Archive for 6月, 2008

居酒屋で鮭茶漬けを注文したら…

月曜日, 6月 23rd, 2008

20080623203151.jpg東京・田町の居酒屋「ダイニング彩」で、鮭茶漬けを注文したら、お茶漬けの上に大きな鮭が、そのまんま乗っていた。しかも、骨だらけ…。骨があるから魚は好きではないのに、何で骨を取りながら鮭茶漬けを食べなければならないのか!? 納得いかない。と、その時だった。鮭の小さな骨が喉に!! ゲボ〜ッ、思わず吐き出しそうになった。喉に傷がついた!! そればかりではない。とっさに舌の端を噛んでしまった。アメリカだったら、間違いなく裁判沙汰だ!

法的手段も…。サイバーエージェントの藤田晋とMASAYAの宣伝に利用されたX JAPAN(上)

月曜日, 6月 23rd, 2008

X JAPANのボーカルTOSHIが、エコ・バンド“TOSHI with T−EARTH”を結成して、8月から全国ツアーをスタートすることについて、X JAPANのグループ内で不協和音が出ている。
X JAPANの活動は、制作運営管理委員会を組織して動いていたが、TOSHIは、その管理委員会の意向を無視して行動してしまったということのようだ。だが、現実問題としてTOSHIが1人だけの思惑だけで無視するはずがない。実は、その背後には、かつて問題となった“自己啓発セミナー”を主宰する、サウンドプロデューサーのMASAYAが絡み、何と、それをサイバーエージェントの藤田晋がバックアップしていたのだ。早い話、藤田晋を頂点にMASAYAとTOSHIがトライアングルで計画していたのが“TOSHI with T−EARTH”だったのである。
実は、この企画は昨秋も水面下で準備が進んでいたが、実現には至らなかった。しかし、今回は、X JAPANの再結成の盛り上がりや、HIDEの追悼コンサートの大成功を受けて、注目度も高まっていた。「このチャンスを利用しないテはない」と、藤田晋とMASAYAは考えたのだろう。再び、TOSHIバンドの構想が浮上し、急遽、8月からツアーをスタートさせることになったようだ。
それにしても、X JAPANの再結成に関しては、TOSHIとMASAYAの関係が大きなネックになった。だいたい“自己啓発セミナー”というのは、一種の“洗脳集団”で、被害者が多数出た。裁判沙汰にもなった。このことをTOSHIは、十分に心得ていたはずだが、未だに、MASAYAにTOSHIはコントロールされていたのか!? しかも、そこに藤田晋までもが絡んでいたとは…。藤田晋は金銭面でバックアップしていたことは間違いない。サイバーエージェントは、もはや反社会的なIT企業に成り下がったと言っても過言ではない。
しかも、大きな問題は、エコ・バンドの活動をX JAPANに便乗して計画していたことだ。“TOSHI with T−EARTH”の記者会見のリリースには、TOSHIに名前に「X JAPAN」の表記をつけ、いかにもX JAPANも公認しているかのように見せた。
関係者によると、“TOSHI with T−EARTH”の記者会見を前に、サイバーエージェントの藤田側に、「X JAPANとは関係のない記者会見」ということで、X JAPANの名前は一切出さないように忠告していたという。しかし、その忠告は無視された。
「サイバーエージェントの藤田晋は、単に自社の宣伝をするために、MASAYAと組んでX JAPANやTOSHIを利用したに過ぎない。これは許されることではない。明らかにルール違反」
と言い切る。
特に、会見後に、藤田側に抗議したところ
「あ、そうでしたか。それは知りませんでした」
と、木で鼻を括ったような返事をしてきたという。
「知りませんでしたじゃないだろう。やった後に気づいたような顔をしてとんでもない。法的手段も考えていきたい!」
と関係者は憤慨した。
(つづく)

さだまさしと盟友の作曲家、アレンジャーの渡辺俊幸さんが音楽家生活35周年で記念コンサート

月曜日, 6月 23rd, 2008

作曲家、アレンジャーとして知られる渡辺俊幸さんが何と、音楽家生活35周年を迎えるという。長い!! その渡辺さんが、35周年を記念して8月24日、東京・元赤坂のサントリーホールで
「日本フィルハーモニー交響楽団・名曲コンサート」を行うという。スペシャルゲストに、さだまさしを迎え渡辺氏の音楽の足跡を振り返るのだとか。「僕の作品を通して、生演奏ならではのシンフォニック・サウンドを楽しんでもらいたい」という。
渡辺さんは、名古屋市出身である。青山学院大学に入学し、フォークグループ「赤い鳥」を結成した。最初の活動はドラマーだった。その後、さだまさしと吉田正美のデュオ・グループ「グレープ」でサポート・ミュージシャンに加わったのが、音楽活動の転機になった。さだのミュージカル・プロデューサー及びアレンジャーとなり、79年には渡米、あのジャズ・ミュージシャンの名門、バークリー音楽院でクラシック及びジャズのコンテンポラリーな作編曲技法を学んだとか。さらに、ボストンコンサーバトリーで指揮法を学び、アルバート・ハリス氏(ジ
ョニー・マンデルのオーケストレーターとしても著名)に師事し、ハリウッドスタイルのオーケストレーションと映画のための作曲技法を学んだという。
帰国後、作曲家として数々の映画、テレビドラマ、アニメーション等の音楽を担当。ここ数年では、NHK大河ドラマ「毛利元就」、「利家とまつ」、NHKドラマ「大地の子」、「ハルとナツ」、フジテレビ「優しい時間」、映画音楽も、東宝「モスラ」シリーズや「解夏」、「UDON」さらには、05年の「愛知万博 愛・地球博」で開会式(メーンテーマ『愛.未来』)の音楽監督なんかもしている。
さて、記念のコンサートであるが、どうも3部構成らしい。第1部は「渡辺俊幸 思い出の中の名曲たち」と題し、「愛・地球博」や「サウンド.オブ.ミュージック」「ディズニー・メドレー」「ビートルズ『ミッシェル』」などの演奏を披露。第2部では「盟友さだまさしとともに」と題し、さだまさしと共
演。「秋桜」「かささぎ」(NHKスペシャルドラマ『海峡』主題歌)などの演奏を予定している。そして、第3部では「渡辺作品の魅力に迫る」と題し、これまで手掛けてきたNHK大河ドラマ「毛利元就」「利家とまつ」や朝の連続テレビ小説「どんど晴れ」のテーマ曲の演奏を行う。
 開演は午後2時で、約2時間のステージを予定している。料金は7500〜3500円。
http://www.japanphil.or.jp/


ついに…。六本木の居眠り占い師の悲惨な光景。

土曜日, 6月 21st, 2008

20080621222019.jpg何という!もはや末路である。あの六本木の居眠り占い師を
「めっちゃ、オモロイ」
なんて、男女カップルが言いながら写真を撮っていた。【ヘッドロック】ばかりじゃないんだぁ…と思う反面、何か、惨めに思えてきた。出来れば、教えてあげたかったけど、心地よい眠りに入っていたようなのでやめた。
しかし、【ヘッドロック】は、携帯電話の写メだが、男女カップルは、大きなカメラで撮って、特に女が笑いが止まらないほど大ウケだった。

審査委員長が高須基仁だって!? パラオ国際親善大使は明治学院大や東京大学の女子大生だって!!

土曜日, 6月 21st, 2008

holiday- 画像 021.jpgholiday- 画像 027.jpgholiday- 画像 032.jpgholiday- 画像 029.jpgholiday- 画像 030.jpg「パラオ国際親善大使プリンセス選考会」というイベントがあって、東京・四谷のホテルJALシティ四谷に行った。今年で11回目と言うイベントである。94年にパラオ共和国として独立して、今年14年目になるという。パラオって、イメージとしては分かるが、どこにあるのか分からないが、関西空港からJALの直行便が出ているらしい。空港は、日本のお金で作ったそうで、早い話、日本に頼るところが多い共和国のようだ。
この親善大使に応募してきたのが800人。その中から30人が選ばれて選考会。それにしても、東京大学や早稲田大学の政経学部の現役女子大生まで応募してきちゃって、いや、ちょいと驚
き。選ばれても
「基本的にノーギャラなんです。パラオに4泊6日で行けるのが魅力かな」。
だって。いやー、驚き。
「パラオって、旅費が高いんですよ。なかなか行けないじゃないですか」。
なんて、出場していた女子大生が言っていた。4泊6日で20万円前後。やっぱり割高か!?
しかし、審査委員長が、あのサッチーに訴えられた悪役出版プロデューサーの高須基仁である。今回は、その審査員に故横山やすしさんの長男で俳優の木村一八も来た。
で、審査は水着の審査に懇親会審査。まるでキャバクラのようだった。それにしても、パラオプリンセスになった加藤友里は、05年の「ミス東大」だとか。審査員だったオスカープロの湯本浩昭は「第2の菊川怜だね」なんて言っていたが、大学名で「思わず」入れちゃいけない!! 因みに、彼女。「プロダクションに入ってます」と言っていたが、どうもタレント養成所っぽい事務所だったけど…。いずれにしても、選ばれたのは次の人たちの顔ぶれは…。
★ロイヤルプリンセス=鈴木雅子(15番/明治学院大学・24歳)
★パラオプリンセス=加藤友里(7番/東京大学・22歳)、中井美沙(24番/OL・25歳)
★パラオガール=明日果(法政大学・23歳)、河野麻奈(東海大付属校高校・18歳)、傳田朋香(眼科勤務・22歳)、浜田理恵子(アメリカンフットボールのチア・リーダ・26歳)、広村
美つ美(タレント・18歳)、松中仁美(OL・22歳)、渡辺麻衣子(成城大学・21歳)

Vシネ俳優・吉川銀二とバースデー・ケーキ

金曜日, 6月 20th, 2008

20080620001441.jpg20080620001706.jpg何とも似合わない光景だ。
吉川銀二とバースデーケーキである。
6月20日、晴れて何歳かになったVシネ俳優の吉川銀二の誕生パーティーが東京・六本木の某所で行われた。
「首領への道」「暴力商売」「実録・山陽道やくざ戦争 手打ち破り」「実録・大阪やくざ戦争 報復」「WARUワル」など多数の映画、Vシネにヤクザ役で出演している。昨年、6月に羽賀研二の恐喝事件で逮捕された。「事件現場に同席していた俳優」として引っ張られたが、結局は嫌疑不十分で不起訴処分に。もともと、銀二は「オレには関係ない!」と言い続けていただけに、22日間も警察で取調べを受けたことは、今でも納得していないようだ。まあ、結局は厄年だったんじゃないか!?
しかし、今夜は目出度い、目出度い誕生日である。噂で聞いたが、最近は「X JAPANの影の仕掛け人」なんて言われている。Vシネ俳優だけじゃなかった。どうやら、音楽ビジネスにまで参入してきた感じである。DJ OZMAとも仲がいい。
それにしても、バースデーケーキの前の銀二…。イメージが合わない。しかも、ケーキのロウソクを吹き消す姿なんて想像できなかった。

何故かマスコミは沈黙!? 高須基仁に1100万円支払えと野村サッチーが損害賠償請求

水曜日, 6月 18th, 2008

20080614001806.jpg20080613195343.jpg高須基仁訴えられる!!
悪名高い出版プロデューサー、高須基仁が損害賠償請求された(正式にはモッツ出版が訴えられたのだが…)。
原告人は、あの野村沙知代である。プロ野球球団「楽天」の野村克也監督の妻の野村沙知代だ。業界内では“サッチー”と呼んでいる。
その請求は
1、高須は野村に対して1100万円を支払え
2、訴訟費用は高須が負担する
ということで、判決及び仮執行宣言を東京地裁に求めたのだ。
理由は「権利侵害」。具体的には「写真の掲載」と「肖像権侵害」である。
高須が出版した「私は貝になりたい」(写真)に、サッチーの写真が使われていて、これが肖像権の侵害に当たるというのだ。「内輪のパーティーに出席した際の写真を使われた」「知人のパーティーに出席した際の写真を使われた」「浅草での祭りに出向いた時の写真を使われた」「自分の子供の結婚式に出席した際の写真を使われた」とサッチーは指摘、そのいずれもが「私生活に属するもの」と主張している。さらに、その写真には、同席した人の姿も映っていて「公表されれば、サッチーの私的な交友関係までもが広く知れ渡ってしまう」というのである。どれどれ…と見ると、確かに、今話題の三浦和義の顔が…。サッチーは、三浦と交友関係があったことを知られたくなかったのか?
いずれにしても、いずれの写真も撮影したのは2001年前後のものばかり。実に古いものである。しかも、この書籍は、雑誌「サイゾー」に掲載されたものを書籍にしたもの。ということは、かつて使用した写真ということにもなる? だからなのか、この訴訟に対して、高須は怒り心頭だ。メガホンで怒りを叫んでいた(写真)。
実際、高須とサッチーは、実に良好な関係だった。サッチーのためにイベントをやったり、マスコミを集めたり、一生懸命に動いていた。それだけに、何も前触れもなくサッチーが訴訟を起こしたことには驚いた。理由はどうであれ、何と殺伐とした世の中になったものだ。
サッチーは
「写真を無断で掲載されたことで、強い不快感を抱くことになった。その精神的苦痛を金額に換算すれば、1000万円を下らない」
とし
「被害を回復するために訴えを提起することを余儀なくされた」
と言う。
それにしても、サッチーの行動に高須は「冗談じゃない!」と、まさに「売られた喧嘩は…」状態である。この裁判は、今後、最高裁まで行きそうな勢いである。しかし、この注目度の高いネタを黙って見ているなんていうのも、正直分からない。

MASAYAの親は東京地検の検事!! TOSHIをマインドコントロールする“妖怪”を暴く!!(下)

火曜日, 6月 17th, 2008

X JAPANのボーカルTOSHIが、世間から非難を浴びたのは、東京・南麻布に本拠地を構える「レムリアアイランドレコード」のオーナーでサウンド・クリエーターの倉渕雅也との関係だった。彼は通称「MASAYA」と呼ばれてきた。
「レムリア~」は、宗教的な要素をもち、裁判沙汰にもなり、さまざまな問題を巻き起こした。TOSHIは、MASAYAにマインドコントロールされ、この「広告塔」として動き回って非難を浴びてきた。
「マインドコントロールされやすい人というのは、幼児期に親が権威を振りかざしたり、体罰によって強制するような育て方をしていた家庭の子に多いんです。そういった育ち方をしていた子というのは、自分自身で考える能力を失ってしまうんです。しかも、そういったことは家庭を離れてからも、また、そういった権威を望んでしまい、どうしてもマインドコントロールされやすいんです」
流行に詳しく、幼児期を分析することで独自の若者論を展開しているスガワラトレンド研究所の菅原健二所長は、そう分析した。
TOSHIがマインドコントロールされていく過程については
「セミナーでTOSHIは、かつて”化物アゴ男”と言われたと、会見で笑いをとっていましたが、それは自分から認め笑い飛ばすことで気持ちが癒されていたんです。おそらく、同じようなことを親や兄からも言われていたんだと思いますね。親や兄から言われ続けるとコンプレックスはもつんですけど、言われたことに反発は出来なくなるものなんです。ですから、親は子供を罵倒したり押さえつけるだけではダメなんです。結局、そういった育ち方がTOSHIの人格形成となり、マインドコントロールされるタイプになってしまった」。
さらに、10年前に亡くなったhideとも比較する。
「親が強制し、それに服従していく点は2人とも同じ。ただ、hideの場合は、色々な習いごとをさせ親の自慢にされていた。でも、TOSHIは単に押さえつけられてきただけ。しかも怒れない、喧嘩が出来ない、何も言えない…。ただ、自分の腹の中にたまっていくだけの家庭環境だった。でも、その悲劇は自分で気づかないと一生ついて
まわるんです。ですから、セミナーで罵倒されると、幼児期の体験が身についてしまっているからハマってしまう。罵倒されると暗示にかかってしまうんですよ。親や兄から離れても、また心のどこかで新しい権威を望んでしまうんです」。
菅原氏は、MASAYAもTOSHIと同じタイプだと言い切る。
「MASAYAの親は東京地検の検事で、小さい頃から”素朴に生きろ、小さく生きろ、目立つな”とギューっと押さえつけられていた。それじゃ何も出来なくなる。自分を認めてもらえない、守ってももらえないという人の行き着くとこは、宇宙とか神様になってしまうんです。大自然の子なんていうのも、その1つでしょう。しかも、こんな純粋な気持ちを何で分かってくれないのって、子供の目になって訴えているんですから…」。
その上で
「基本的にX JAPANのYOSHIKIとの関係も全てを強制するという点で同じ。でも、その間に立っていたのがhideだったんです。ですから、X JAPANというのはバランス的に3人のうち誰1人欠けてもダメだったんですよ」。
結局、TOSHIはMASAYAから離れることが出来なかったのか? しかも、今度は新たにサイバーエージェントの藤田晋までが登場してきた。TOSHIはMASAYAと藤田に両脇を抱えられ、再び操られようとしている!?

サイバーエージェント藤田晋とサウンドクリエーターMASAYAに利用されたX JAPANのTOSHI(上)

月曜日, 6月 16th, 2008

YOSHIKIの病状悪化とかで、ロック・グループのX JAPANの活動が危機に陥っている中、TOSHIだけが、やけに元気だ。「音楽を奏でることで地球に貢献した」とか何とか言って、新しいロックバンド“TOSHI with T−EARTH”を結成したのだ。しかも、8月から全国ツアーをたるんだとか。しかも、バンドのプロデューサーは、あのMASAYA。“洗脳問題”で、世間を騒がせたサウンドクリエーターのMASAYAと、未だに関わっていたのか!?  TOSHIは…。 TOSHIとMASAYAが再びタッグを組んで、何と、“エコ・バンド”とは、笑い話にもならない!! しかも、調べていくと、TOSHIとMASAYAの間には、あのペテンIT族のサイバー・エージェントの藤田晋が絡んでいた。藤田も懲りない奴である。
TOSHIは、藤田の運営するブログ「アメブロ」で、ブログを書いていて、これが人気らしい。ノー天気なお調子者の藤田が絡んできたんじゃないかって話もあるが、ホリエモンもいなくなって調子に乗っている藤田が、10年ぶりに再結成したX JAPANの人気に便乗、MASAYAと組んで、TOSHIで新たなムーブメントを作ろうという魂胆だろう。
「“TOSHI with T−EARTH”の結成記者会見もタイミングよかった。YOSHIKIの頚椎椎間板ヘルニアの悪化で、X JAPANの海外ツアーが無期限延期が報じられた直後に、待ってましたとばかりに新バンドの発表ですからね。当然、X JAPANについての会見かと思ったら、全く関係なかった。おそらく、新バンドの結成は藤田晋とMASAYAのプロデュース、演出で行われたはずです。TOSHIは、完全に利用されている」(関係者)。
だいたい、会見場所が藤田晋の「アメーバスタジオ」だったということでも歴然だ。
「ロックで叫びたいと思ったときに今の時代はエコではないかと…」。
TOSHIは、明らかにMASAYAの掌で踊っている。
しかし、そのTOSHIが、今度はX JAPANのことで、あした(17日)午前10時30分から都内のホテルで緊急記者会見を行うという。当日は、YOSHIKIは出ないというが、今度は何を語るのか?
(つづく)

秘密探偵や常連客を使ってアイドルをストーカーする大阪の有名メイド喫茶の極悪オーナーを暴く

土曜日, 6月 14th, 2008

大阪の“日本橋系アイドル”のAさん(東京でいうところの“アキバ系アイドル”)が、バイト先だった有名メイド喫茶「まーめいど」から嫌がらせを受けているという情報をキャッチした。だから何だと言われたらオシマイだが…。
Aさんによると、その嫌がらせの内容というのは、バイトの労務問題(労働条件)で中野というオーナーに疑問を投げかけたところ、その場で店をクビにされたというのだ。ま、それだけなら仕方のない部分がある。かの橋下徹・大阪府知事だって、給料カットで文句を言った職員に対して
「だったら、職を変えればいい」
なんて言い放ったほどなんだから、これは、アルバイトに対して中野オーナーの判断は間違っているとも言い切れない。
たが、このメイド喫茶の中野オーナーはタダ者ではなかった。何と、Aさんを辞めさせただけでなく、“秘密探偵”を使って彼女の自宅ばかりか実家にまで張り込みさせたり。さらには、メイド喫茶の常連客に依頼して、嫌がらせのストーカーを差し向けたり、病的な行動に出たというのだ。
もっと凄いのは、Aさんの携帯電話に1日中着信してきたりもしているらしい。それもメール打つタイミングさえ無いくらいに…。これが事実なら、まさに中野オーナーというのは異常人格者である。いや、明らかに変質者的な犯罪行為だ。本来なら即刻逮捕だろう。しかし、こういったことに対しては怠慢な大阪府警だけに、事件にならなければ動こうとはしない。いや、もしかしたら裏でオーナーと大阪府警がつながっていることだって考えられる。もはや、警察も金、金、金だから。
ところでAさんは、このせいでノイローゼになってしまい、芸能活動にも影響が出てきているという。とにかく、Aさんは「家から出るのも怖い」と訴えている。
それでも最近は、同伴者をつけて精神内科通いを始めたらしい。で、診断の結果、病名は「パニック症」と「不眠症」。
いずれにしても、外出する時には必ず録音機を携帯しているという。また、訴訟の準備もしているそうだ。