バラバラ事件の被害女性が勤めていた六本木フィリピン・パブが閉店に追い込まれた!!

20080518014346.jpg20080518014526.jpg六本木のフィリピン・クラブ「You&Me」が、ついに閉店に追いやられた(写真)。
このクラブは、あの台場のマンションでのバラバラ事件の被害者、カミオオサワ・ハニーフィット・ラティリアさん(22)が働いていた店である。
殺人と死体損壊、遺棄で逮捕されたのは交際相手で、彼女と同居していた野崎浩(48)だったが、それにしても、バラバラ事件とは殆ど関係のない、単に働いていたというだけのクラブが閉店に追いやられるケースは珍しい。
もっとも、彼女の住んでいたマンション(シーリアお台場三番街4号棟26階2610号室)には彼女を含めフィリピン女性3人が同居していたが、全員が「You&Me」で働いていたという。店の寮でもないのに、これも珍しい。
「You&Me」の入居している「六本木三経ビル」(店は3階に入っている)の1階の「寿司三昧」の従業員が言う。
「ラティリアさんは、まだ入って間もなかったと聞いていましたけどね。店が終わると、店の仲間でしょうか、よくウチにも来てくれていましたよ。あの席に、よく座っていましたね。明るい子でしたけどね」
そう言って、奥の隅にあるテーブル席を指さした。
しかし、事件以降というもの「You&Me」の周辺にはマスコミが殺到した。当然だが、警視庁や入国管理局の関係者も出入りするようになった。もっとも事件以前から、この店には入国管理局の立ち入り捜査が何度も入るなど、如何わしさもあった。まあ、そういった意味では、今回の事件によってトドメを刺されたって感じもする。
「意外に繁盛していたんですけどね」。
という声も聞かれた。
しかし、結局は、事件の影響で経営に行き詰ったってことか!? あるいは当局によって潰されたって感じもしないわけじゃない。店は18日の未明で閉じてしまった。
それにしても、店が閉まって右往左往するのは、従業員の女の子である。早くも集団移動が始まった…。しかし、情報によれば6月にも入館管理局による大規模な捜査が都内各所に入るらしい。