桑田佳祐がソロ活動に専念するの!? サザンオールスターズ「無期限活動停止」の真意は?

実に不可解な内容だった。玉虫色の内容といった方がいい。
サザンオールスターズである。
「解散」と報じられ、てっきり真っ向から否定するかと思ったら、否定と言うほどでもいない。「無期活動停止」って一体、何なのだ。桑田佳祐は”とりあえず”否定はしていたが、これじゃ積極的ではない解散ではないか? 解散でなければ、他に目的がある。1つは、サザンオールスターズの30周年を盛り上げる巧妙な戦術である。
今の時代、30周年だからといって「だから何なんだ」という時代。だいたい奇抜な記念事業があるわけでもない。しかし、事務所にとって30周年は大きなビジネスである。そのためにも、とりあえずはCD、ビデオ等のソフト展開はもちろん、コンサートを成功させることが重要だ。そういった事務所の事情もあるが、サザンオールスターズ=桑田佳祐にとっては、もしかしたら30周年は大したことではないのかもしれない。単なる通過点に過ぎないのだ。そういった部分で、アーティストと周囲との間には溝が生まれる。これじゃモチベーションも上がらない。
アーティストはモチメーションが上がらなくても、ここで「無期限活動停止」と言ったらマスコミはもちろんファンは盛り上がる。まあ、そうは言っても今頃、業界人の間での話題は、8月に4日間、日産スタジアムで行われるライブのチケットだろう。「チケット取れるかなぁ…」なんて。おそらく、ダフ屋対策を理由に、コブクロとか小田和正のようにチケット・チェックが厳しくなるだろうから、身分証の確認とか手に入れるのは大変なはずである。もっとも、今回の「無期限活動停止」で30周年は大盛り上がることは間違いない。
東京スポーツでは「解散」と断定していたが、内容は、ほぼ正しかった。少なくとも内部情報だったことは間違いない。朝刊スポーツ紙は書けないから、わざと東スポを狙ったことも考えられるが、と言って、解散する理由は見当たらないのも事実。今までも、ソロでもバンドでもやってきた。
では、今回は? 来年のスケジュールが決まっていないということも怪しい限りだが、結局は、サザンオールスターズというより桑田佳祐が音楽活動を無期限で停止するということだろう。だいたい、今後について「それぞれ活動をしていく」と言っているだけで、桑田がソロで音楽活動を続けていくとは明言していない。一部の報道では「桑田はソロ活動に専念する」と書いてあるが、誰もそんなことは言っていない。

で、ここで考えられること。桑田は、あるいは音楽活動から離れて、別のことを何か考えているのではないか…。例えば、新しい事業とか。アミューズは、創立者の大里洋吉会長が退任したりする一方、KDDIと合弁で音楽制作会社「A-Sketch」を4月1日に設立したりもしている。社長に就任したのは、サザンオールスターズを担当てきた相馬信之・上席執行役員である。関連性は何とも言えないが、気になるところだ。
ただ、気変わりもあるかもしれないから、とりあえず「無期限活動停止」。