何でキューピット役の橋本真也への感謝の気持ちを示さなかったの? 坂田亘と小池栄子の挙式・披露宴

プロレスラーの坂田亘とタレントの小池栄子が挙式・披露宴が25日に東京・芝の東京プリンスホテルで行われ、その派手さが話題になったが、その挙式・披露宴に水を差す声もあった。
2人の出会いは今から7年前の01年末。坂田の試合を観戦した小池が一目ぼれしたのがキッカケだったという。
「実は、2人の愛のキューピットは橋本真也(故人)だったんですよ。小池が一目惚れしたということで、橋本が2人の食事の場をセットしたんです。確か、福岡だったと思うけど、そこで小池が、坂田に愛を告白した。要するに、橋本が食事の場を設けてくれなかったら、ゴールインしたのかどうか」(関係者)
2人は、年が明けた02年から交際をスタートした。
しかし、2人のキューピット役を務めた橋本は脳幹出血のため05年、40歳の若さで亡くなってしまった。昨年8月29日に婚姻届を出した時は、岐阜県土岐市にある橋本の墓前に出向いて、結婚を報告をしたという。
それから1年。挙式・披露宴では、桂由美がデザインした純白のウェディングドレスに身を包み、オーディマピゲの3カラットのダイヤの婚約指輪まで初披露した。小池は
「父親とバージンロードを歩くという夢が実現できてうれしい」。
と、終始ご機嫌だった。
披露宴には魔裟斗、矢沢心夫妻や爆笑問題、ベッキーら親族、友人、関係者ら420人が出席した。だが、
「やっぱり、2人の出会いのキッカケを作ってくれたのは橋本なんだから、橋本について語るべきだったんじゃないの? 披露宴の席上で、橋本のことが全く出てこないってのはおかしい。感謝の気持ちを忘れちゃいけないよ。そうじゃない? もう亡くなってしまったからどうでもいいってもんじゃないでしょ。正直言って納得いかないね」
ある大物俳優が憮然とした表情で言い放った。
いやいや、2人の頭の中には橋本真也の「は」の字もなかったのかもしれない。あるいは「今さら、そんなこと言われても…」って感じか!?