プロなら自分の健康管理もすべきだった浜崎あゆみ。所属事務所の管理責任にも問題が…㊥

未成年のタレントが喫煙したり、無断外泊をしたり、出来ちゃった結婚をすると、事務所の管理責任を問われるケースがあった。では、今回の浜崎あゆみに関してはどうか。これも、管理責任ではないのか? いくら所属タレントでも、プライベートまで管理仕切れない。これは分かる。しかし、タレントの健康管理は、基本的に事務所の責任だろう。特に、浜崎のように、売上げが高く、まして株価にも影響するようなタレントの場合、健康管理は絶対であるはずだ。
にも拘らず、何で気づいてなかったのか、もしかしたら、気づいていたのかもしれない。気づいてはいたが、本人に確認してなかったのか? 言えなかったのか? 健康のことさえ言える関係になかったとは思いたくないが…。いずれにしても、浜崎によると
「病院の先生から、治す術はない。手遅れだって言われた時は、頭の中が真っ白になった」
と言っているから、そうなのだろう。
しかし、冷静に考えてみると浜崎も浜崎だ。浜崎は「プロとして…」と言っているが、プロだと思っていたら、何で、耳の聴こえなくなっていることを隠し通していたのか?プロだったら、まず自らの健康を管理できずに、何がプロだ! セルフ・プロデュースだといえるか!?  毎日、荒れた生活をしていた証拠である。今年、デビュー10周年を迎えるが、プロになり切れなかったということだろう。
しかし、相談されたママ――ピーチ・ジョンのミニスカ社長、野口美佳も最低の女だ。浜崎に告げられてから、ずっと放ったらかしにしていたことになる。常識的な人間は「大変だ!」と思って、何らかの行動をとるものだ。まあ、所詮はホリエモンに吉川ひなのを斡旋紹介するような無責任な実業家である。
とは言っても、果たして、浜崎は、スタッフに何も言わず、告げずに、病院に行ったのか? 診察を受けたのか? その点が、イマイチ分からない。浜崎は「愛する家族達やスタッフにも伝えずに、私の胸にだけ秘めていた」らしいが、病院で「治す術がない」ことを医師から知らされところは「愛するスタッフに囲まれた、静まり返った病室の中」だったからだ。
「(愛する)スタッフ達のいるところで告げられたってこと?」。
一気に、浜崎の文章が理解できなくなってしまった。
しかし、耳が悪いのは、近くにいる人ならだいたい分かるもの。喋っていても「あ、この人、耳が聞こえないみたいだな」って、思う人はいる。それが、毎日、近くにいても分からないなんていうこと自体、理解できない。っていうことは、この浜崎の衝撃発言は、まず、自分のスタッフに対して、イヤミを込めて言ったとしか思えない。しかも、情報では9年ぐらい前から、その兆候があったというではないか。浜崎本人も周囲も、9年間も放っていたなんて、常識的に考えられない。
(つづく)

浜崎あゆみの衝撃発言での疑問!? 浜崎の“健康管理”は一体どうなっていたのか?㊤

「左耳の聴力を失った」という浜崎あゆみの衝撃告白が波紋を呼んでいる。
浜崎の所属するエイベックス・エンタテインメントには、ファンから激励の声が殺到しているという。
浜崎曰く
「実は去年、耳の検査をしてもらったのだけど、左耳はもう完全に機能しておらず、治療の術はないと診断された」
曰く
「それでもやっぱり、私はボーカリストであり続けたい。だから残されたこの右耳がいけるところまで、限界まで、歌い続ける」
曰く
「プロとして、必ず最高の歌をみなさんに届けてみせる」。
何とも、勇気ある発言かと、ファンに涙と感動を与えたに違いない。
しかし、ちょっと待て! 一体、この浜崎の発言は何なんだ! 正直言って僕には納得出来ない。この浜崎の発言を、浜崎の周りは、平然と聞いていたとしたらアホとしかいいようがない。いかに、浜崎とスタッフの関係が冷え切っていたのか、浜崎が暴露してしまったようなものである。
浜崎は言う。
「だから、、、書くね。
愛する家族たちやスタッフ達にも伝えずに、私の胸にだけ秘めていたことを。。。」
「いや、、、厳密に言うと違うな。
ママ(ミカジョンの事ね)だけには言った。
左耳が聞こえなくなっていう事」。
「病院に行こうと思ったのは、自分の耳に確実に異変がおきているのを感じたから」
これを見て、浜崎の周囲、スタッフは、どう思ったのか? 浜崎が動くときには10人近くが周囲を取り囲み、大名行列のように動いている。この人たちって、一体、浜崎の何だったのか? ただ、ついて回るだけのスタッフばかりだったのか?
浜崎といえば、エイベックスにとってはドル箱である。オリコンの調べでも07年は70億円を稼いでいる。その浜崎の健康管理まで出来ていなかったことになる。このスタッフというのは、何を浜崎の何を管理していたのか?
普通、常識に言って、耳が悪かったら、周囲でも感じるものである。コンサートをやっているわけだから、舞台監督や、音響担当者…。少なくても浜崎の異変を感じて当然だ。それとも、浜崎の健康管理には興味がなかったのか? 常識的に、浜崎で食っているわけだから気になるものなんだが…。理解できない以上に不思議なスタッフである。
しかも、異変を周囲のスタッフが、浜崎本人から全く知らされなかった不思議である。浜崎が知らせたのが、ピーチ・ジョンのミニスカ社長、野口美佳ってのは、スタッフにとって情けないことである。まるで、野口がマネジメントをやっていたのか? と思っちゃう。
(つづく)