嗚呼、情けない!!  7万5000円の宿泊費を誤魔化し詐欺で逮捕された渡辺文樹監督

よっぽど、予算のない映画を監督し続けていたのだろう? 自主映画ばかり撮ってると、結局は、こういった運命になるのだろうか?
ホテルに無銭宿泊した映画監督・渡辺文樹が宮城県警石巻署に逮捕された。映画監督という社会的地位がありながら55歳にもなって、無銭で宿泊するかねぇ。
だいたい、無銭宿泊で、逮捕容疑は「詐欺」っていうんだから。情けない!「詐欺」って、意外に罪は重い!! しかも監督作品の「天皇伝説」は現在、公開中だよ!! こういった場合は、どうなるんだろうね。もしテレビ番組だったら、放送中止とか放送延期になるけど、公開中の映画の場合は、どういった処置になるのか? やっぱり、中止して劇場は差し替えしかないだろうが…。
警察の調べでは、渡辺詐欺師は今年の1月28日から30日までの間、宮城県東松島市のホテルに3人で宿泊、その際の宿泊費と飲食代計約7万5000円を支払わずに逃げたという。ホテル側が被害届を出したことから逮捕された。ところが往生際の悪い渡辺詐欺師は「金は支払ったと思っていた」なんてトボケているらしい。
渡辺詐欺師は、カンヌ国際映画祭の出品作品「島国根性」で、北野武(ビートたけし)監督と同時に日本映画監督協会新人賞(奨励賞)を受賞した。他にも天皇制に反対するテロリストを自ら演じた「腹腹時計」や、中学生の自殺を題材とした「ザザンボ」、さらには「御巣鷹山」などの作品がある。
また、新しい映画として、「松川事件」の制作を準備していたという。この映画は、東北地方で撮影開始予定だったと言われ、その映画絡みの何かで宿泊した可能性もある。こうなったら、次回作は急きょ変更して「無銭宿泊事件」にした方がいいかも!!

大仁田厚とTAIJIの新バンド“大仁田厚 with KIxx ANDCRY”が結成記者会見

20080515151114.jpg20080515153658.jpg20080515143833.jpg元参院議員でプロレスラーの大仁田厚が、元Xのベイシスト、TAIJIと組んで音楽業界に進出することは以前、この【ヘッドロック】(12日付)で書いたが、そのバンド結成会見が15日午後、東京・銀座のパセラリゾーツ銀座店B3階・パーティホールBENOAで行われた。ロックバンドは“大仁田厚 with KIxxANDCRY”。6月25日に、ファーストDVD付ミニアルバム「元気ですか!」を発売する。
“大仁田厚 with KIxxANDCRY”は、大仁田厚がボーカルを務める。メンバーにはTAIJI(ベース)の他、THOGO(ギター)、米虫(ベース)、小田強(ドラムス)が参加する。TAIJIは「KIxxANDCRYのテーマ」など、同バンドの楽曲を提供している。
発売するDVD付ミニアルバムのDVDには、物まねタレントのアントキの猪木の出演したスペシャル・プロモーション・ビデオや、大仁田厚とTAIJIの対談等を収録している。
また、キャンペーンガールには“オレンジミクロ”が起用されることになった。“オレンジミクロ”は、高橋りか、石川由美子、森麻紀子の3人組。