警察官僚の天下りホテルが洞爺湖サミット会場!結局はブッ シュの送別会と化すサミットに!!(下)

20080630014227.jpg音楽出版社協会は、北海道・洞爺湖のザ・ウィンザー・ホテル洞爺湖で予定されている「北海道洞爺湖サミット(主要国首脳会議)」で、日本の著作権保護期間延長問題を議題として取り上げてもらえるように「全米音楽出版社協会」を通じて米国政府に働きかけている。しかし、北朝鮮のテロ支援国家指定の解除ということだけを見たって、米国政府なんて信用できたものじゃないことが分かる。
だいたい、この「洞爺湖サミット」自体が実に如何わしい。そもそも主体性のない福田内閣の下で行われるのだ。言うまでもないが、福田内閣の根源は、あの“投げ出し無責任総理”安倍晋三からの引継ぎ。そもそも、今回のサミットも“疑惑”の象徴だった。最大の疑惑は、何で会場が「ザ・ウィンザー・ホテル洞爺湖」なのか!?
このホテルは、太平洋が一望でき、大自然の素晴らしさが目の当たりに出来るのだという。「環境」をテーマにする今回のサミットには相応しい場所であることは誰も疑わないようだ。
しかし、このザ・ウィンザー・ホテルというのは、警察官僚の最大の天下り先として知られるセコムがオーナー会社。それも、これまで何度ともなく潰れては経営権が譲渡されてきたと言われる。いわばいわくつきのホテルだった。しかし、今や警察官僚の天下り先であるセコムが経営するホテルだから警備しやすい? だいたい、このホテルをサミット会場に決めた、安倍は一度も訪れたことがないというんだから呆れたもの。早い話が警察官僚の言いなりで決めてしまったといわけだ。まさに究極の談合である。環境問題を話し合うなら京都だろう。
それにしても、「警備しやすいから」と洞爺湖のザ・ウィンザー・ホテルを決めたが、東京でも警備は厳しい(写真)。しかも、何を勘違いしたのか、“エコ・キャンペーン”とかで、コンビニの深夜営業を自粛するんだとか。コンビニの深夜営業の自粛が、どれだけ温暖化対策になるのかわからないが、実に小手先で誤魔化そうとするやり方は、わが国の旧態依然とした手法だ。
今回の3日間の洞爺湖サミットで使われる税金は総額で500億円とも600億円とも言われている。しかも、そのうちの300億円近くが警備費なんだとか。それだけ、警察に入るんじゃ、警備にも力が入る。まあ、警察のためのサミットのようなものだが、、実際にはブッシュと福田康夫?の送別会を洞爺湖で開くようなものかもしれない。それにニンマリしているのが、警察官僚の天下るセコムが経営するザ・ウィンザー・ホテルってことか。確かに、宣伝費に換算したら莫大である。世界中にアピールできるんだから。
結局のところ、自分たちの利益にならないような、日本の著作権保護期間延長問題を議題として取り上げるなんて雰囲気があるはずがない!?

音楽出版社協会が米国政府に働きかけ。日本の著作権保護期間延長問題を洞爺湖サミットの議題に!!(上)

音楽出版社協会(MPA)は、7月7日から9日まで北海道・洞爺湖のザ・ウィンザー・ホテル洞爺湖で予定されている「北海道洞爺湖サミット(主要国首脳会議)」で、日本における著作権保護期間延長問題を議題として取り上げてもらえるように「全米音楽出版社協会」(NMPA)を通じて米国政府に働きかけているという。
MPAとNMPAは、毎年主要メンバーが定期的に会議を行うなど共通の課題に取り組んでいる。その中で、最大の議案は日本における著作権保護期間延長問題。日本では04年1月1日に、映画の著作物の著作権の保護期間を公表後50年から70年に延長する改正著作権法が施行された。しかし、映画以外の著作物の保護期間については、70年の著作権法全面改正で死後38年から50年に延長されたものの、その後は全く変更されていなかった。こういったことから、故ジョン・レノン未亡人のオノ・ヨーコや故エルヴィス・プレスリーの娘、リサ・マリー・プレスリーなど「何とかならないか!!」と、書簡をNMPAに託し、MPAは05年に小泉純一郎元総理に手渡していた。まあ、小泉に手渡したところで、郵政の民営化しか考えていないのだから、そんなものは馬の耳に念仏っていったところ。
今回、米国政府への働きかけは、MPA理事のソニー・ミュージックパブリシング大竹健社長から、NMPAのデイヴィド・イスラリエリ理事長に対して行われたという。現時点では議題に入っていない。しかし、イスラリエリ理事長は「政府高官に伝えるように手配し、実現に向けて努力していきたい」と約束したそうで、MPAは「今回の要請によって、何らかの形でサミット開催中に取り上げてもらえれば…」と期待している。
NMPAは、ここ数年、政界へのロビー活動を強化してきている。イスラリエリ氏は、政界への人脈を持つ人物として理事長に向かえられたという。
(つづく)

“大仁田厚with KIxxANDCRY”デビュー・アルバム「元気ですか」発売記念“闘魂トーク&サイ ン&握手会”考察

20080629143915.jpg元参院議員で、プロレスラーの大仁田厚が率いるロックバンド“大仁田厚 with KIxxANDCRY”のDVD付デビュー・アルバム「元気ですか」の発売記念“闘魂トーク&サイン&握手会”イベントが東京・新宿の高島屋12階のHMVで行われた。雨だったので、人の集まりも鈍かった、とでも言っておこう。でも、こういうイベントでは、サインしてもらえるとあってか、ファンでもないのにCDを買う人がいた。特に、そういうノリをするのはカップルで来た女に多く、その間、男の方は女の荷物を持たされている傾向にあった(まるで男は付き人のようなものだ)。ま、大仁田自身もノリで出したようなものだろうし、買う方も全てノリのようなものだ。しかし、曲について大仁田は真顔で
「この曲はハッキリ言って、アントニオ猪木さんのパクリですよ。いろいろ言う人がいるけど、パクってなぜ悪いんですか!? 猪木さんは僕を嫌ってるかもしれませんが、僕は猪木さんのことを尊敬している。リスペクトしている。それに、この歌の“元気ですか”という言葉は、今の時代は1つのキーワードにもなっている」
とアピールしていた。ノリの中にも深い理由があるようだ。しかし、今の時代は“ファイヤー!!”じゃなく、猪木の“元気ですか!”なのだろうか…!?

華彩ななFカップにはクラクラしたが川奈栞には思わず卒倒!! MXTV「キュピア」のスペシャル・イベント!

holiday- 画像 019.jpgholiday- 画像 016.jpgholiday- 画像 011.jpg東京都が誇る「MXTV」で放送中の音楽情報番組「キュピア~Holiday TV」(毎週土曜日/27時25分~)のイベントが、東京・新宿のライブハウス「Holiday」で行われている。大阪(6月7日)、名古屋(6月8日)とやってきて、今夜が東京っていうわけだ。
音楽忍者、黒色すみれ、ナナカナ、大仁田厚が率いるKIxxANDCRYなどなど。とにかく午後1時から今夜9時ごろまでやっている。3人組の“オレンジミクロ”(高橋りか、石川由美子、森麻紀子=写真)の司会で、イベントは進んだ。彼女たちも、今回、初めてライブをやった。見応えのあったのは?何といっても、なべやかんと一緒に登場した、グラビア・アイドルの華彩ななと藤井梨花だった(写真)。驚いたのはステージで水着姿になっていた。華彩はFカップである。別にそれはどうでもいいことだが、さすがはプロのグラドルである。実は、去年の今頃だったか華彩を見に、わざわざ秋葉原までDVDイベントを見に行ったのだが、それは華彩との最初の出会いだった。いやはや…。
それにしても、ワケわかんなかったのが川奈栞なる着エロ系?ロリ・アイドルだったな。彼女は「キュピア」にも出ているが、きょうは何故か歌っていた。しかも、野良ネコの衣装を着て…。し
かも手には腫れ上がったような、ネコの手袋。思わず倒れそうだった(思わず写真もボケてしまった)。彼女、青山学院の卒業で帰国子女らしい。思わず、アホ学院?なんて思っちゃったけど、もしかして米国で悪いものでも食べてきたんじゃないのか? どうせななら“手ブラ”でお色気ライブをやった方がピッタリ。もっと魅力を出せたのに…。

全国ツアーは中止に!! 松山千春倒れる!不安定狭心症で経皮的冠動脈形成術。

image192.jpgフォークシンガーの松山千春が25日未明、コンサートツアー滞在先にて体の不調を訴え病院に搬送された。診察の結果、不安定狭心症と診断され急きょ、経皮的冠動脈形成術(けいひてきかんどうみゃくけいせいじゅつ)の処置を行った。意識ははっきりしている。命に別状ないが当分の間安静が必要と診断されたため、27日の三重県文化会館以降の公演は全て中止することになった。レギュラー番組のFM NACK5(埼玉)「松山千春のON THE RADIO」も休止することになった。
千春は23日に福岡サンパレスでの公演を終え、その後、ツアー先を移動中に倒れた模様だ。入院先などの詳細は不明。関係者によると25日未明、移動中の滞在先で体の不調を訴え、病院に運ばれ診察した結果、不安定狭心症と診断された。急きょ、経皮的冠動脈形成術の処置を行ったという。診察を行った医師からの進言もあって、検討した結果、7月1、2日の東京国際フォーラムやファイナルの札幌・北海道厚生年金会館での公演を含め残り全7公演は中止されることが決定した。
千春は新曲「我家」とアルバム「起承転結11」を5月21日に同時発売し、春の全国ツアー「我家」に入った。7月10、11日の札幌・北海道厚生年金会館まで全国22都市で全26回のステージを繰り広げる予定だった。特に今回は、ツアーとは別に生まれ故郷の北海道・足寄町でも7月8日にコンサートを行うことになっていた。足寄町開町100年記念事業「松山千春ふるさとコンサート2008」として足寄町総合体育館で計画されていた。千春にとって、足寄町での本格的なコンサートは88年9月23日の足寄西小学校以来、実に19年10ヶ月ぶりで、千春自身も
「映画『足寄より』も撮影が始まって、地元でも、みんな盛り上がってくれている。デビュー30年も無事に終え、32年目を迎えることができた。足寄町で応援してくれた人たちへの感謝の気持ちと、成長した自分を見てもらい、一緒に同じ時間を過ごしたかった。気合も入っている」
と意気込みを見せていた。
千春の自伝的小説「足寄より」の撮影も快調に進んでいる。「足寄より」は、千春が77年に「旅立ち」でデビューして2年後の79年に発刊された。当時23歳の千春が、自らの生い立ち、生き方、そしてデビューするまでを描いた小説として発刊され話題となったもの。
06年秋、朗読による初のドラマCD「足寄より〜旅立ち編」(ユニバーサルミュージック)として発売され、5万枚を超えるセールスとなった。このCDがキッカケとなり、映画化が決まった。CDドラマでは、塚本高史が千春役を演じたが、映画は新進俳優の大東俊介が千春役を演じている。また、千春の生みの親である、札幌のラジオ局「STVラジオ」の竹田健二ディレクター(享年36歳)は、萩原聖人、千春の父親役は泉谷しげるが演じている。
千春の今後のスケジュールは、病状を見て決めるという。ツアーと同時に、現在、FM NACK5で放送中の「松山千春のON THE RADIO」(全国FM、AM15局クロスネット)についても、無期限で出演を休むことになった。
【中止される公演】
6/27(金) 三重県文化会館
6/28(土) 大垣市民会館
7/1(火)、7/2(水) 東京国際フォーラム(ホールA)
7/8(火)足寄町総合体育館
7/10(木)、7/11(金)北海道厚生年金会館

【ワンポイント知識】
危ない心筋症を不安定狭心症と呼ぶ…
★それまで何の症状もなかった人やしばらく発作が起こらなかった人に新たに発作が起こる。
★それまでは労作で発作が起こるようになった…時期を失することなく入院して十分な治療を受ける必要がある。抗狭心症薬の点滴や、緊急で経皮的冠動脈形成術または冠動脈バイパス術を行う場合もある。心筋梗塞を起こすことがありますが、小さな梗塞ですむことが多く、大事に至ることはまれ。狭心症で治療を受けている場合には不安定狭心症の時期を見逃さないことが大切だという。

チンピラ・タレントを審査員に起用しているGyaOの低レベル・アイドル番組を観た!!

image202.jpgUSENの中にあるGyaOのスタジオに行った。
アイドルが集まって勝ち抜き戦の生番組をやっているというので、どれどれ覗いてみることに…。
ここは六本木ミッドタウンの33階のUSEN本社である。バブリーなロビーとして有名だ。宇野康秀の性格を象徴している。
ここのスタジオで、アイドルが歌って、何週だか勝ち抜くとメジャー・デビューできるという、嘘のような番組を生放送していた。で、見ていたら、何と出場していた6組だか7組のアイドルが全員、「合格」で「予選通過」だった。アイドルのような顔をしていたら、誰でもいいのかよ〜って感じの番組である。
それもそのはず、見ていて思わず目を疑った。いや、身の毛がよだった。何と、審査員が、ブラザー何とかっていう、チンピラ・タレントだったからだ。確か、捨てネコのような名前のタレントだが、まさか、こんなところで小銭集めをしていたとは…。この程度のチンピラ・タレントを使う時点で低レベルさをアピールしたようなものである。思い起こせば2年前の4月。心筋梗塞で倒れて緊急入院した時は、ポーズで心配したフリをしたけど、まさか、退院して元気になるなんてことは夢にも思わなかった。正直言ってポーズでも心配したフリをしたことに後悔している。
それにしても、ブラザー何とかというチンピラ・タレントのアイドルを見る目。ありゃ審査するというより、単なるオタクのスケベオヤジだった。しかも、ダイオキシンにでも侵されたオットセイのような図体をして…。GyaOの放送はネットだからいいけど、これが地上波のテレビだったら最悪!観たくもない。ぶっちゃけ新たな環境汚染で、洞爺湖サミットの議題にでも上げてもらわなければならないだろう。
番組が終わって、驚いたのは、スタッフというのか付き人とでも言うのか、何と4〜5人いた。これは明らかに無駄としか言いようがない!!
いずれにしても、間違って「紅白」にも出場したことがあった。その頃から「紅白」の視聴率も下降線を辿り始めた。しかも、こいつらのヒット曲を倖田來未がカバーしたりしていた。GyaOも、ちょっと名前があるからって、こんなチンピラ・タレントを使っているようじゃ、先は短いな!!

寺山修司没25周年で追悼イベント「世界が注目する奇才・寺山修司を語る」開催(27日)

寺山修司没後25年を迎えた今年、寺山氏を題材にした、さまざまな企画が進んでいる。その中で、最も注目されているのが、寺山氏の出身地である青森県出身の有志で組織する「青森県の文化を語る会」が企画している追悼イベント「世界が注目する奇才・寺山修司を語る〜あなたは故郷に捨てられたか、それとも故郷を捨てたのか〜」なんだという。6月27日に東京・両国の江戸東京博物館ホールで行われる。いわゆる”寺山ワールド”を語るもので、2部構成のイベントとして行われる。。
 寺山氏は、青森県の弘前から三沢→青森→東京と駆け巡り、47歳という若さで亡くなった。詩人、小説家、脚本家、映画、演劇、そして評論家と、さまざまな顔を持ち、周囲からは奇人変人とも言われた。今回の、イベントについて、企画・制作・演出を担当する大山禮二さんは
「寺山ワールドの出発点になっているのは青森を風土とした原風景。今回は、この原風景を意識したプログラムにした」
と言う。
第1部は、寺山氏が脚本・監督した「田園に死す」(1975年カンヌ映画祭出品)を上映、第2部では、津軽三味線による叙情詩(放送詩劇)で寺山氏の作品「狼少年」の舞台朗読パフォーマンスを行うという。さらに、第2部では若山多香子(フリーアナウンサー、元青森放送)の司会でフォーラムも。パネリストには品田雄吉(映画評論家)、小菅麻紀子(寺山修司研究家)、横濱征四(立教大学社会学部メディア社会学科教授)、九條今日子(女優・元寺山修司夫人)が予定されている。また、香月まき子(歌手・画家)、高杉稔(俳優・歌手)も特別出演するという。
開演は、第1部=午後2時で、第2部=午後6時。料金=各2000円/問い合わせ=03(3685)1896 青森県の文化を語る会

再建不能に!! 米国移住の折口雅博も真っ青!? グッドウィルが人材派遣の許可取り消しで廃業へ!! (6)

20080614042256.jpgついに、折口雅博が陰で率いるグッドウィル・グループが廃業することになった。厚生労働省、人材派遣業としてのグッドウィルの許可を取り消すことになったのだ。グッドウィルは「人材派遣業」の会社。日雇い派遣を主業務にしていただけに、その許可を取り消されたら、ニッチもサッチもいったもんじゃない。もはや事業の継続は不可能だ。
【ヘッドロック】は、昨年6月にグッドウィル・グループの子会社で訪問介護の最大手だった「コムスン」の問題が発覚して以来、追及を続けてきた。グッドウィル・グループは、その攻撃に何度も抗議をしてきた。そのやり口は、野口美佳率いる「ピーチジョン」と同じだった。ヒルズ族仲間は、みんな同じである。【ヘッドドック】に文句を言ったところで、やってきたことは隠し通せないってことである。
グッドウィルは、06年5月から07年6月にかけて、別の港湾運送業者へ二重派遣されることを知りながら、51人を東京・港区の「東和リース」に派遣していた。いわゆる「二重派遣幇助(ほうじょ)事件」だ。このためグッドウィルは、今年1月から全事業所を2〜4カ月の事業停止させられていた。当然だが業績は悪化し業務を縮小することになった。その一方でグッドウィルの売却も視野に入れて検討を進めていたが、もはや心肺停止といった状態である。
それにしても、折口雅博は、米ニューヨークにグッドウィル・グループが経営する日本食レストランがあったりすることからか、米国でグリーンカードを取得して家族で移住、細々と暮らしているらしい。現在はボストンだが、近々にはニューヨークに移り住むと言われている。
しかし、グッドウィルが、廃業となったら、現在でも抱えている巨大借金がさらに膨らむ。借金の返済問題も含め頭が痛いはずだが…。自家用ジェットは43億円で売り、軽井沢の28億円とも言われる別荘もセガの中山隼雄社長に売却した。田園調布の豪邸や葉山、伊豆高原リゾートマンションも売り出しにかかっている。折口自身も捜査当局にマークされているだけに、日本に帰ってこることが出来ない。
もっとも、こんな人間を未だに「相談役」として残しているグッドウィルというのも常識がない。厚生労働省の役人は、都合のいい時は「折口雅博さん」と言って持ち上げていたが、都合が悪くなったら「折口雅博」の名前を消し去ろうと躍起になっている。まあ、折口グッドウィルの周辺は胡散臭い奴らの集合体だったってこと。しかし、納得できないのは、その折口にパラサイトしていたジャリタレの南明奈や矢吹春奈、森下悠里などなど。折口のオモチャになっていたようなアイドルなのに、それをウリに平然と活動を続けている。まあ、それだけ実力があるってことか、それともファンがノー天気なのか? まあ、所詮は日雇い労働者の予備軍のようなファンが応援しているのだろう。
それにしても、グッドウィル・グループは米再建ファンドのサーベラスと米大手証券のモルガン・スタンレーが、経営にサジを投げてしまった主要取引銀行の「みずほ銀行」から債権を譲渡され、再建を図ろうとしていた。しかし、その矢先にユナイテッド・テクノロジー・ホールディングスが筆頭株主に躍り出たため、舵取りが出来なくなった。対応策としてグッドウィル・グループは、増資してユナイテッド社の持ち株比率を減らそうとしていたが、今回の人材派遣業の許可取り消しで、外資系ファンドも大慌てに違いない。
もはや六本木ヒルズや六本木ミッドタウンからの撤退するしかない。

故・横山やすしさんの未亡人、木村啓子さんが来年1月の13回忌法要を前に突然死!!

故・横山やすしさんの“最後”の奥さんで、俳優・木村一八の義理の母親、木村啓子さんが、心筋梗塞のため24日、急死した。やすしさんは96年1月に亡くなり、来年1月には大々的な13回忌の法要が予定されていた。しかし、啓子さんの突然死で、予定が大きく狂ってしまうことも? それにしても61歳は、まだ若い?

法廷闘争にも発展か!?  X JAPANと“パラノイア集団”の藤田晋、MASAYAとの攻防戦に!!(下)

実は、TOSHIがエコ・バンド“TOSHI with T−EARTH”を結成する記者会見を、X JAPAN側は直前まで知らなかったと言われる。しかも、参加するバンド・メンバーにはHEATH(ベース)まで明記され、記者会見にも出席する手はずになっていたという。
「HEATHは全く詳しいことを聞かされていなかったようです。やはり、直前になって事情を聞かされ、参加を取りやめた。もちろん記者会見にも出席しませんでした」。
糸を引いていたのは、もちろんサイバーエージェントの藤田晋であり、“自己啓発セミナー”を主宰するサウンドプロデューサーのMASAYAだった。藤田晋は、サイバーエージェントが運営しているブログ「アメブロ」の宣伝が目的だった。アメブロの中でも、TOSHIのブログは人気があっただけに、何とか利用したいと考えていたようだ。
しかし、藤田晋やMASAYAの行動は、X JAPAN制作運営管理委員会を激怒させた。
「せっかく、TOSHIとMASAYAとの関係を断ち切って、X JAPANの再結成に持ち込んだのに、TOSHIとMASAYAの関係が未だに続いていたなんていうのは、正直言ってイメージダウンになる。しかも、そこに藤田晋までが加わってきた。もう、鼻クソでしょ」(関係者)。
“広告塔”として価値を失いつつあったTOSHIだったが、X JAPANの再結成で、再び、旨みが出てきたってことか!? 「この時期を利用しないてはない」と、MASAYAや藤田晋までもがTOSHIの前に現れてきたというわけだ。まさにパラノイアである。
「こんなところで、MASAYAが出てきて、TOSHIをプロデュースするなんて発表されてしまっては大損害ですよ。テレビ出演はもちろん、CMやコンサートのスポンサーにも響く」。
このため、X JAPAN側は、サイバーエージェントの藤田やMASAYAに対して内容証明者を出す準備を進めている。
「当然ですが、法的処置を取らざるを得ないと思っています」
という関係者の考えも耳にしている。
X JAPANとパラノイア集団との攻防戦は、さらに激化しそうだ。