当初は故・美空ひばりさんが行う予定だった…20 年の時空を超えて松山千春が実現 !!(下)

image190.jpg松山千春が9日夜、福岡・朝倉市のホテルセンチュリーヒルズで10万円ディナー・ショーを行った。
このディナー・ショーは当初、ホテルのオープンを記念して故・美空ひばりさんが予定していた。しかし、ひばりさんが亡くなったことから実現できなかった。今回、開業20周年を迎え、記念事業として再び企画が浮上。20年の時空を超え、松山千春のディナー・ショーとして実現した。ホテル関係者は「本場のパリの豪華料理と千春のコンサートで本物のディナー・ショーを味わってもらいたい」と意欲を見せていた。
「本来、美空さんがやるべきディナー・ショーだったが、20年経って自分が実現できたのは光栄なこと。今日は、美空さんの分も含め一生懸命に歌わせてもらった」
と千春。ショーでは美空さんの最後のヒット曲「川の流れのように」を初めてフルコーラスで熱唱した。
因みに、日本人アーティストによるディナー・ショーの最高額は、美空さんの行った5万5000円のディナー・ショーだった。だが今回、この最高額を今回はあっさりと抜いてしまった。
ディナーは5時半から7時半。その後、1時間半にわたって千春のショーが行われた。
オープニング曲「季節の中で」で幕を開け、「旅人」「恋」を始め、弾き語りで新曲「我家」、「長い夜」「大空と大地の中で」などアンコールも含め10曲を力いっぱい歌った。
途中には、「シバの女王」や「アベマリア」なども披露した。
今回のディナー・ショーの模様は、3月25日にTBS系特番「ぴったんこカン★カン」の中で「松山千春・豪華ディナー・ショー」(19時〜)として放送される。