“山チャン”のマル秘・六本木日記(21) ボブ・サップといとうまい子の熱愛発覚のその後…

【ヘッドロック】で報じた、ボブ・サップといとうまい子の熱愛発覚ネタ。
その後、東京スポーツをはじめ一部のマスコミでも扱われ話題になりましたが、この熱愛発覚の第一発見者である”山チャン”の率直な意見を今回は、この場を借りて述べたいと思いました。
まず、今回の熱愛報道ネタがハッキリ言って、ハッスルエイドに於けるボブ・サップの復帰アングルに使われているということです。それは坂田亘がネタにしていることを見ただけでも間違いない!! そしてついにというか、いとうまい子までが4月16日のナルトもで、この一件についてコメントしたりしていた。
要するに、第一発見者の”山チャン”が目撃した「2人はホテル・アイビスに消えていった…」については一切、答えず、ボブ・サップ側は、六本木の交差点のところにある「ALMOND」で、お茶してから焼肉を食べに行ったと言うのである。しかも、周囲には事務所の関係者もいたと…。
これだけ否定されても、第一発見者である”山チャン”から、この一件に関しては、あまりコメントしなかったのは本当に2人の仲を温かく見守っていたからです。
それにしても、芸能人は今回のようなスキャンダルでも、しっかり「芸の肥やし」にしてしまったことにはビックリだったよ〜。

急にトーンダウン!!  出会い系19歳女性監禁事件は一体どうなってしまった!?(上)

そういえば、あの事件は、どうなっちゃったんだ!!
某音楽プロダクションの知り合いから言われた。
あの事件とは…。
東京・江戸川区に住む石田佳奈子さん(19歳)が、出会い系サイトで知り合ったヤクチュー(薬物中毒)男・塩野直樹(26歳)に連れ回され、消息を絶っている事件である。その後、所持品の一部が発見されたものの石田さんは見つかっていない。塩野直樹は石田さんを監禁した容疑で逮捕されているが、ヤクチューでどうにもならない状態らしい。
「事件から4週間…。警視庁と山梨県警は石田さんが行方不明となったとされる山梨県内の山林に重機を投入し、100人態勢で捜索を続けてきた。しかし、手がかりは得られないままだという。
ハッキリ言って、捜査はサッパリなのだ。
「新聞やテレビ等も殆ど扱わなくなったことは事実ですね。共同通信も流さなくなったし、クラブも全く動かなくなった」
と、某紙の社会部記者。
というより、どうも雰囲気的に
「事件は、このまま迷宮入りになるかもしれませんね。現場は、大菩薩峠ですが、何と言っても秘境のようなところなんです。位置としては山梨県の方向なんですけどね。しかも、春なのに今なお雪の残っているような山の中。まあ、現時点では絶望的でしょうね。誰かが、山を散策していたら偶然に発見したってことがない限り見つからないかもしれませんね」。
記者も冷め切ってしまっている。
それにしても、石田さんの父親は某大手銀行の役員だという。2人兄弟で上に大学生の兄がいる。自宅は豪華な3階建て。もちろん父親の愛車はBMW。石田さんは世間で言われる令嬢?
石田一家は、7〜8年前に引っ越してきた。都立高校に通っていたが中退。その後は服装も派手になり、友達関係も悪かったと言われる。まあ、家庭環境も腐敗していたと見たほうがいいだろう。そう言えば、3月24日に茨城で起こった8人死傷事件。茨城の田舎県警の不手際に批判が集まったが、逮捕された金川真大(かながわ・まさひろ)の父親は霞ヶ関の外務官僚だった。世間では、いいとこのお坊ちゃまだが、実は、その家庭は崩壊していた。そういった意味では、石田さんの家族と共通しているのかもしれない。今や、こういった、いいとこの愚息が事件を巻き起こすのかもしれない。
…とは言っても、石田さんが巻き込まれたのは誰から見ても命に関わる刑事事件である。一刻も早く事件を解決しなければならないはずなのだが…。

(つづく)