折口雅博王国崩壊へ! グッドウィルの全事業所に業務停止命令!! 

平成のペテン師・折口雅博率いる「グッドウィル・グループ」の壊滅が時間の問題となってきた。厚生労働省は、日雇い派遣会社「グットウィル」の全事業所に対して、きょう午後にも業務停止命令を出す。その処分は、全国737事業所の中で、労働者派遣法に違反した業務を行っていた89事業所に関しては4ヶ月間、その他の事業所は2ヶ月間の業務停止となる。ただ、厚生労働省も甘いところがあって、業務停止までに1週間の猶予を与えている。また、グッドウィルから派遣された日雇い労働者を二重派遣するなど、違法派遣行為をしていた「東和リース」についても処分されるようだ。
いずれにしても、厚生労働省は、グッドウィル・グループの子会社だった訪問介護事業会社「コムソン」からの不正請求で5億円近い税金を巻き上げられていた。つまり、グッドウィル・グループは組織的な犯罪集団だったわけだが、「コムソン」の不正請求対しては、告発もしていない。国税も動かない。しかも、この組織的な極悪集団の総帥・折口雅博は経団連の理事にまでになっていた。まあ、ホリエモンまで経団連に入れちゃうんだから、もはや経団連なんて内部的に崩壊している。
いずれにしても折口雅博については、政界にも人脈があるばかりか、警察庁や警視庁のトップとも蜜月関係にあるそうだから、なかなか逮捕されない。日本は「法治国家」といわれ犯罪には厳しいらしいが、今や「放置国家」である。
だが、やはり、金の切れ目は縁の切れ目なのだろう、折口も金がなくなり、政治家や官僚、警察トップも、折口と付き合うメリットがなくなったら、トカゲのシッポ切りなのか、次は逮捕である。
いずれにしても、今回のグッドウィルの全事業所の業務停止(閉鎖)で、株価は更に暴落することは確実。例え、事業を再開しても、しばらくは再生の見込みもない。このままでは六本木のミッドタウンも契約を破棄して本社を移転するしかない。