折口雅博に読ませろ!!  名物編集長・元木昌彦さんの新刊書「孤独死ゼロの町づくり」

20080326125411.jpgかつて「FRIDAY」や「週刊現代」の名物編集長として知られ、現在は「オーマイニュース」の代表取締役社長を務める元木昌彦さんが、新しい本を出した。元木さんは、これまでに「編集者の学校」や「日本のルールは編集の現場に詰まっていた」「週刊誌編集長」といった本を出してきたから、今回も、そういった本かと思ったら、何と、「孤独死ゼロの町づくり」なんていう、実に難しそうな本である。これまでとは全く異なったスタイルの本だった。
知らなかったが、元木さんの父親は、パーキンソン病を患っていたそうで、長い間、介護をしていたというのだ。元木さん自身の体験に基づき、高齢化社会の中での介護システムについて疑問点や提言を、改めて取材してまとめたものだが、まずは、グッドウィルグループのトップから追い出された折口雅博や、その社員に読ませるべき本だろう。もっとも、サメの脳みそしかない女子高生タレントしか介護したことがない折口には分からないだろうが…。

“山チャン”のマル秘・六本木日記(11) 六本木をうつむいて歩いていた大友康平

HOUND DOGの大友康平を発見した。深夜の六本木を1人でうつむきながら、寂しそうに歩いてました。輝きがないですね。しかも、調べるとタイムリーなネタが出てきます…。
ただ、目撃した黒服情報では
「人相も変わってしまった。ロッカーと言う雰囲気ではなかったね。どこか病んでるように見えた。まあ、華原朋美みたいに裸足では歩いてはなかったけど…」
実際、彼には放浪癖がありますよね。バックを切ったり前事務所とのいざこざはまだ良いとして、ナベさんに『男子便所・盗聴器疑惑』を仕掛けた?大友康平は亀田パパは許しても山チャンは絶対許しません。
今後大友の情報を総力を上げて入手していきます。