ニュージーランドのヘイリーが洋楽アーティストとしては初めて「NHK歌謡コンサート」出演!!

holiday- 画像 005.jpgholiday- 画像 002.jpgNHK総合の看板音楽番組「NHK歌謡コンサート」に、“癒しの歌姫”として人気のニュージーランド出身、ヘイリーが出演することになった。6月3日に北海道厚生年金会館から生放送する同番組に出演が決まったという。演歌、歌謡曲を中心としてきた同番組で洋楽アーティストが出演するのは、93年に番組がスタートして以来初めてだとか。
出演が決まった大きな要因は、何といっても、05年11月に急性白血病で亡くなった故・本田美奈子.さんとの「アメイジング・グレイス」のデュエットだ。同曲は、5月21日に「奇跡が生んだ愛と感動のデュエット! アメイジング・グレイス」としてシングル発売されている。
ところでヘイリーとは誰か? 03年にフジテレビ系で放送したドラマ「白い巨塔」で主題歌「アメイジング・グレイス」を歌い話題になった。当時、若干16歳だったが、今や21歳…。因みに、この曲は当時、ビートルズのプロデューサーだったジョージ・マーティンがプロデュースを手がけた。ヘイリーの登場に米ニューヨーク・タイムズは「冷え込んだミュージック・ビジネス界を救う女神の登場」と大絶賛だった。
ところで、「NHK歌謡コンサート」は、93年4月にスタートして以来、演歌や歌謡曲を中心に邦楽アーティストを出演させ、洋楽アーティストは対象外だった。最近、演歌のジェロが出演しているが、彼は日本人扱いのようだ。今回は「日本とニュージーランドのアーティストによる異色のデュエット」として出演する。放送では、04年10月14日に東京・六本木のスイート・ベイジルで行ったライブの映像を使うという。因みに、このライブが本田さんの最後のライブとなった。
また、ヘイリーは、日本のポップス曲を歌ったカバー・アルバム「純~21歳の出会い」を6月4日に発売する。「アメイジング・グレイス」はもちろん「涙そうそう」や「ハナミズキ」をはじめ「白い色は恋人の色」「千の風になって」など10曲を盛り込んでいる。
さらにだが、アルバムに合わせて、全国ツアーも6月8日の滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールを皮切りに全国9都市で10公演行うが、6月11日の東京・渋谷の東京オペラシティ・コンサート
ホール公演には、本田さんのお母さんも駆けつけ、ヘイリーと初対面することになっている。

マット・テイラー氏は川田亜子さんの自殺の原因は所属事務所にあると言いたかった!? (下)

元TBSの美人女子アナウンサーの川田亜子さんとは“ソールメート(心の友)”な関係だったマット・テイラー氏が「スポーツニッポン」(5月28日掲載)の独占インタビューに語ったところによると川田さんは、年明けから精神的に不安定になってきたといい
「どんどん辛そうになって2、3月には“自殺したい”と言うようになった。精神科を紹介して通わせたり、いかに彼女が周囲に必要とされ、愛されているかをたくさん伝えた」
「(悩みの原因は)1つではない。いろいろなものが重なった。ただ、仕事の部分では忙しかったTBS時代と違い、フリーになって仕事以外の時間が増えたことにストレスを感じていたようだ。“もっと忙しくしたい、暇な時間がたくさんあると世の中が暗くなる”と言っていた」
「(自殺の直前も)この1週間仕事がないと言っていた」
この言葉から感じたのは、一体、この間、所属事務所は何をしていたかということだ。今回の川田さんの自殺について、事務所は「皆目見当がつかない」と公式コメントしている。しかも、事務所では「5月に入って元気がなかった」と言っているが、マット氏は「年明けから精神が不安定になっていた」としている。だとしたら、年明けから、事務所は彼女に対して、どんな対応をしていたというのか? 野放し状態で、全く関心なかったのか? 全てマット氏任せだったというのか? だいたい「自殺したい」と言うのは、「原因は1つではない」としても、一体、何だったのか?
そもそもTBSを辞めさせ、フリーに転身させたのは、所属事務所の幹部のA氏だというが、それについてもマット氏は
「仕事の部分では忙しかったTBS時代と違い、フリーになって仕事以外の時間が増えたことにストレスを感じていたようだ。“もっと忙しくしたい、暇な時間がたくさんあると世の中が暗くなる”と言っていた」
この言い方は明らかに、所属事務所、誣いては幹部であるA氏への批判とも思える。しかも、このマット氏の発言には、重大な意味が隠されているような気がしてならない。どう考えても「仕事以外の時間が増えたことにストレスを感じていたようだ。“もっと忙しくしたい、暇な時間がたくさんあると世の中が暗くなる”」なんて言い方は、実に意味深発言だろう。しかも、記事のまとめが
「誰かに見つけて欲しかった。助けて欲しかったのだろう。彼女も死を本当に望んでいたわけではないと思う」。
インタビュー内容は大ざっぱで、曖昧、意味不明な部分が多いが、少なくともマット氏は川田さんの死が事務所に絡んでいるような言い方を記者にしていたことは確かだろう。しかも、スポニチがトップで報じたのだから間違いない!!

川田亜子さんの自殺で“心の友”マット・テイラー氏がスポニチに意味深発言!!(中)

元TBSの人気女子アナウンサー、川田亜子さんの自殺の記事で、実に意味深で気になったのが5月28日付の「スポーツニッポン」である。この記事は、正直言って意味不明で、実にいい加減ではあるが、その一方で、川田さんの自殺の鍵が隠されているような部分も多々あった。
記事は、川田さんが“ソールメート(心の友)”と呼んでいたらしい米NGO「世界核兵器解体基金」を設立したという平和運動家のマット・テイラー氏へのインタビューでまとめてあった。しかし、こういった事件が起こると、必ず、こういった人が登場してくる。実に不思議である。
そのマット氏、スポニチの独占インタビューに答えたという。
マット氏によると川田さんとは自殺の直前に会ったというのだ。曰く
「自殺の直前の25日も昼食に誘い、夏用のドレスをプレゼントしました。すると“もう、元気になりました”と言っていた。だから自殺と聞いた時はとてもショックだった。いま振り返ると、自殺の決意を固めていたから明るかったのかもしれません」。
記事には、何を話したのか全く書いていない。だいたい、自殺の決意を固めると明るくなるものか? もっとも、躁鬱病の人が自殺する場合、鬱状態の時より、躁状態になった時が一番危ないというから、そういうものか?
ただ、そこまで“ソールメート”だったのに、マット氏への遺書はなかったようだから、ちょっと淋しい。マット氏を心の友とまで慕っていたという割には、最後に残す言葉も無かったってことか!?
しかし、この記事の中で納得できないのは
「(川田さんは)家族はもちろん、仕事、そして所属する事務所のことも大切に思っていた。だからみんなに迷惑を掛けないように身辺整理していて、計画して自殺したのだと思う。本当に辛い。みんな泣いている」。
何を言わんとしているのか分からない。マット氏は何を言いたかったのか?
と言うのは「家族はもちろん、仕事、そして所属する事務所のことも大切に思っていた」は理解するとして、では、何を、どこで「みんなに迷惑を掛けないように身辺整理していて、計画して自殺したのだと思う」と言うのか? だいたい、自殺すること自体、迷惑をかけることだろう。しかも、自殺した車は、事務所所有のものである。
マット氏も“心の友”だったら、川田さんが選んだ自殺の場所を考えるものだろう。何で、この場所で死んだのかとか…。マット氏だって、自殺する場合は、死に場所を選ぶと思うのだが…。実に深みのないマット氏の言葉に、川田さんとの関係の浅さを見た感じだった。あるいは、インタビューでは、そう表現するしかなかったのか? …と言うのは、その後、マット氏は明らかに事務所批判とも思われることも言っていたのだ。
(つづく)