NHKが水面下で都はるみと小室哲哉のコラボ企画。中村一好氏死去で今後のはるみは…(下)

音楽プロデューサー中村一好氏を知る人は「自殺なんて信じられない」と一様に驚く。何故か?それは中村氏が、都はるみの新しいプロジェクトを進行していたからである。
「実は、水面下で小室哲哉とのコラボレーション企画が進んでいたんです。曲を小室やクレイジーケンバンドが手がけ、CDを制作するという企画です。コロムビアも大ノリだと聞いています。実現に向けて、かなり進んでいたと思う」。
小室哲哉等のコラボレーションとなったら、はるみにとっても大胆なイメージチェンジを図ることになる。しかも、その一部始終をNHKがドキュメンタリーで収録し放送することになっていた。
これはNHKの企画で進んでいた。すでにクレイジーTVが制作することで準備に入っているという。NHK関係者によると「全てスタンバイ状態。番組では小室とはるみのレコーディングの模様も含めプロジェクトを追っていく」という。
しかし、その一方で、この企画に悲観的な声もある。
「一好さんも、はるみさんも型破りなことを好むタイプですからね。でも、必ずしも成功するとは言えません。以前も、宇崎竜童さんとコラボレーションをやりましたけどね。宇崎さんはレコーディングはもちろん、コンサートなんかも一緒になるほどの熱の入れようでしたよ。でも、成功したとは言えない。確かに話題にはなったかもしれませんが、記憶にも残っていないでしょ? 何か、自己満足に終わってしまった感じですよね。そういった意味では、小室さんとのコラボレーションも厳しいんじゃないですかね。大切なのは、はるみさんのファンが、それを望んでいるかどうかの問題なんですよ。ファンは大胆なことは望んでいないと思うんですけどね…。まあ、NHKの番組との連動なので、目的はハッキリしているのでいいのかもしれませんが…」(関係者)。
だが、小室哲哉とのコラボレーション企画も、今回の中村氏の死去で、どうなってしまうのか!? NHKでは、今週中に話し合いを持ち、今後の進行も含め再検討するという。
だが、現実の話として、所属事務所「プロデュースハウス都」はもちろん個人事務所「都はるみ事務所」は、今後、誰が舵取りをしていくのかも不明。それより、信頼し続けてきた音楽プロデューサー、中村一好氏を失ったはるみの今後の動向も気になるところ。60歳を迎えたはるみのショックは大きいだけに、最悪の場合、現役引退と言うケースも十分に考えられる。もはや、番組どころではない。
6月には、大阪の松竹座で座長公演も予定されている。すでにチケットも発売されている。現時点では、このスケジュールを乗り越えられるかどうかが大きな問題となりそうだ。
いすれにしても、一好氏の死去は、今後、はるみ周辺でさまざまな問題を巻き起こしそうである。もはや、一番の解決策は、古巣のサンミュージックに戻ることなのかもしれない。

“山チャン”のマル秘・六本木日記(15) インパルスの堤下敦が変装してキャバクラ物色だって!?

20080406050717.jpgお笑い“インパルス”の堤下敦(デブの方)が、雨上がりの六本木を友人と一緒にキャバクラを物色していた。しかもバッチリ変装してである!! しかし、この“山チャン”の目を誤魔化すのは100年早い!! だいたい、六本木なんかで変装なんかすんなよって話。逆に怪しいだろ!! もっとも、他にも変装してくる常連芸能人がいる。市川海老蔵やDA PUMPのISSA等だ。変装したって市川海老蔵なんかは乗ってくる車で判るっつーの!!

それにしても、堤下ときたら、こんなに目立つ六本木でニット帽にサングラス姿。これじゃバレバレだよ。そんなに芸能人なのが嬉しいのかねぇ!って感じだった。 どうせバレるんだから、明石家さんまやTUBEの前田亘輝みたいに、堂々と六本木を闊歩したらどうか!? 因みに、堤下は、アイビスの並びのキャバクラに消えていった…。
しかし今夜、六本木アイビスには判明しただけでも5人のデリヘル嬢が入っていくのが目撃された。そのうち3人は、セーラー服姿だった。キモ〜イ!! しかし、誰が呼んでいるんだろうねぇ。

プロデューサーとしての拘りと借金の狭間で…。中村一好氏の首吊り自殺の真相を探る(中)

関係者によると、中村一好氏は多額な借金を負っていたという。
その借金は都はるみの所属事務所「プロデュースハウス都」及び「都はるみ事務所」の借金だった。
はるみの公演では、以前のイベント制作会社「エス」からの入金が得られなく揉めている。このためイベント会社「アイエス」に変更した。
ある音楽関係者が言う。
「正直言って、客入りは厳しかったようですよ。そのため、会場の形をつくるためにスタッフは奔走したといいます。公演では招待券などを出したり、興行的には大変だったといいます」
さらに
「当然ですが、客入りが厳しいので、ステージ制作に予算が回らなくなるんですが、一好さんは、やはり、はるみちゃんのことを考えているから、どうしてもステージのセットに金を使って豪華にしてしまう。ですから、どうしても赤字になっちゃうんですよ。確かに、ステージのセットが豪華だと、はるみちゃんも喜ぶし気持ちよくステージができる。お客さんも喜んでくれる。でも、理想通りにはいきませんよ」
一好氏の拘りは、ステージだけではなかった。「はるみはアーティスト」が口癖だった。それだけにテレビ等の露出にも神経を使った。
はるみが、「NHK紅白歌合戦」で”卒業宣言”したのも一好氏の考えだったと言われる。
「やはり、ヒット曲を作るのも何でも、テレビに出ていかないとダメだと言う声が多く、一好さんに言ったけど、自分の考えや主義はガンとして曲げなかったですね、一好さんは。例えば、テレビ東京からはレギュラー番組の話もあったし、いくつかバラエティー番組からもオファーがあったんです。でも、一好さんは『そんなことさせられない』と断ってしまう…。気持ちは分かりますが、正直言って、それではファンは増えませんよ。公演も厳しくなるのは当然です」
プロデューサーとしての拘りが、逆に一好氏の首を絞めてしまったのかもしれない。
(つづく)

“山チャン”のマル秘・六本木日記(14) ネタを拾うなら六本木のサパークラブ…

20080406050333.jpg菅野美穂発見!! 六本木交差点のソフトバンク・ショップ前で「菅野美穂」が女友達2人を引き連れて歩いているところを発見しました。彼女、清純そうに見えるけど夜遊びするんですねぇ。
やっばりサパークラブですか?今、芸能人がよく遊びに行く店は「D」ですかね…。よく「浜崎あゆみ」や「倖田來未」なんかが遊びに来るので有名な店ですよ。
先日の「黒木瞳ホスト豪遊事件」が週刊誌のネタになるのだったらサパー関係も調べといた方が良いですね!