リンリンは死んでも…。ガソリン税の復活で上機嫌の民主党・鳩山幹事長は“客寄せパンダ”か!?

20080430173931.jpg20080430173838.jpg何か、上機嫌だった。
民主党幹事長・鳩山由紀夫である。
有楽町で愛想を振りまいていた(写真)。きょうは、上野のパンダ”リンリン”が死んだというのに、鳩山は、有楽町で”人寄せパンダ”状態だった。
道路特定財源の暫定税率(ガソリン税)を復活させる税制改正法案が30日午後4時50分、衆院本会議で与党の賛成多数によって再可決、成立した。
そんな時に、何で鳩山が有楽町にいるかと言ったら、議決に民主、社民両党が欠席したため。鳩山は、これから銀座のマリオンの前で抗議の演説を行う。今や民主党は追い風だ。このチャンスを生かさない手はないってとこだ!!
それにしても、この法案が可決したことで、あした(5月1日)からガソリンの卸売り価格が一気に値上げされる。レギュラーガソリンの価格は1?あたり160円を突破する見込みだとか。

杏里離婚、神田うの夫妻の相合傘…。もはや低迷の象徴!!  何とかならないのか芸能界!

暫くブログにアップしなかったら「何故だ!何故だ!」の問い合わせ。中には「圧力で閉鎖された」なんて噂まで。
単にネタがないだけ。しかし、ここ最近の芸能界は何も面白い話がない。世間は何に関心があるのだろうか? 
歌手の杏里が「ギタリスト、リー・リトナーと破局した」なんて自分のホームページで報告したことが記事になっていたが、ホームページのネタを記事に何になるのか?単にホームページの宣伝をしているだけ。
「ホームページに離婚を掲載するから、宣伝記事を書いてよ」
程度の話。こんなの単なるタイアップ記事だろ!! 本来なら、先に書かれて、無理にでも記者の前で説明して、ファンに対して言いたいならホームページで書くのが芸能界のあるべき姿なはずだが。だいたい、杏里なんて、誰も注目していない。それでも注目されたいなら、もっとスキャンダラスに離婚すべきなのだ。
もう冷め切った感じの偽装夫婦、神田うのが亭主の西村拓郎と相合傘で、ミュージカル「Voyage〜旅立ち〜」の初日(29日)にレッドカーペットを歩いたのは、まあ、話題的には面白いが、もはや、そういうことでしか話題にならなくなった神田うのの現実は淋しい限りだ。芸のないタレントの末路だろう。うのは「今日はラブラブですけど、あしたは分かりません」なんて言って、それは、自身のタレント生命も同じ。しかし、こんなことでしか話題を作れない「Voyage〜旅立ち〜」ってのも、レベルが分る。本来なら出演者は宣伝方法に怒らないといけない。
アホらしいのは小阪由佳というグラビア・アイドルの写真集「妄女」の発売記念握手会。Tバックに初挑戦に「恥ずかしかった」「”出来ません”と泣きたかった」。
何て初々しい恥じらいを見せていたけど、普段はもっと大胆なショットを撮っているのに、ちょっとぶりっ子過ぎないか? だいたい、今や中学生だってTバックをはいてDVDを出している。中井ゆかりなんて「Tバックをはきたい」と言っているほどだ。小阪は、中井の爪の垢でも煎じて飲めばいい!! 対抗するには、もはや「もう22歳なので」とか言うしかない! もっとも、最後には「キレイに撮れて嬉しかった」というんだから、恥じらいを見せる必要なんてない!
しかし、こんな調子の芸能界。何とかならないのか!?

一事不再理で来月9日に釈放!? ロス疑惑の三浦和義逮捕でトークバトル!!

image182.jpg20080424211356.jpgロス疑惑・三浦和義の逮捕を語る――オーマイニュース編集長の元木昌彦さん(元「週刊現代」編集長)から「三浦和義の逮捕についてトークバトルをやるから来てくれ」という案内のメールを貰ったので、阿佐ヶ谷のロフトプラスワンに行った。トークバトルには、今回の三浦逮捕でNHKニュースにまで出て一躍、超有名人になった高須基仁や、月刊誌「創」の篠田博之編集長らが出ていた。
三浦和義は、ロス疑惑銃撃事件で、米自治領サイパン島で逮捕された。日本の最高裁で「無罪」が確定していることから、ロス市警の逮捕状無効確認請求を申し立てていた。その初審理が、きょうの午前にロサンゼルス郡地裁で開かれ意見陳述が終わった。今回のトークバトルは、その初審理に合わせて企画された。
三浦弁護団は、書面で、日本で無罪判決後に同一事件で再び刑事責任を問うのは、合衆国憲法の“一事不再理”に反すると主張したようだ。
トークバトルで高須は
「三浦はやっていない!俺は犯人を知っている。でも、言えない。言ったら殺される」
なんて、言い出した。で、
「今回は、ロス市警による不当逮捕!」
と断言していた。
さらに、捜査のために
「何故、ジミー佐古田が来たかと言ったら、三浦に言われたら困ることがあるから」
などと言い放った。
さらに、何で、今回、逮捕に踏み切ったのか? その疑問を訴えた。その上で高須は
「日本で無実になった事件をなんで、アメリカで改めて裁かなければならないのか!? 日本で面白おかしく騒いでるのはフジテレビと日本テレビだけだよ」
と吠えまくった。
一方、月刊誌「創」の篠田編集長は、
「夕べは校了だったので徹夜で寝てないんだよ」
とボヤキながら、三浦の状況について、一事不再理で
「来月9日に釈放されるようだ」と吐露した。
「(三浦)良江さんに電話してね。ゴールデンウィーク明けに行こうかと思ったら、もう、その時は釈放されてるから、来ても無駄よって言われた。9日には出てるって」。
しかし、ホントに釈放されて帰国したら、三浦はあちこちから引っ張りだこになると同時に、今回の三浦報道で名誉毀損で訴えられるところで大騒ぎになるに違いない!?

“山チャン”のマル秘・六本木日記(20) 安田大サーカスのクロちゃんが彼女と…

深夜10時半頃、六本木交差点「のじま」前で安田大サーカスのクロちゃんが彼女と歩いていた。この時期に、ほっかむり式の帽子を被り、何か、頭の上だけマグロ漁船の漁師のようだった…。
余談だけど、クロちゃんて、キャバクラ好きで有名なんだけど、酒癖が悪いから“出禁”の店が多いんだよね。聞くところによると、酒を飲むと、あの「巨人の星」に出てくる“星一徹”の真似をして、テーブルをひっくり返すらしい。でも、いいトシだし周りに迷惑だから、もう、そういうことはやめて欲しいね!
あと、ホテルアイビスの“ナンパ・キング”ことブラックマヨネーズ、吉田敬の続報をお伝えする。4月20、21日と、六本木交差点「ALMOND」前で、一生懸命にナンパしていた所を目撃されている。しかし、どうやらナンパに失敗したらしい。21日は、もう無理だと諦めて、1人でガールズバーに入って行ったからね。六本木界隈でナンパするのは構わないけど、あの大きなマスクは何とかしてもらいたいものだ!

オヤジと韓国女性との会話!「僕の恋人になれば入国管理局は大丈夫!心配しなくていいから…」

20080423145212.jpg20080423145624.jpgそのオヤジは言った。
「僕の恋人になれば、全て大丈夫だから!! いや、心配はないから!大丈夫だから…」。
オヤジは、目で訴えながら女性の手をテーブルの上で握りしめた。
東京・赤坂見附の駅前にあるコージー・コーナーでの会話である。
女性は、韓国人。まだ慣れない、片言の日本語だった。話の内容から、どうやら赤坂のクラブに勤める女性らしい。歳は、24〜25歳って感じだった。しかし、オヤジは60歳はいっている感じだった。
「僕の恋人になれば、入国管理局は心配しなくて大丈夫だから。韓国から何日の何時何分の何便で羽田に到着するのか、成田空港に到着するのか知らせてくれれば、そこに必ず僕が迎えに行くから。イミグレーション(入国管理)は大丈夫。僕の恋人と言うことで何とでもなるから心配しないで。だから、僕とそういう関係になれば…」
オヤジは、胸のポケットから何やら手帳のようなものを取り出した。
「この手帳があれば大丈夫なんだよ。この手帳を見せれば、イミグレーションでは、警察手帳と同じぐらいの威力があるから。大丈夫。僕を信用して!」
韓国女性は、それでも不安そうな感じだった。
「心配しないで。本当に大丈夫だから。僕に任せておいて。僕の恋人だったら、本当に大丈夫だから」。
「店で働く時も心配しなくていいから。警察が入る時は、すぐ分るから、そしたら、すぐキョウコちゃん(韓国女性の名前らしい)に連絡するから。そうしたら、店を休めばいい。心配する必要は全くない」
「実は、色々な店からイミグレーションの情報を教えてくれって言われるんだよ。でも、余りやっちゃうと、危ないからね。ママからも頼まれるんだけど…。でも、キョウコちゃんは、僕が守るから大丈夫。○○(店名)で、キョウコちゃんが僕の隣に座ったとき、僕は、あー、何て可愛い子なんだって思ったんだよ。その後だったよね。確か四谷から電話したんだけど、連絡がとれなくて。諦めていたら、今度はキョウコちゃんから電話がかかってきた。正直、嬉しかった…」
とにかく、韓国女性のキョウコちゃんは、頷いているだけで、ほとんど話さない。オヤジが一生懸命に口説くばかりの声だった。
「君が、○○のチーママになったら、店も大丈夫だから。僕の恋人になってくれれば、本当に心配しなくていいから」
韓国女性が、何やら、他の男性客の話をし始めた。すると、オヤジがやや感情的に
「ダメダメ。ロマンス・グレーの男はダメだから。信用しちゃダメ。ロマンス・グレーの男は本当に危ないからね。ダメダメ!」。
「とにかく、僕だったら大丈夫だから。信用して! だから、何日の何時何分の何便に乗って、羽田に到着するのか、成田に到着するのか連絡してもらえば,すぐに迎えにいくから、大丈夫。大丈夫だから、僕を信用して」。
それにしても、こんな話をコージーコーナーなんかでするなよ! それにしても、どーしょうもないオヤジである。

山口・光市母子殺害。死刑の是非より日本古来の「仇討ち」の復活を!死刑執行は遺族の手で!!

山口県光市の母子殺害事件で、最高裁による差し戻しを受けて広島高裁は、犯行に及んだ当時18歳だった被告に死刑を宣告した。最高裁が「死刑相当」とした、差し戻し控訴審判決だっただけに、死刑宣告は十分に予想できたことだ。
それにしても被害者遺族の本村洋さんの精神力というのはたいしたものだと思った。例えば、記者会見での本村さん。取材陣の質問に対して自分の考えを的確に答えるというのは、なかなか出来ないことだが、本村さんの答弁は実に見事だった。しかも、表情を何一つ変えずに、淡々と胸のうちを語る。しかし、その応えは冷静で、感情に流されていない。被害者弁護団の安田弁護士とは大違いだった。人権擁護の弁護士なんかより、本村さんのは術の方が説得力があり、よっぽど重みがあった。この際だから被害者弁護士は、本村さんに授業料を払って話し方の勉強した方がいい。
ところで、今回の死刑宣告で、死刑の是非がクローズ・アップしたが、現実として国民の7割以上が死刑制度を支持している以上は、その流れは変わらないだろう。今回の判決にしても、おそらく国民の7〜8割は「妥当は判断」と思うはずだ。来年からの「裁判員制度」とは関係のないことだ。しかし、やはり、現実に厳罰が「無期懲役」と「死刑」の間に何もないのは問題だろう。やはり、米国のように、懲役50年、100年とか、刑期の見直しも必要だし、「死刑」とは別に、やはり、これまで何度も言い続けてきたが、日本古来の「仇討ち」を復活すべきだろう。例えば今回のケースでも、本村さんが望むなら「仇討ち」を容認すべきだ。仇討ちだから、被告を煮ようが焼こうが本村さんに任せる。被告が命乞いをして、万が一、本村さんが、仇討ちの途中で「許す!」と言ったら、それで刑は執行したことになる。とにかく、被害者に対して仇討ちをする権利を与えることをもはや検討すべきだろう。
いつだったか、鳩の遺伝子を持つコンパスMANが、死刑の執行で「ボタンを第三者の刑務官が押すのはおかしい」ととっていたが、これも、その通りである。死刑執行には被害者の遺族、あるいは親族も同席させ、ボタンは遺族、あるいは親族など血縁者に押させるべきだろう。もし遺族や親族が「押せない」と訴えるなら、死刑執行は中断、あるいは中止である。
来年からの「裁判員制度」は、絶好の機会。この際に刑罰についても再検討すべきだろう!

エリカ様に1億5000万円注ぎ込んだ高城剛。折口雅博は3億円も…!? そのエリカ様のバックには…(下)

沢尻エリカこと”エリカ様”の22歳離れた恋人、高城剛がX JAPAN復活ライブで1億5000万円も荒稼ぎしていたことは、前回、この【ヘッドロック】で明かした。そのエリカ様、高城と一旦は帰国したものの、再び高城と手と手をとりあってロンドンへと飛び立って行ってしまった。高城も、X JAPANのライブが終わって、次のHIDEの追悼ライブの打ち合わせがあったに違いないが、その裏で、高城の荒稼ぎした1億5000万円の使い道が分かった。…やっぱり、その金はエリカ様に流れていたのだ。ある関係者の話。
「エリカ様は、高城をじらすのが上手いらしいんだ。なかなかエッチさせてくれない。ロンドンでは、数回だったらしい。1ヶ月に1〜2回しかエッチしてくれないってボヤいていた。エリカ様に求めると『あなたは、私の体が目的なの?』なんて言うらしい。そう言われると困っちゃうだろう。もう、エリカ様に1億5000万円注ぎ込んだっていう話だけど、その金は、全部、エリカ様の母親に流れているっていうけどね。エリカママにとって、エリカ様は、どうやら集金マシンらしい」。
エリカ様の被害者は、高城だけじゃなかった。その前の被害者は、ナント、あの折口雅博である。折口雅博といえば、グッドウィルグループの元代表取締役会長兼CEOである。大手訪問介護「コムスン」を使って「血税」をネコババした挙句、その金で女子高生を多数、介護していた男だ。南明奈や矢吹春奈、森下悠里といったジャリタレは、その血税の恩恵を受けていた。しかも、そこにはエリカ様もいたのだ。
「折口雅博は、沢尻エリカに3億円を注ぎ込んだっていうからね。しかも、3億円注ぎ込んで、エッチがどの程度で来たのかは疑問だけど。おそらく、2〜3回程度だったんじゃないの? まあ、今になってみたら、3億円はドブに捨てたようなものかもしれないな。これも、結局は沢尻の母親に吸い上げられたんじゃないの?」
まあ、さすがの折口雅博も懲りたに違いないが、高城は、未だにエリカ様に翻弄されているってことなのか!?  しかし、一番のボスは、エリカ様を自由自在に操る”エリカママ”なのかもしれないが…。

HOUND DOG裁判。名誉毀損で訴えられていたメンバー3人が前所属事務所と和解で合意!!

ロック・グループ、HOUND DOGの前所属事務所「マザー・エンタープライズ」(佐藤庄平社長)が、メンバーであるボーカルでリーダーの大友康平の裏営業と、そのソロ独立によるコンサート・ツアーの中止等で莫大な損害を被ったと大友以下、メンバー3人(八島順一、橋本章司、西山毅)、及び大友の所属事務所「イエホック」(楠山寸賀子社長)を相手に約3200万円の損害賠償を求めた裁判が21日、東京地裁611法廷で行われた。
同裁判では「和解案」が提示された。その中で、八島、橋本、西山のメンバー3人の「名誉毀損」についての和解が審議された。
名誉毀損とは、05年秋に発売されたHOUND DOG25周年メモリアル・アルバムBOX「19802005 HOUND DOG BLUE BOX」(CD4枚、DVD3枚の7枚組BOX)についてのものだった。大友、そしてメンバー3人は、同BOXについて、ファンクラブの会報やホームページ等で、発売の不当性を訴えた。その内容は「DVDの作成(編集)に関与していなかった」とし、「メンバーが作成(編集)に関与しないにも拘らずDVDが発売されたことは不法行為」というものだった。しかし、大友とメンバー3人の、この言動に対して、マザー側は「会報やホームページで発言した行為は名誉毀損にあたる」と、提訴していた。
だが、裁判が進むにつれ、この発言に関して、「誤解があった」とメンバー3人はマザー側に謝罪していた。今回の裁判では、メンバー3人が和解に向けて審議された。基本的にメンバー3人と大友側は争われていないため、和解案は分離されて法廷から離れ審議された。関係者によると、今週中にもメンバー3人についてはマザー側との間で正式に和解が成立する見込みだという。
一方、大友側は、5月23日を和解期日として審議され、和解が成立しなければ、そのまま結審となる可能性が出てきた。

“山チャン”のマル秘・六本木日記(19) キャバ物色する袴田吉彦をキャッチ !!

袴田吉彦が深夜の六本木でキャバクラを物色していた。しかも、納得出来るキャバクラが見つからないのか、客引きに声をかけまくっていた。
まず最初、ホテルアイビス下の「globe」で飲んでいたらしいのだが、どうやら女の子にアフターを断られたらしい。確かに「globe」なんかでアフターを断られるのはハジもハジである。そこで収まりが付かなくなってしまった袴田吉彦はキャバクラを物色し始めたというわけである。
袴田吉彦を引いた客引きの話によると
「テッパン(交渉も店の名前も聞かずキャバクラ1時間6000円という話だけで即決する客)だったよ」
とのことである。
しかも、口直しに行った店が“ナースキャバ”とは2度ビックリ!驚きである。まあ、店ではシャンパン空けてきっちり“豪遊”したみたいだね。しかし、ちょっと前まではこういう事をする芸能人は川崎麻世だけだったのにこれも「景気足踏み」の影響なんですかね!?

キティちゃんの“ゴールインポーズ”だ!! グリコとサンリオの“ハローキティ”がコラボして新グッズ!

20080419170137.jpg20080419170051.jpg20080419171207.jpg20080419165953.jpg「ぐりこ・や」なんて聞き慣れない店が、渋谷のPARCO前でイベントをやっていた(写真)。実は、この「ぐりこ・や」と言うのは「江崎グリコ」のグッズを扱う店なのだ。ポッキーやプリッツ、さらには昔懐かしい復刻菓子など、グリコ・ブランドを使ったオリジナル・グッズを開発、販売している。
で、今回、この江崎グリコの「ぐりこ・や」が、サンリオの人気キャラクターの“ハローキティ”と結託して、というかコラボレーションして新たなグッズを誕生させた。
キティちゃんが、グリコのトレード・マークである――“ひとつぶ300メートル”のキャッチ・コピーでも知られる、両手を上げた“ゴールインポーズ”に変身しているのだ。
そのコラボレーション商品は、Tシャツやタオル、携帯ストラップ、あぶらとり紙、文房具などとなって発売される。とにかく、
「まあ、この程度は序の口ですよ。これから先、もっと種類豊富なアイテムが揃う」
なんて「ぐりこ・や」の総責任者である(写真の男)山崎雅夫さんは自画自賛していた。聞くところによると、山崎さんがサンリオに掛け合って、コラボ商品を実現したらしい。オタクっぽい雰囲気だけに内面にパワーがあるのかもしれない…。 コラボ商品は今月25日から発売だそうだが、今回は、PARCOに特設された「ぐりこ・や」で先行発売となったというわけ。グリコはPARCOと組んで、渋谷のPARCOを皮切りに東京・吉祥寺、札幌、名古屋、大阪・心斎橋、広島など、全国14店舗のPARCOでゴールデンウィーク・イベントを繰り広げるという。
因みに、「ぐりこ・や」は、全国各地17店舗あるらしく、東京近郊はお台場や千葉・木更津の海ホタル、東名高速の海老名サービスエリア、あと談合坂のサービスエリアなんかにあるらしい。
しかし、このコラボ商品はマライア・キャリーなんかにプレゼントしたら喜ぶに違いない!?