寺山修司没25周年で追悼イベント「世界が注目する奇才・寺山修司を語る」開催(27日)

寺山修司没後25年を迎えた今年、寺山氏を題材にした、さまざまな企画が進んでいる。その中で、最も注目されているのが、寺山氏の出身地である青森県出身の有志で組織する「青森県の文化を語る会」が企画している追悼イベント「世界が注目する奇才・寺山修司を語る〜あなたは故郷に捨てられたか、それとも故郷を捨てたのか〜」なんだという。6月27日に東京・両国の江戸東京博物館ホールで行われる。いわゆる”寺山ワールド”を語るもので、2部構成のイベントとして行われる。。
 寺山氏は、青森県の弘前から三沢→青森→東京と駆け巡り、47歳という若さで亡くなった。詩人、小説家、脚本家、映画、演劇、そして評論家と、さまざまな顔を持ち、周囲からは奇人変人とも言われた。今回の、イベントについて、企画・制作・演出を担当する大山禮二さんは
「寺山ワールドの出発点になっているのは青森を風土とした原風景。今回は、この原風景を意識したプログラムにした」
と言う。
第1部は、寺山氏が脚本・監督した「田園に死す」(1975年カンヌ映画祭出品)を上映、第2部では、津軽三味線による叙情詩(放送詩劇)で寺山氏の作品「狼少年」の舞台朗読パフォーマンスを行うという。さらに、第2部では若山多香子(フリーアナウンサー、元青森放送)の司会でフォーラムも。パネリストには品田雄吉(映画評論家)、小菅麻紀子(寺山修司研究家)、横濱征四(立教大学社会学部メディア社会学科教授)、九條今日子(女優・元寺山修司夫人)が予定されている。また、香月まき子(歌手・画家)、高杉稔(俳優・歌手)も特別出演するという。
開演は、第1部=午後2時で、第2部=午後6時。料金=各2000円/問い合わせ=03(3685)1896 青森県の文化を語る会

再建不能に!! 米国移住の折口雅博も真っ青!? グッドウィルが人材派遣の許可取り消しで廃業へ!! (6)

20080614042256.jpgついに、折口雅博が陰で率いるグッドウィル・グループが廃業することになった。厚生労働省、人材派遣業としてのグッドウィルの許可を取り消すことになったのだ。グッドウィルは「人材派遣業」の会社。日雇い派遣を主業務にしていただけに、その許可を取り消されたら、ニッチもサッチもいったもんじゃない。もはや事業の継続は不可能だ。
【ヘッドロック】は、昨年6月にグッドウィル・グループの子会社で訪問介護の最大手だった「コムスン」の問題が発覚して以来、追及を続けてきた。グッドウィル・グループは、その攻撃に何度も抗議をしてきた。そのやり口は、野口美佳率いる「ピーチジョン」と同じだった。ヒルズ族仲間は、みんな同じである。【ヘッドドック】に文句を言ったところで、やってきたことは隠し通せないってことである。
グッドウィルは、06年5月から07年6月にかけて、別の港湾運送業者へ二重派遣されることを知りながら、51人を東京・港区の「東和リース」に派遣していた。いわゆる「二重派遣幇助(ほうじょ)事件」だ。このためグッドウィルは、今年1月から全事業所を2〜4カ月の事業停止させられていた。当然だが業績は悪化し業務を縮小することになった。その一方でグッドウィルの売却も視野に入れて検討を進めていたが、もはや心肺停止といった状態である。
それにしても、折口雅博は、米ニューヨークにグッドウィル・グループが経営する日本食レストランがあったりすることからか、米国でグリーンカードを取得して家族で移住、細々と暮らしているらしい。現在はボストンだが、近々にはニューヨークに移り住むと言われている。
しかし、グッドウィルが、廃業となったら、現在でも抱えている巨大借金がさらに膨らむ。借金の返済問題も含め頭が痛いはずだが…。自家用ジェットは43億円で売り、軽井沢の28億円とも言われる別荘もセガの中山隼雄社長に売却した。田園調布の豪邸や葉山、伊豆高原リゾートマンションも売り出しにかかっている。折口自身も捜査当局にマークされているだけに、日本に帰ってこることが出来ない。
もっとも、こんな人間を未だに「相談役」として残しているグッドウィルというのも常識がない。厚生労働省の役人は、都合のいい時は「折口雅博さん」と言って持ち上げていたが、都合が悪くなったら「折口雅博」の名前を消し去ろうと躍起になっている。まあ、折口グッドウィルの周辺は胡散臭い奴らの集合体だったってこと。しかし、納得できないのは、その折口にパラサイトしていたジャリタレの南明奈や矢吹春奈、森下悠里などなど。折口のオモチャになっていたようなアイドルなのに、それをウリに平然と活動を続けている。まあ、それだけ実力があるってことか、それともファンがノー天気なのか? まあ、所詮は日雇い労働者の予備軍のようなファンが応援しているのだろう。
それにしても、グッドウィル・グループは米再建ファンドのサーベラスと米大手証券のモルガン・スタンレーが、経営にサジを投げてしまった主要取引銀行の「みずほ銀行」から債権を譲渡され、再建を図ろうとしていた。しかし、その矢先にユナイテッド・テクノロジー・ホールディングスが筆頭株主に躍り出たため、舵取りが出来なくなった。対応策としてグッドウィル・グループは、増資してユナイテッド社の持ち株比率を減らそうとしていたが、今回の人材派遣業の許可取り消しで、外資系ファンドも大慌てに違いない。
もはや六本木ヒルズや六本木ミッドタウンからの撤退するしかない。