人では事業開発部長も務めてきた。02年にワーナーミュージック・ジャパンに取締役・CFOとして入社、同社ではファイナンス、業務管理、経営戦略等の部門を担当してきた。また、投資、主要アーティストやライセンスの契約など重要な取引の交渉や、デジタルビジネス事業の立ち上げ時に管轄するなど、ワーナーミュージック全体の事業におけるワーナーミュージック・ジャパンの重要度アップに貢献、05年に同社専務取締役・CFOに就任していた。
EMIミュージック・ジャパンには宇多田ヒカルをはじめ松任谷由実、アルフィー、氷室京介、布袋寅泰、今井美樹、椎名林檎などが所属する。洋楽もビートルズやクイーンなど大物が多い。まさに日本を代表するレコード会社である。その代表取締役社長兼CEOに就任にするにあたって市井氏は
「『EMI』は、日本はもちろん世界中から偉大なアーティストや楽曲を送り出す素晴らしい歴史のある、エスタブリッシュされた魅力的なブランドです。音楽産業に世界規模での大きな変化が起きている今、EMIは消費者が求める全ての方法で、できるだけ多くの消費者に音楽を届けるというゴールを目指しています。 私はEMI ミュージック・ジャパンのチームをリードすることを光栄に思うと同時に、この素晴らしい会社に関係する素晴らしいアーティスト、マネジメント・オフィス、EMIで働く人たちと共に働くことを楽しみにしています」
とコメントしている。
因みに、市井氏の就任にEMI Music  Asia Pacific /Latin Americaプレジデントのエイドリアン・チーズリー氏は
「EMIミュージックの日本のビジネスの新たなリーダーとして市井三衛氏を迎えることを大変うれしく思います。彼の経験、情熱、そしてリーダーシップ・スキルは日本のメジャー音楽マーケットにおけるEMIミュージックの発展と成功のために非常に重要です」
と語った。

宮崎県警が海賊版ソフトの販売容疑を固めるため“買受け捜査”  51歳の健康食品卸販売業男性を逮捕

まさに“おとり捜査”である。宮崎県警生活安全企画課、生活環境課と都城署は、個人で開設したWebサイトで、海賊版ソフトを販売していた宮崎県宮崎市の健康食品卸販売業の男性A(51)を著作権法違反の疑いで逮捕した。Aの逮捕は一般からの情報提供だったらしいが、宮崎県警は、Aの逮捕にあたって、コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)と連携しAの海賊版販売容疑を固めるため、何と「買受け捜査」を行なったという。まさにAは警察の“おとり捜査”に、まんまと嵌ったわけだ。
宮崎県警生活安全企画課、生活環境課と都城署の調べによるとAは、今年5月30日、「ジャストシステム」から発売された「一太郎2006」と「メガソフト」から発売された「3Dマイホームデザイナー2006」をCD‐R2枚に複製して、6000円で販売していた。Aは、「FUSION‐NET SYSTEM.INC」という架空の企業を装ったWebサイトを開設。海賊版ソフト販売のほか、健康食品卸販売代理店の募集などを行っていたという。さらに、販売している海賊版ソフトを「Volume Lisence Soft」とし、「既に登録済みのSoftです。従って購入者が新たに登録は出来ません」「商品のパッケージ内容は、ソフト及びシリアルのみとなります。説明書等はございません」などの説明書きをしていた。Aは、約180種類の海賊版ソフトウェアを用意していて、1本につき2000~2万円で販売していたという。
因みに、3000円で販売していた「一太郎2006」の正規品価格は2万円(税別)。同じく3000円で販売していた「3Dマイホームデザイナー2006」の正規品価格は、9800円(税別)だった。警察はAの自宅の他、宮崎県都城市内の実家などにも家宅捜索を行い、PC7台、マスターとなる海賊版CD‐R約230枚などを押収した。

国交相・中山成彬の“失言”は確信犯!! 総選挙を目前に控え地元・選挙区に自らをアピールした!?

麻生自民党が早くもヘロヘロになってきた。国交相の中山成彬が失言の責任をとって辞意の意向を示した。明日には辞任するという。しかし、任命されて僅か3日で辞めるなんて、麻生太郎の“お友達”は、やっぱりロクな奴がいない!!
でも、冷静に考えてみると、今回の中山発言は、わざと麻生の足を引っ張っているとしか思えない。その一方では、総選挙を間近に控えて、自らをアピールしたかったのだろうか!? いずれにしても、確信犯だったことには間違いない!!
今回の組閣で、中山は麻生にゴネ抜いて国土交通大臣に任命された。ゴネ得なのは、成田空港反対派なんかではなかったのだ!! しかも、閣内には「失言には注意して…」とお達しが出ていた。その矢先の出来事だった。
だいたい、マスコミは“失言”と言うが、中山発言というのは、そのマスコミのインタビューに答えたものだった。つまり、最初から分かっていて発言した――これは明らかに確信犯だろう。
失言騒ぎの最中の27日、地元・宮崎での講演でも「日教組をブッ壊す!」なんて平然と言っていた。しかも、発言は撤回しないとも…。要するに、中山にとって、これは失言でも何でもなかったのだ。中山は信念を語っていたのだ。今回、謝罪をしたのは、「しぶしぶ」であって、あくまで建前に過ぎない。心の中では「自分の言いたいことを言って何が悪い!」と思ってるに違いない。
そりゃ、中山も政治家。政治家が信念として自らの考えを主張することは正しいたろう。それを否定することは出来ない。ただ、大臣として政権の中枢にいるのだから「個人的な意見として…」なんて論理は通るはずがない!素人じゃないんだから、日教組を批判し、教育のあり方を主張するんだったら、まず、中山本人が政治家として教育されないとダメだ。政治家として常識に欠けている! しかし、こんな奴に文部科学大臣までやらせていたんだよな…。恐るべし自民党!!
しかし、中山が、何で今、こんなリスキーな行動に出たのかがポイントである。しかも、ムキになってる。いや、意地になっている感じだ。
…これは間違いなく、来るべき総選挙を睨んでの行動ということだろう。そう、選挙に弱い与謝野馨が意味もなく総裁選に出馬して、自らの政治姿勢をアピールしたのと似てる。だいたい、中山のようなジミ〜なヨタ政治家なんか、大臣でもなければ、誰も相手にするわけないだろう。つまり、中山はゴネて国交相になり、自らの政治姿勢をアピールしたのだろう。いくら批判されようと総選挙で当選したら結果オーライってこと。総選挙の前で中山なりに必死なのだろう。おそらく、中山にとって今回の選挙は焦りがあったに違いない!
とは言っても所詮は、そのまんま東が知事になって喜んでるような宮崎県である。しかも、県内にはNHKと民放2局しかない情報過疎地域である。このぐらい騒ぎにならないと、存在をアピール出来ないのだろう! これが現実である。
現実と言えば、小泉純一郎である。自ら国会議員を引退するのは、次男の進治郎に譲るためだった。これじゃ2世、3世どころじゃない!! まさか、小泉は政界を引退して小池百合子と結婚するのでは!? だけど、民主党政権になろうと、自民党政権が続こうとも、民間人になるわけだから、民間からの登用で小泉は、何らかの大臣になれる。実現したら、まさにサプライズになる!?

ワッパを外せ!日本人にバイブレーションを感じてる!六本木ヒルズで落書犯の逮捕現場に出くわす!!

holiday- 画像 018.jpgholiday- 画像 020.jpgholiday- 画像 021.jpgholiday- 画像 023.jpgholiday- 画像 026.jpg月末の金曜日の深夜。六本木ヒルズのテレビ朝日通りで迷って、警備員に道を尋ねていたら、そこに脱兎の如く?走ってきた男が僕にぶつかってきた。
「おい!!おい!!」
その男は、僕にぶつかった弾みで路肩の垣根に転がった。警備員は、ぶつかった男ではなく僕に「大丈夫ですか?」尋ねてきた。すると、その後から警察が追いかけてきた。
「その男を捕まえてくれ!!」
「?」
一瞬、状況が掴めずにいたら、警察の叫びに、さすがは警備員である。僕にぶつかって転がっていた男に飛び掛り、とっさに押さえ込んだ。追いかけてきた警察は、警備員に代わって男の
手を押さえ込むと、腰から手錠を取り出し、男の腕にかけた。しかし、男は大声でわめき散らす。
「離せ! 手のワッパを外せ!オレが何をした!!」
どうやら、この男は、六本木ヒルズのどこかに落書きをしていたようだ。まさに現行犯逮捕の現場である。
警察 「何で、落書きをしていた!」
男 「落書きなんかしていない!」
警察 「落書きしていたじゃないか!」
男 「落書きなんかじゃない!オレは落書きなんかしていない!」
警察 「だったら、何で逃げるんだ!」
男 「逃げてなんかいない!」
警察 「逃げたじゃないか! 落書きしていただろ!」
男 「落書きじゃない! 六本木ヒルズにプリントをしていただけだ!プレンとして何が悪い!」
警察 「いい加減なことを言ってんじゃない!」
男 「日本人は何をやっている! オレは日本人にバイブレーションを感じているんだ!」
警察 「何を言いたいんだ! 静かにしろ!」
その後、日本人について、わめき散らしていたが、何を言っていたのか、よく分からない。しかし、僕が現場の写真を撮っていたら、その男と目が合ってしまった。
男 「オレの写真を撮るな! 撮った写真を見せろ! これが日本の警察の真の姿だ! オレは悪いことをしていない。何で捕まえるんだ!何をするんだ!手のワッパを外せ!」
そのうちに、パトカーが1台、2台…現場に到着した。それでも、男は大声で叫び続けていた。単なる変質者か? 或いは、薬物使用者か? いやいや、それにしてもとんでもない現場に出会ったものだ!!

“変人”かと思ったら案外、マトモ人間だった?小泉純一郎! 小泉の政界引退で麻生太郎が霞む!?

小泉純一郎が政界から引退するという。ま、小泉らしいって言えば、小泉らしい。しかし、己のやってきたことを考えれば、まあ、変人・小泉にしちゃ、マトモ、常識的な判断をしたものである。だいたい、年金問題だって、小泉が厚生相時代に失態したことがビミョーに影響しているし、“ジジババ殺し”の後期高齢者医療制度にしても、小泉内閣の時に決まった。郵政民営化も小泉だ。郵政は民営化さた途端にサービスが悪くなり「こんなハズじゃなかった」状態である。ノー天気な国民は小泉引退にショックを受けているらしいが、全然、影響はない!逆にバンザイである!! 恐らく、テレビのワイドショー連中ってニンマリだろう。これから、総選挙まで「小泉劇場」のニューバージョンである。共演は小池百合子を始めとする小泉チルドレン。 あと、総理を途中で軽く放り投げ、平然としている安倍晋三や福田康夫も他人事なんていっていられない!「オマエ等も無責任な行動を反省して引退しろ!」である。ぶっちゃけ野中広務が政界を引退したのと同じようなものだろうが、小泉の政界引退は、もしかしたら自民党政権の終焉になるかもしれない。麻生太郎も霞んでしまいかねない。だとしたら、それは素晴らしいことだ!それにしても、引退した後の小泉はテレビから週刊誌、さらには出版など引っ張りだこになるだろう。まずは、田原総一朗あたりが狙うに違いない。今日からワイドショーなんかで争奪戦だ。しかし、小泉の引退は? 小泉路線(構造改革路線)を否定され、自民党に仕返したいのか?単なる気まぐれか?小泉流の美学なのか?まさか…、地盤、看板、カバンを息子の孝太郎に譲るなんてなったら、笑っちゃうだろうな。

あの鈴木宗男さんも泪を隠せなかった!? 松山千春の映画「旅立ち~足寄より」試写会

image230.jpg松山千春の自伝的小説「足寄より」を映画化した「旅立ち~足寄より」が完成、東京・五反田のイマジカ本社の第2試写室で試写が行われた。8月13日から五反田のイマジカ本社で何回か関係者向けに試写を行い、9月10日には札幌のSTVホールで、千春や竹田健二ディレクターの奥さんも招いての試写会が行われてきた。その都度、修正が加えられ、今日は、完全に出来上がった「旅立ち〜足寄より」を上映した。完全版では、千春の肉声による語りが付け加えられている。
今さら書くことでもないが、原作の「足寄より」は、千春が77年に「旅立ち」でデビューして2年後の79年に発刊された。当時23歳の千春が、自らの生い立ち、生き方、そしてデビューするまでを描いた小説として発刊され話題となったもの。06年秋、朗読による初のドラマCD「足寄より〜旅立ち編」として発売され、このCDがキッカケとなって映画化された。CDドラマでは、塚本高史が千春役を、そして、千春の恩人で生みの親であるSTVラジオの竹田健二ディレクター(享年36歳)と語りを、NHK総合「プロジェクトX~挑戦者たち」のナレーションを担当していた田口トモロヲを起用していたが、映画では新進俳優の大東俊介が千春役を演じている。また、竹田ディレクターには萩原聖人、千春の父親役は泉谷しげるが演じている。それにしても大東は、新人の俳優だが、実に努力家で真面目。彼の性格が映画にも表れている。
試写会には、衆院員議員の鈴木宗男さんも駆けつけた。総選挙を目前に控え、何かと忙しい時だろうが、イマジカ本社の試写室に駆けつけてくるとは、噂どおりのフットワークである。しかも、映画を観た後、目の周りが真赤になっていた。さすがの宗男さんも、出てくる泪は隠すことが出来なかった?
「旅立ち〜足寄より」は、あした26日からマスコミ向けの試写会が行われ、11月22日から北海道先行公開される。

この秋、CMやドラマ主題歌で一気にブレイクか!?  沖縄出身の新人しおりがライブ!!

image227.jpgimage229.jpg沖縄出身のシンガーソングライター、しおりのライブを東京・渋谷のライブハウスに観に行った。「Apres un reve vol.4」とタイトルされたイベントで、しおりの他にもSean North、植村花菜、JULEPSといった新人のグループやらアーティストが出てきた。1組のアーティストが約30分程度のステージ・パフォーマンスを行うというコンベンション風な企画のものだった。もっとも、僕自身は、しおり以外のアーティストは知らなかった。「このアーティストは誰だろう…」と、思っても、その参加アーティストの資料が用意されていないので、どういったアーティストなのか分からない。もちろん曲目も知らないし、どこのレコード会社から発売されているのかも分からない。こんなライブでいいのだろうか!?この意味の分からないライブに参加していた、しおりは、2年前の06年の夏に「Smile」(06年8月22日に沖縄限定発売)という曲で注目された。♪ 君の笑顔が一番好きなんだ。君の笑顔がみんなを幸せにする…という曲だが、メジャー・デビューは昨年8月だった。彼女のライブは久しぶりだったが、ずいぶん上達して、特にステージ・トークが上手くなっていた。今回、ライブ出演した4組の中では一番、ライブ慣れした感じだった。しかも、他のアーティストは知らないが、しおりは、7月2日にアルバム「青空」が発売されたが、そのアルバムの収録曲の中で「僕の信じる道」が現在、ブルボン・アルフォート・ミニ・チョコレートのCM曲として使われている。水嶋ヒロが出ているCMである。また、10月からスタートする連続ドラマの主題歌に新曲が起用されることが決まっているそうで、この秋は、かなり楽曲の露出が高まりそう。今回のライブでは、「Smile」の他、この「僕の信じる道」をはじめ「永遠(とわ)」、「スポットライト」などを歌っていた。「僕の信じる道」は、シングルで発売されていないが、「レコ直」の有料音楽配信でウィークリー・チャート初登場72位だったとか。11月23日には渋谷で単独ライブも予定されているそうだ。

ペテン横綱・朝青龍の休場。ウキウキとモンゴル巡業にも同行した精神科医・本田医師はどうした!?

実に、いい加減である。あれだけ朝青龍を批判しておいて、その朝青龍が休場となったら大騒ぎ。1年前にあれだけ批判していたのに…、朝青龍なんて休場しようと引退しようとどうでもいいではないか!? だいたい、朝青龍も朝青龍だが、日本相撲協会もどうしょうもない。この1年の相次ぐ不祥事の後で変わったことと言ったら、新たな不祥事で麻薬事件が起こったことと、理事長に執着し続けてきた北の湖理事長がしぶしぶ辞めたことぐらい。一体、どうなっちゃっているんだろうねぇ。そんな日本相撲協会に朝青龍を諭せるはずがない!!それにしても、朝青龍って、巷では気性の強さ、気迫の強さ、荒々しさ、負けん気、闘志を表に出す力士だと言われているらしい。その朝青龍が思わぬ4敗。すると「思い通りの取り組みが出来ない」とか「古傷の左ヒジが悪化した」とか言い、ついに周囲から「精神的に異変が…」なんて。一部には、武蔵川理事長の方針で「立ち合いなどルールの変更」したことで精神的にダメージを受けたなんて声もあるが、それで「思い通りの取り組みが出来ない」なんて、横綱をバカにした話である。だいたい横綱になるには「精神力の強さ」が重要なポイントなはず。しかし、1ヶ月前には、ウキウキしながらモンゴル巡業に行って、親族の経営するサーカス場で大相撲を行い、朝青龍は優勝していた。それが、1ヶ月も経たないうちに…。そういえば、あの時に朝青龍に付き添った精神科医の本田昌毅医師は一体、どうしちゃったのか!? 天下の精神科医・本田医師がピッタリとついていて、精神面でモロくなっていたなんていったら、本田医師の存在意義なんてないだろう。そう思いながら、今朝のテレビ朝日「スーパーモーニング」を観ていたら、何と、本田医師ではなく、ニンニク注射の権威?六本木「平石クリニック」平石貴久院長が出てコメントしていた。またまた、平石さんかぁ!!と思ったが、だったら、モンゴルまで同行した本田医師は!? 精神科医のくせに、ココゾと言う時に何をしているのか? ったく!!どうでもいい時にヘラヘラと登場して、目立つだけ目立って、バツが悪くなったら出てこない。もしそうだとしたら、まさにヤブ医者の典型だ。しかし、裏では儲かっているっているっていうんだから、本性は詐欺医師のようなものか? だいたい本田医師なんて表向きは「精神科医」なんて言っても、実際には話を聞くだけのカウンセリングばかりで、大したことはやっていないと思うが…。それにしても、武蔵川理事長は朝青龍に「2〜3場所は休め」と言ったらしい。もっとも、朝青龍は「次の九州場所から出ます」なんて嘯いているらしいけど、実際には、仮病かもしれない。朝青龍は、あれでいて随分、役者だから。モンゴルの実兄が、政界に進出するっていうから、「治療」なんて言いながら、実は、モンゴルに実兄の選挙応援しに帰国するのが目的なんじゃないかなんてことも言われている。 朝青龍は常にビジネス優先。相撲はビジネスのための手段に過ぎないのだから。いずれにしても、朝青龍のやっていることは、なかなか分からない!!インチキ精神科医とペテン横綱…。こね際だから、休場なんて言わずに、早いとこ引退に追い込んで、本田医師と一緒にモンゴルに追っ払ってしまった方がいい!!

税金滞納の「ナイタイ出版」は不滅だって!? 「中国ナイタイ」の奥田秀憲会長兼CEOが再建を明言!

20080922213816.jpg数億円もの税金を滞納して東京国税局から、商標権を差し押さえられたという風俗情報誌の「ナイタイ出版」が、何と再建を目指して頑張っているという。赤字続きの風俗情報紙「ナイタイスポーツ(ナイスポ)」は休刊されるが、ヘルス、キャバクラ、ホストなどを扱う雑誌「ナイタイ」は、黒字で「採算は十分に上がっている」そうで、これまで通り発行していくというのだ。先日、【ヘッドロック】で「ナイタイ出版」について、税金を支払えず破綻と書いたら、ナイタイ出版の兄弟会社で、中国・四国地区を扱う「中国ナイタイ」の会長兼最高経営責任者(CEO)の奥田秀憲さん(写真)が、事情を説明に上京してこられ東京・六本木で会った。奥田さんによれば、現実のこととして「ナイスポ」は休刊したが、その他の出版物は黒字だそうで、税金も一時は滞ったが、現在は徐々に支払っていることを明らかにした。「確かに経営は厳しいですよ。しかし、人員を整理して、健全な経営体制を目指している。年内には体質改善がはかれるはずです。大丈夫ですから、見ていてください」。これまた自信満々の表情だった。奥田さんの率いる「中国ナイタイ」も、広島県を中心に四国で、風俗情報誌を出しているが、これが“黒字経営”だそうで、何でも「超優良会社」なんだとか。「まあ、大声では言えませんけどね」なんて苦笑いしていたが、世の中、不況でも風俗は強いってことか!?「まさか、リーマン・ブラザーズは絡んでなかった?」なんて、くだらないことまで聞いてしまった…。いずれにしても、奥田さんによれば、「東京や大阪に比べたら落ちるかもしれませんが、中国・四国もいいですよ」。なんてアピールしていた。なるほど…ということで、近々、広島でナイトツアーを行うことになった。

究極の“茶番劇”で自民党総裁になった麻生太郎。器じゃないのに総理になるの!?

“茶番劇”の総裁選が終わって、予定通りに麻生太郎が自民党総裁に選ばれた。これをアホらしいと言わずにいられるか!! 最初から決まってる総裁選を、わざわざやる意味があったのかね〜!? 時間と金の無駄である。しかも、この中身のない茶番劇場に与謝野馨、小池百合子、石原伸晃、石破茂の4人も参加して、まさかの全国行脚。究極の無駄遣いである。野中広務が言っていた。「やっぱり、5人は多い。3人ぐらいが丁度よかったかも」。同じことを平沢勝栄までもが平然と言っていたが、そんなの多いとか、丁度いいって問題じゃない。中身のない総裁選なんて、最初から意味がないってことである。マトモな国民なら、誰から見ても“出来レース”だと分かる。こんなこと平然とやって、疑問さえ感じていな自民党というのは、これは国会でもどこでも、普段から同じようなことをやっているからなんだろう。もう、どうしょうもない。この“茶番”の総裁選は麻生が351票で、次点の与謝野が66票。小池なんて、46票である。小泉チルドレンはどうした!! 総選挙を前に仲間割れか!? こうして見たら小池や石原、石破なんてのは、もはや泡沫候補に過ぎなかった!? 所詮はチンピラ議員のパフォーマンスだったのだ。それにしても、麻生なんかが自民党総裁なんて、自民党も終わりである。だいたい、麻生なんて器じゃない。しかし、その自民党総裁でさえ器じゃない麻生が、24日には日本国の内閣総理大臣になるってんだから、これはブラック・ジョークなマンガにもならない。異常気象と並ぶ異常事態である。珍現象だ! そもそも、麻生のような、お坊っちゃま育ちのボンボンに何が出来ると言うのか!?しかも、その麻生を公明党がパック・アップしている。もう公明党なんて解党して自民党にでも吸収された方がスッキリする。「自由公明党」なんていいんじゃないか!?文句を言うのもアホらしい。もっとも、麻生なんて史上最短の総理大臣になることは確かだ。やはり、ここは民主党に政権を渡して、一度、小沢一郎に総理をやらせた方がいい!!